人工端末遺伝子実験


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

生電社のシボが自己流でネット端末遺伝子を作った実験設備は超巨大だったが、なぜだろうか?さきほども記したが、もし適当なアプリも持っていないと、電子界では個性はデータ化して存在できないように思う。適当なアプリそのものは、当然ネットスフィアのOSに合致しているので、それがあれば、すごくプログラムとして小さくできる。チップレベルか、それ以下だと思う。が、もし適当なアプリの種類も、それどころかプログラムをロードする環境としてのハードウェアの種類すらも不明な状況だと、どうなるか?これは、なんだか分からないゲームのセーブデータだけがあって、何のゲームか、いやハードの種類する分からない、といった状況に例得られろと思う。しかも、ゲームはリアルタイムで進行するだけはわかっているのだ。なにしろどんな事をしても、このセーブデータをロードしなければならないとしたらどうするかというと、既存のゲーム機種を全部揃えて、さらにそれらについてのあらゆるゲームソフトも揃え、それらを全部いつでもどれにでも切り替えられる状況を作って、とにかくロードする以外ないわけだ。あの時のシボは、そんな状況の設備を作らなければならなかったので、あおのような巨大な設備になってしまったのだろう。ついでに言うと、ネットスフィアのハードが超構造体に備えられていたので、あの場所に設置したのだと考えられる。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|