用語(BLAME!)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

用語(BLAME!)





ネット端末遺伝子

霧亥の探している物。かなり昔に「感染」されて変異している。それが見つかればネットスフィアと接続できる。

シャキサク


珪素生物

自ら、サイボーグ化を推し進め、強化した体を追求した犯罪集団が、ついに種族化した。世界のカオスを維持するために、ネット端末遺伝子の汚染を広げる勢力。「珪素生物」と名乗っている。男女別があり、胎児から育つ。

建設者

建物を作り変える存在。一種の機械で個性はない。その動きが活発な場所は「成長区域」と呼ばれる。都市を無作為に拡大させている。その主要構造体にネットスフィアが内臓されている。世界を混乱に導く主な存在と、「統治局」は言っている。

統治局


セーフガード


駆除系


重力子放射線射出装置 / 第一種臨界不測兵器

霧亥の持つ銃。直撃すれば耐えられるもののない無敵の武器。個体の弾丸ではなく、エネルギーか場のような物が射出されている。威力の調整ができ、また、連射もできる。長い事、霧亥が持つ物が唯一と思われていたが、上位セーフガードの一部もこれを使用する事が後に明らかになった。
重力子はビームにしても、あまり力がない。では、重力子放射線射出装置の巨大な力は何から来るのか?重力炉と同じで、「ダークマター」を媒介しているのかもしれない。あれは、一種の場の放射で、形成された場に一気に多量のダークマターの干渉が起き、その巨大な質量の爆発的な増加で、物はなんでも破壊される。いわば、場の属性を変える「放射装置」なのか?

ネットスフィア


塊都

廃棄階層と呼ばれる場所にある。
かなりの人数の人間が住んでいる。

生電社

シボはここの主任科学者として働いていた。端末遺伝子の偽造に失敗し、懲罰を受けていた時に霧亥と出会ったようだ。
塊都の中心的な企業だが、多くの労働者は奴隷のように扱われている。
かなり高い技術を保持しており、特殊な生物を創りだしたり、ネット端末遺伝子を偽造しようした。

超構造体(メガストラクチャー)

『BLAME!』世界のネットワークを保持する基幹になっているのがメガストラクチャーだ。

東亜重工


転送

メンサーブが行った究極の防衛手段だが、相当に難しい問題を孕んでいる。まず、受け入れ側がどうなっているのかわからない。もしかしたら、それを考えに入れずに「転送」している可能性すらあるが、いくらなんでもそれは物凄く危険すぎる。実際どこに出現するかわからないので危険極まりない。もしも、物質の中に物質が転送されれば「核融合」だ。東亜重工編の最後は、まさにこれが起こってしまったわけである。

重力炉


集積蔵


非公式階層


シーラカンス

本来は女性型の臨時セーフガードとなるはずだった。しかし、生成中にダフィネル等の珪素生物の妨害によって失敗、今の姿となる
なぜシーラカンスなのかは不明(?)

造換塔


侵入対攻電子空間


緊急保存パック


コメント

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|