BIOMEGA


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


バイオメガ ストーリー

第1巻 (2004-11-05 #1-#5週刊ヤングマガジン2004年第29号-第33号,#6-#10第36号-第41号,ウルトラジャンプ2006年5月号)

西暦3005年、7世紀ぶりに火星への有人飛行を成し遂げた人類。すでに廃墟と化し、水も酸素もないかつての入植地で、探査船乗組員は1人の女と出会う。その後、帰還中に探査船は地球周回軌道上で大破。発見された乗組員の遺体は未知のウイルス【N5Sウイルス】に冒されたまま、軌道上を漂い地上に胞子を撒き散らしていた…。半年後、地球。東亜重工のエージェント、合成人間庚 造一は、DRFの管理下にある人工島【9JO】に潜入。そこはすでにN5Sウイルス感染者(ドローン)で満たされていた…!! ウイルスの地表全域拡散まで残り約15時間。造一はN5Sウイルス適応者を探し出し、保護することはできるのか!? 弐瓶勉が描いた伝説的SF作品「バイオメガ」が描き下ろしカバーで、強力復活!! 巻末には東亜重工エージェント“丁 伍宇"の任務を描いた外伝的読切「バイオメガ―interlink―」を収録!!

#1

595 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい 投稿日:05/02/03 04:24:17 ID:s62rX7DP0

#1火星の話が多い
p17
1996年、NASAは南極で採取された火星起源の隕石から、バクテリアの痕跡を発見。火星に生命がいた事を示唆した。し
かし、それが本当に生命由来か、無機的にできたか意見が分かれている。最近、隕石の痕跡そっくりの磁鉄鉱結晶を作れ
る事が明らかになって、生物痕跡説は劣勢だ。決着は火星探査でつけるしかないだろう。
p19
2004年は日米欧が相次いで探査機を送り込み、マーズラッシュと言われるほどだった。しかし、「プロジェクトX」なみに
何重にも重なったトラブルで日本の探査機「のぞみ」は火星軌道投入を断念。また、昨年末に火星上空まで到達した欧州
宇宙機関(ESA)の着陸探査機「ビーグル2」も、火星大気圏突入後に行方不明になった。
p24
H・G・ウェルズの「宇宙戦争」は、皆さんご存じ、火星からの侵略を描いた、SFの古典中の古典だ。1938年のハロウィーン
前日にオーソン・ウェルズによってラジオ・ドラマ化され、ホンモノのパニックを引き起こしたのはあまりにも有名。しか
し、実際に原作を読むと、思索的で奥が深い。思弁小説としてのSFの傑作だ。
p29
2004年1月、NASAの火星探査車スピリットが火星に着陸。初めて撮影した領域は「ワサビ地区」、中央幅数十センチの
岩は「サシミ」、右の岩は「スシ」と命名された。スピリットはバグで何度か活動停止したが、必死の努力で復帰・改良され、
ミッションは5ヶ月延長。現在、3キロ離れたコロンビア・ヒルに向け移動中。
p33
地に花、人に愛、火星に水。NASAの火星探査車オポチュニティとスピリットは、火星に水の存在を確認した。現代化学は、水
あるところに生命ありと説いている。火星には、独自の進化を遂げた生命体が必ずいるだろう。人類が火星に到着した時、
それは病原体となるのだろうか。それとも、新しい医薬や技術に応用されるだろうか。
p36
生命はどこにいるか。ここ十年でわかってきたのは、地球の生命のうち、地面と海底より上に存在するのは、全体の半
分でしかないということだ。残りの半分は、地下10キロ程度までの地底で密かに生きている。彼らは日光も酸素も必要
とせず、少しの地熱をエネルギーに、水と地球そのものを餌として、ずっと進化を続けてきたのだ。

596 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい 投稿日:05/02/03 04:25:26 ID:s62rX7DP0

p37
火星テーマの映画は多い。「宇宙戦争」(1953)は、宇宙機のデザインも美しく今も古びない。「トータル・リコール」
(1990)はP・K・ディック原作のシュワちゃん主演作。「マーズ・アタック!」(1997)はティム・バートンの傑作コメディだ。
p38
火星テーマのSF小説も数多いが、無視できない傑作の一つが、キム・スタンリー・ロビンスンの「レッド・マーズ」(倉元SF
文庫)だろう。選抜された100人の科学者チームによる火星の地球化(テラフォーミング)の物語で、上巻は好みの分かれ
るメロドラマに終始するが、下巻の圧倒的な描写はSFの極致といえる見事さだ。
p39
今年の火星探査を控えて、火星ものの映画が複数作られている。ブライアン・デ・パルマの「ミッション・トゥー・マーズ」
(2000)は茶碗を投げたくなるが、バル・キルマー主演の「レッド・プラネット」(2000)はまあまあ。スペインの「ストラン
テッド」(2002)は、地味な話だがハリウッド調とは一線を画する。
p40
「バイオメガ」の主人公が駆るバイクは、女性人格の知性を持つ。同様のコンセプトの乗り物が登場する作品に、'80年代
のアメリカTV番組「ナイトライダー」があった。これに登場するスーパーカー、ナイト2000には、KITTという名の人工
知能が搭載されている。KITTは自らの意思で行動し、つまらん冗談までトばすのだ。
p41
グレッグ・ベアの「火星転移」(ハヤカワSF文庫)は、人類が火星に殖民して100年以上が過ぎた時代の物語。地球、月、
小惑星の経済圏トリプルと、辺境の火星との間の確執を、超絶テクノロジーを交えて描き出す。マニアックな読者にも
充分読み応えがあるが、そうでない人にも読みやすい。SFの面白さを満喫できる作品だ。
p43
古典的なゾンビは、地中の死体が蘇る、黙示録的でのろまな存在だった。しかし、ゲーム「バイオハザード」以降、ゾ
ンビは人工ウイルス感染症に変貌。「ドーン・オブ・ザ・デッド」「28日後」のモダン・ゾンビは、現代の慌ただしさを反映し
てか、死、即、ゾンビ化して、襲ってくる時も走る走る、跳ぶ跳ぶ。怖いよ~。

#2無し

#2


#3

597 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい 投稿日:05/02/03 04:26:40 ID:s62rX7DP0

#3クマのせいか知性化の話が。
p71
喋る熊は、何者かによって「知性化」されたのだろうか。それは本当に可能なのか。現代科学は、その可能性を示唆して
いる。プリンストン大学の銭卓らのドギー・マウスとノースウェスタン大学のA・ルーテンバーグらのメンサ・マウス
がそれだ。遺伝子操作された両系統のマウスは、記憶力が通常より1.5倍も増強されたのだ。
p75
ヒト、チンパンジー、ボノボ、ゴリラ、オランウータンはホミノイドというグループに属する。このうちヒトの特徴は
何か。大きな脳? それもあるが、際だつのは肥満できることだ。ヒト以外のホミノイドは、体脂肪率が数%で太れない。
一方、脳の主成分も脂肪で、乾燥重量の60%もある。ヒトの大きな脳は、脂肪蓄積でもたらされたのだ。
p76
天才マウスは、脳内のNMDA(N-メチル-D-アスパラギン酸)という物質の受容体の数が増える遺伝子改造が施された。こ
の受容体はグルタミン酸と結びつくと、アラキドン酸という脂肪酸を出し、それが記憶強化に関係する。つまり、知性の
強化とある種の脂肪酸=脂肪の分解物は密接なのだ。この方法で、クマも知性化できるかも。
p77
知性を持つ動物が登場するSFといえば、デビッド・ブリンの「知性化シリーズ」(ハヤカワ文庫)は外せない。5大銀河系は、
列強種族達に支配されていた。そこでは、全ての種族は上位の「主族」に「知性化」された過去を持ち、原始的な動物を
知性化した「類族」を従える。新時代スペース・オペラの傑作シリーズだ。
p78
知性化シリーズには「サン・ダイバー」「スタータイド・ライジング」「知性化戦争」と「知性化の嵐」シリーズの「変革への
序章」「戦乱の大地」「星海の楽園」がある。いずれも単独でも面白いが、全体を通すとさらに奥深い謎が明らかになり感動
を覚える。SFだけに許された、センス・オブ・ワンダーを味わいたいならこれだ。

#4

598 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい 投稿日:05/02/03 04:28:17 ID:s62rX7DP0

#4金本のせいかロボットの話。
p88
戦闘ロボットは、どの程度リアルなのか。米国では、戦争で自国兵士が死なないように、兵器のロボット化を進めている。
無人偵察機プレデターは、アフガニスタンやイラクで頻繁に使われ、米議会は2015年までに航空機と陸上車両の3分の1以
上の無人化を求めている。2025年には、知能を持つロボット戦車も予定されている。
p94
恐るべき戦闘力を持ったロボットというと、「ターミネーター」がまず思い浮かぶ。'84年の第一作は、低予算ながらアーノ
ルド・シュワルツネッガーとジェームス・キャメロンを一躍有名にし、'91年の「2」ではCGによるナノテク・アンドロイド
が話題を呼んだ。'03年の「3」では、パラドクスの環が生じ、三部作を見事に完結させている。

#5

#5クマと遺伝子の話。
p102
クマが出てくるSFといえば、やはりポール・アンダースン&ゴードン・R・ディクスンのホーカ・シリーズは忘れられない。
ホーカとは惑星トーカの原住民で、テディ・ベアを大きくしたような、愛嬌のある外見をした生物だ。「地球人のお荷
物」「くたばれスネイクス!」「がんばれチャーリー」(ハヤカワSF文庫)がある。
p103
ホーカたちは異文化が大好きで、夢中になると、一族郎党がこぞってその真似をする。不時着した地球人の書物を読んだ
彼らは、西部劇からシャーロック・ホームズ、宇宙パトロールまでそっくりコピー。愛らしい彼らがそれを演じて繰り広
げるドタバタは抱腹絶倒だ。でも、それが、ちょっぴりほろ苦い文明批評になっている。

599 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい 投稿日:05/02/03 04:29:45 ID:s62rX7DP0

p105
オワンクラゲのGEP(緑色蛍光を発するタンパク)遺伝子は、遺伝子研究用に様々な動物に組み込まれている。この種の
遺伝子組換え生物(Living Modified Organism:LMO)は、山野に放つと野生種と交雑しかねないので、厳重な管理が必要だ。
しかし、台湾やアメリカで、光る鑑賞魚として市販する企業も登場し問題になっている。
p108
SFでは、遺伝子をいじることで、ほとんど何でもできるように描かれる事が多い。たとえば、天才的な頭脳やスポーツ能力
も、遺伝子操作で可能というイメージだ。しかし、現実はそう簡単ではない。むしろ、何ができて何ができないかは、現
時点では不明というのが正直なところだ。ある改良が、別のマイナスの副作用をもたらす可能性も大きい。
p109
遺伝子操作で脳の神経伝達物質のレセプターの数を増やし、記憶力を1,5倍にしたマウスが作られている。しかし、この
マウスは通常よりも、痛みを感じやすい。仮にこれを人間に適用できたとすると、記憶力がアップする反面、痛みを感じ
やすく苦痛を忘れにくいので、いじけた性格に育つかもしれない。現実は単純ではないのだ。
p111
コカイン中毒者は、快感が忘れられず克服が難しい。麻薬抗体なら快感を消せるが、薬で与えても脳に入らず効果が薄かっ
た。しかし、マウス実験で、麻薬抗体遺伝子を組みこんだ無害なウイルスを脳に感染させると、コカインの快感が消せる
ことが明かに。将来的には、麻薬中毒の治療には、ウイルスが用いられるかもしれない。
p112
遺伝子組み替えで、浮気性が治療できるかもしれない。エモリー大学のミランダのグループは、性的に活発なハタネズミの
雄の脳に、遺伝子組み換えされたウイルスを注入、前脳腹側部のバソプレシン・レセプターを増加させた。数日後、彼ら
は雌への欲望を失い、一夫一婦制に近い行動を示すようになった。こんな「治療」受けたいと思う?

#6  高さへの挑戦の話。

  • p124 人類は、どこまで高い建築物を造れるだろう。現在、911テロで倒壊した世界貿易センタービルの跡地には、フリーダムタワーの建築が始まった。これは完成時に高さ541mに達して、現在最高記録の、台北国際金融センタービルの508mを抜く。これは、現時点の建築技術の限界=1600mからすると、かなり低目の建物でしかない。

p125
 生物(樹木)は、どこまで高く、そびえ立つ事ができるだろうか。カリフォルニア北部にあるフンボルト・レッド・ウッド州立公園には、樹齢が2000年を越えて、高さ112.7mに達するセコイアがある。理論的には、植物が重力に逆らってどの高さまで水を運び上げられるかが樹高を決めるが、これは130m がほぼ限界のようだ。

p128
 地雷の除去にはバイオテクノロジーが役立つかもしれない。地雷は発見が難しいが、微量の二酸化窒素ガスを出す。デンマークでは、このガスに敏感なシロイヌナズナの遺伝子を改造し、ガスを感じるとアントシアニン色素のスイッチが入るものを開発した。この種子を地雷源にまくと、地雷の場所で赤くなって教えてくれるのだ。



#7  SFのススメ

  • p142 SFの深みにはまりたいなら、グレッグ・イーガンを読むべきだ。彼は21世紀SF界の最重要作家の一人といわれる。量子論の観測問題から人間原理、セル・オートマトンなど現代科学の先端と哲学の接点を、めくるめくアイデアで味付けして、読者を深い思索の渦中に案内してくれる。「宇宙消失」「順列都市」などSF者なら必読だ。

p147
 「順列都市」(ハヤカワ文庫)の舞台は、記憶や人格をコンピュータにダウンロード可能になった時代。富豪たちはコンピュータがある限り不死の”コピー” となって世界を支配している。その彼らに、宇宙に終焉を越え、永遠に存在できる方法があると提案する男が現れた。人間存在とは何か、そして時間と永遠の意味にも迫る傑作。

  • p148 「宇宙消失」(倉元SF文庫)は、太陽系が丸ごと、”バブル”に閉じ込められ、星空が消失した世界が舞台。もと警官のニックは、自分で動けないはずの、先天性脳欠損症の患者の捜索という奇妙な依頼を受ける。謀略渦巻く中、彼はいつしか宇宙消失の謎に迫っていく。観測問題の深淵を、驚天動地のアイデアで料理したSFサーカスは見物だ。

#8  人体の豆知識


p156
 米国立癌研究所の研究によると、右利きの95%以上はつむじが時計回りで、左利きや両手利きの人のつむじは、左右同じ割合になるという。これは遺伝子に右とランダムの二つの型があって、右遺伝子を1個か2個持つと右利き右巻き、ランダム遺伝子2個だと、利き手もつむじも半々になるから。現在この候補遺伝子が探索されている。

p157
 人間は嗅覚が鈍いため、フェロモンのような匂い物質が、影響を及ぼすことはないと思われていた。しかし、米国モネル化学感覚研究センターの研究によると、男性のわきの下の汗の匂い成分に、女性をリラックスさせる効果があることが明らかに。この匂いは月経周期もずらすため、匂いによる妊娠コントロール薬の開発も行われている。

p158
 運動の前後にトレッチングをすれば、日常使われていない筋肉が、けいれんして痛んだり、けがをする危険が少なくなると考えられている。ところが、信頼できる比較研究や動物実験でも、これまでのところストレッチングにそのような効果を示す結果が出ていない。つまり、ストレッチングは気持ちは良いけど、効果はないらしい。

p166
 人種は様々だが、遺伝的に見ると人類には、相違点より類似点の方が多い。南カリフォルニア大学では、52の異なる文化と民族を代表する千人を越える人について400の遺伝子を比較した。その結果、全ての遺伝的変動の95%は集団内に存在し、3%だけが集団間に生じていることが明らかになった。つまり肌の色など取るに足らないことなのだ。

#9  宇宙の話。やっぱり弐瓶先生、月や火星に土地が欲しいんだろうか。

  • p182 「2001年宇宙の旅」など、SFでは、長期宇宙旅行に人工冬眠が定番だが、欧州宇宙機関(ESA)では、現在これを実現する研究を行っている。注目の物質はDADLEといって、リスに注射すると夏でも冬眠を引き起こし、人の細胞の増殖を休止させる作用がある。動物実験や、冬眠するキツネザルの研究を経て、10年で目処をつけたいという。
  • p183 映画「ディープインパクト」や「アルマゲドン」では、地球に衝突しようとする天体を、水爆で阻止する。しかし、現実にそれが可能という証明はない。 ESAは、ドン・キホーテ・ミッションという、小惑星に実際に宇宙船を衝突させて、軌道を変える試みを計画中だ。その開始は、早ければ、2010年から 2015年ころになる。

p185
 NASAは8月3日、水星探査機としては2度目、36年ぶりのメッセンジャーを打ち上げた。水星は地球に近いが、コストを抑えるために太陽を15周し、金星や水星の重力を利用して加速と軌道変更を行う長旅を選択し、2011年3月に水星周回軌道に入る予定。水星は太陽に近すぎ観測が難しかったが、これで多くの謎が解明されるだろう。

  • p186 NASAは原子力宇宙船開発に本腰を入れている。「月と火星、さらに遠くへ」というブッシュ大統領の新宇宙戦略を受けたもの。原子力潜水艦で培った技術を応用し、宇宙の過酷な環境に耐える原子炉が開発中だ。これを探査機に乗せれば、実験機器を増やし、高燃費のイオンエンジンも使いやすい。2010年以降の木星衛星探査機へ搭載予定という。



#10  ソーラーセイルの話。

  • p192 風を受けて海を走る帆船のように、太陽からの光の圧力を受けて、宇宙を航行する宇宙船をソーラー・セイルという。今年の8月9日、日本のJAXAは世界で初めて、宇宙空間で、直径10メートルのソーラー・セイルの展開実験に成功した。今後は、この帆を飛躍的に大型化させる研究を行い、将来は木星以遠まで飛ぶ宇宙ヨットを目指すという。
  • p193 ソーラー・セイルが登場するSFとしては、アーサー・Cクラークの「太陽からの風」(ハヤカワSF文庫)を忘れる事はできない。この作品は、地球軌道から月までの光帆船のレースを描いた物語で、ソーラー・セイル特有の操船技術からレースの駆け引きまで、合理性に基づきながら、迫真の物語を語り尽くした傑作だ。
  • p194 サンフランシスコ近郊の企業が、注文に応じてペットの猫のクローンを作る商売を始めている。費用は1匹5万ドルで、基となる猫の皮膚から取り出した遺伝子をもとにクローン胚を作り、代理母の猫に産ませる手法で、3匹のクローン猫を生み出すのに成功した。すでに5人の顧客が、愛猫のクローン発注しているという。
  • p195 ナノテクノロジーで作り出される、ナノ粒子は、材料として優れている。しかし、それは人体にとって安全だろうか。これらの物質は、呼吸や皮膚から体内に吸収される。問題は、そのナノ粒子が有害かどうかだが、ナノ粒子化した物質は、そうでないものより有毒である可能性が高い。ナノ産業が、新たな公害の火種になる可能性は否定できない。

interlink

  • 新装版で追加

第2巻 (2007-01-24)

西暦3005年―。DRF【技術文化遺産復興財団】の火星探査船が地球への帰還中大破。【N5SV】と呼ばれるウイルスに冒された乗組員の遺体は子実体を形成、胞子を地上に撒き散らした…。ウイルスに感染した人類は、凶暴な動く死体“ドローン"と化し地上を埋め尽くす。東亜重工製合成人間、庚 造一はウイルスの感染・発症後も人間の姿を保つ、ウイルス適応者の保護のため、A-カノエ・フユと共にDRF管轄地に潜入。そこで遭遇した適応者イオン・グリーンは、だが当局に拉致されてしまう。その後も<ドローン禍>は急速に拡大。一方、本土の東亜重工本社はDRFの急襲を受け壊滅状態に。 DRF側の主力、強制執行部隊の集結する本社に単騎で乗り込む庚班の前には無数のドローンの群れとDRFの新たな刺客が立ちはだかる!! 鬼才、弐瓶勉が切り拓く、壮大なSFコミックの第2巻!!

#11

#17

第3巻 (2007-08-22)

DRF【技術文化遺産復興財団】が火星よりもたらしたウイルス、【N5SV】による<ドローン禍>は全地表に拡散。地上は、死してなお蠢く N5SV感染者で満たされてしまう…。東亜重工製合成人間、庚造一は計画――DRFの掲げる【人類総改換計画】――の要と思しきN5SV適応者、イオン・グリーンの幽閉先を検地。DRFの下部組織である公衆衛生局の本拠地、【第三MSCF】に仲間のエージェントの制止を振り切り単身乗り込む。だがDRF本部は造一より先に第三MSCFを強襲。公衆衛生局の将軍ナレイン以下全組織の制圧を開始する。制圧には、造一と同じエージェント壬二銖を襲った危険な液体、【逆相写像重合体】が使用され、そしてその指揮を執っていたのはDRF総主ニアルディ自らだった!! 突如内部分裂を始めたDRF。ナレイン、ニアルディそれぞれの思惑により混迷を極める戦局のただ中で、造一はイオンを取り戻し事態収束の糸口を見つけ出せるか!?

#18

#24

第4巻 (2008-02-24)

【人類総改換計画】を掲げるDRF【技術文化遺産復興財団】が火星よりもたらしたウイルス【N5SV】による災害、<ドローン禍>は全地表に拡散。地上は、死してなお蠢くN5SV感染者で満たされてしまう…。東亜重工製合成人間、庚 造一とA-フユは検知したウイルス適応者、イオン・グリーンを幽閉先【第三MSCF】から救出することに成功。一方、DRF側は本部の総主ニアルディと下部組織・公衆衛生局の将軍ナレインの思惑が衝突し、対立が激化。混乱の中、ナレインを無力化した総主ニアルディは計画をさらに進め、火星でレーフ博士が発見した逆相写像重合体を地表に散布。重合体はドローンを触媒とし、爆発的なスピードで増殖し、地球上のあらゆるものをコード化。やがては胚珠が宿主の望むものを実らせるという。その条件は、適応者の体から出る花粉を重合体に受粉させること…再びイオンに危機が迫る――!!

#25

#30

第5巻 (2008-09-24)

【人類総改換計画】を掲げるDRF【技術文化遺産復興財団】が火星よりもたらしたウイルス【N5SV】による災害、<ドローン禍>により地球は壊滅状態に陥る。東亜重工製合成人間、庚 造一とパートナー、A-フユらは<ドローン禍>の元凶であるDRF総主ニアルディの計画を阻止しようとする。だが一瞬の隙を突かれ、逆相写像重合体と適応者イオン・グリーンから出た花粉の“受粉"を許してしまう。その直後、巨大なヒモ状の物体<復物主>が出現。地球から突出し、造一、二銖らはその爆発的成長に巻き込まれ行方不明になってしまう―。<復物主>上の何処かに転送された造一とフユ。そこで新生DRF に襲われていた人間らしき2人を保護。襲っていた構成員が発した音声には“総主"という言葉が含まれていた―。また、保護した2人を調べると<復物主>と似た体組織を持ち、傷も自己修復してしまう生命体であった。人間とは特徴のまったく異なる生命体……だが、彼らがこの世界の“人間"だった…!!

#31

#36

第6巻 (2009-03-24)

DRF【技術文化遺産復興財団】が火星よりもたらしたウイルス【N5SV】による災害、<ドローン禍>で地球は壊滅状態に陥る。その後地球から、直径100キロメートル、全長48億キロメートルの構造物<復物主>が突出、地表より分離する。東亜重工製合成人間庚造一、人語を操る熊コズロフらは、そこでそれぞれ別の区画へ転送されてしまう。第一区画に転送された造一とAIフユは<復物主の子>とよばれる少女フニペーロと出会う。少女がDRF【技術文化遺産復興財団】総主ニアルディにその体を狙われている事を知った彼らは、総主を倒すべく行動を開始。さらにフニペーロはコズロフに、彼の父レーフ・グリゴリエヴィチ・グレブネフが復物主の発芽に備えていたことと、この世界の創造の謎を伝える。彼らは最終区画で待ち構えるニアルディ本体を倒し、世界を正常化することができるのか!? 遠大なるハードSFコミック、深遠なる最終章!

#37

#42


コメ

605 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい 投稿日:05/02/03 04:36:42 ID:s62rX7DP0

おまけ 連載時の巻末コメント
No.29
はじめまして、ニヘーです。
よろしくっす。
No.30
30分ぐらい考えたんだけど、
何も思いつきません。
No.31
最近はもう漫画ばっかりで

No.32
生ゴミ処理機を買うことに
しました。
No.33
ウチの猫がトノサマバッタ
食ってました。
No.36
暑いし色々あってもう大変
です。でも全然余裕です。
No.37/38
今年は面白い映画がいっぱ
いありますね。
No.39
今年の夏もマンガで終わっ
てしまうのでしょうね。
No.40
まだまだ暑いですが、皆さ
ん、頑張りましょう。
No.41
腹減ったなあ。


キャラクター

東亜重工

庚造一

  • 東亜重工の男女一組のエージェント。

片方はAI、片方は合成人間と純粋な生物ではなく、人造人間にあたる。
また合成人間と人口AIに割り振られる性別は固定ではない。


寡黙なイケメンで霧亥よりは感情移入しやすい。また、経歴や出身なども作中で分かる。
しかしながら短気で、目的の障害となるなら実力で排除するなど、劇中にて結構やらかしている。

フユはそれを制止しようとするが、毎度お約束のように止めれてない。
また自虐的になり、救えなかった自身を責めた造一を優しくあやすなど、血が昇りやすい彼のお姉さん役でもある。

因みに外見はシボを少々弄っただけの使い回s、ん?なんだあのバイクは?


身体能力はかなり高く、ヒグイデやカーダルなどの改造人間や超能力者相手でも引けを取らない。
ただし相手がチートなので毎回負けてばっかなのは内緒である
因みに人間を襤褸雑巾のように千切っては投げ、叩いて砕くことができる程度。
一コマで何人も一瞬の内に射殺してしまうなど、どっかの旦那ばりなチート性能を誇る。

  • 武装
┓弾体加速装置┏
前作の物に比べれば随分とマイルドな性能だが、何分比べるものが比べるものなので、一般的な火器と比べ物にならないのはお分かりだろう。
現にミサイルに始まり、戦闘機なども簡単に撃墜した。

弾を撃つときに使用されるのは合成人間特有の脳周波と内部バッテリー。早い話がちっさいレールガン。こんなのをドバドバ撃ちまくるのだから敵側は堪ったものじゃない。
━━┓XL―4000┏━━
見た目はロングライフル。弾体加速装置のおっきくて長いの。当然ながら威力は破格で巡航ミサイルや大陸留継索の軌道タワーを一発で破壊できる。もうやだこれ造った企業。
劇中でこれを撃ってるのは造一のみのため、専用装備の可能性がある。

主人公が持つには、あまりに禍々しいデザイン。普通の主人公ならば剣が妥当だが、あの弐瓶勉が普通に書く筈がない。切れ味はかなり良い。色んな物を叩ききれる。

  • 作中の活躍
バイクにしては恐ろしい速度で颯爽と登場し格好良く決めたが、いきなり重要人物を撥ね飛ばした。
駆けつけたコズロフに連れてかれいきなり見失う。半端無いドジである。

途中で殺られ役の方々の扱いの酷さを弐ページで教えてくれる。
排除後はイオンの取り合い合戦を、名無しの巡回査察員と行うがルパン三世よろしく、腕が取れた挙げ句にご丁寧に電流を流され、動きが取れなくなったところにグレネードを撃ち込まれ気絶。

復活後はコズロフを回収してMSFCへ。バイクと斧でドローンを薙ぎ倒しながら施設内へ侵入。
カチカチカチカチの音がなる度に殺られ役の方々を数十人を射殺。
名無しの巡回査察員に先の借りを返すごとく、フルチャージした弾体加速装置を放ち頭を破壊。
完璧に不意打ちだが言っちゃいけない。主人公が手も足も出ないのがウジャウジャ居るんだから仕方ない。

カーダルの妨害でまたしても取り逃がす。その後は疑似N5SVで再生怪人となった巡回査察員を、一発貰っただけで即殺。正拳突きで中身と骨をおさらばさせ、とどめに素っ首斬り落とした……、主人公だよな?

世界各地に向けて発射された巡航ミサイルを全機撃墜後、フユにどやされつつ襲撃された本社へ急行。
迎撃に来た弐機の内、一機を弾体加速装置で墜とし、一機はパイロットを気絶させ、フユがコントロールを奪った。
空母に特効させ沈めてから上陸。本社ビルのキツい傾斜も物とせず易々と掛け上がり入社した。

社内に居た雑魚を一掃して育ての親である博士の娘を保護。直後に覆面マスクの襲撃を受ける。この時ちゃんと死亡フラグを建てるのは流石である。

結局博士の娘を救うことが出来ず、本社は自爆させられた。
造一の見せるこの時の表情は何とも言えない物がある。

捜索を続行し、MSFCの一つを襲撃し行き先の情報を入手するも、カーダルに奇襲にされこの場はフユを文字通り担いで撤退した。

途中、新たな名無しの巡回査察員に毒撃たれたり、カーダルに中和剤撃たれたりしたが、大陸留継索を目指して行動。
到着したときは既にDRF侵攻を受けPHSは壊滅状態。

DRFの特殊装甲戦艦一隻を撃沈しつつ、イオンたん探しに留継索内部へ。
ちなみに撃沈した一隻にはニアルディの座乗艦だった。ここで死んでいれば……。


カーダルからイオンを奪いでこの後は?的な状況に。
そこで合成人間に乗り換えたナレインとニアルディを視認。暴走状態のナレインを、フユが自我の再構築し軌道レーンへ向かった。

軌道レーンにおいて、大気圏など気にすること無く軌道レーンをバイクやモノレールや戦闘機や人間や胚種やらが掛け上がった…………。OK、突っ込んだら負けだ。

モノレールを守りつつ、追ってきたニアルディを迎撃。一瞬の隙を撃ち倒したと思われたが、
ナレインを乗っ取りイオンの種子をばら蒔かれてしまう。
乗っ取られたナレインを起こすべく、脳周波の塊を放ちナレインが覚醒。

ここでハゲがババアを道連れに地球を貫通した。

地球から離脱していった復物主を追いかけ、時空の異常にて大分時間が経った後の復物主に到着。
ワケわからんまま、ヤーとブーツを助け、村で補給を受けるが、名無しの巡回査察員がヤーの回収目的の為に襲撃。ヤーと造一とフユ以外が皆殺しにされてしまう。

助けに向かうも、既に遅くヤーもクパァされて殺されてしまう。
己の無力さに怒り、地面をひたすら殴る造一を、フユが慰めるもこれを拒否した。
そしてこの時、ヤーの子宮を内側から破壊して産まれたのがフニペーロである。

以降造一はフニペーロを守り通すことを決意。
道中でニアルディの弟子をライダーキックでぶち抜いたり、N5SVに感染した村を汚物は消毒だ~!しながら、DRF施設をご丁寧に殲滅しながら第一区画に居るニアルディ目指して旅を続ける。

最終話で久しぶりの登場。DRFの技術力も猿真似程度だが、
、東亜重工に匹敵するほどに進化を遂げた。
が、肝心の乗り手や使い手は未熟で尚且つ猿真似程度のため、安定と信頼の雑魚っぷりを披露しただけであった。

単騎でDRFの防衛網を強行突破するも、最後の守備隊の装備は遂に弾体加速装置を防げる盾と、堅牢なバイクやヘルムとスーツを容易く破壊できる剣であった。

それでも造一は強行突破を敢行し、バイクを犠牲に敵陣に乗り込み斧と弾体加速装置で奮戦する。
しかし次から次へと負傷し片足を失い、とうとう四方から串刺しにされて身動きが取れなくなってしまう。

だがここでデバイスだけとなったフユが決死の自爆にて、辛くも窮地を逃れる。
フユの犠牲により、遂にニアルディを追い詰める。
フユの姿を使われた際に激昂していることから、造一にとってフユがどれだけ大切な存在であったかを語っている。

コズロフに気を取られた隙を狙い、ニアルディの眉間に一発撃ち込み射殺に成功。
限界に達していたニアルディの体は水をかけた砂山のように崩れ去っていった。

死にかけているフニペーロに必死に「死ぬな!」と呼びかける造一の姿には、今まで助けられた人もなく、守りたかった人も守れず、
救うことが出来なかった人、一番側に居ておきながら最後の最後で死なせてしまった人、もう二度と失いたくないと言う必死の想いが滲み出ていた。


戦後、保護していたイオンをフニペーロに預け一人先に第三区画へ向かう。無二のパートナーであるフユを直せる可能性を信じて……。

カノエ・フユ

壬二銖(みずのえ・にしゅ)

  • 東亜重工製合成人間

ミズノエ・シン

  • 東亜重工製AI

丁 五宇(ヒノト・ゴウ)

  • 東亜重工製合成人間。ジャミラにされる。ヒグイデにより死亡
  • 丁五宇とは、東亜重工製の合成人間の一人だが、ここまで無理矢理関係の無いネタを放り込んだ理由がある。それは

書くべき事が全くない

不遇なのである。とにかく不遇なのだ。

思わず同情を禁じ得ないくらいに扱いが悪い。

本編では二殊が「あいつが五宇を」としか言われず、相方のタイラに至っては完全に忘れている

では単行本巻末のオマケでの活躍を言うと………。

登場初っぱなから片手足を折られて、時間稼ぎのためヒグイデを瓦礫の下敷きにした。
MSFCより強奪した新型疑似N5SVを真っ二つにされたバイクから、タイラのデバイスを取り除きシャトルに詰め込んだ。

そして出てきたヒグイデと対峙するが、作中最強クラスの化け物であるヒグイデに勝てる筈もなく、バキよろしく、範馬勇次郎にでも殺られたのかと勘違いするくらいに、頭を腹にめり込まされて死亡した………。

以上である。相方はともかく、五宇自身に関してはこれしか書けない。

一部キャラの扱いが酷いのは、BLAME!だろうが、シドニアの騎士だろうと変わらない。
他の女性キャラの方がよっぽど酷い目にあっている。

ではネタキャラの事は放っておいて、相方の丁タイラを紹介していく。

初登場は、コズロフに渡された東亜印の通信機に連絡を入れた時。時間的にもタイミング的にも、比較的近隣区域で戦っていたかもしれない。

せっかく義理人情で助けてくれたコズロフに対し

「コズロフは良く喋るなぁ、『熊』なのに」
と助けてもらった数分もしない内に中傷発言。仮にも命の恩人もとい、恩熊なのだからもう少し考えられなかったのだろうか?
当然、陶磁器のごとき心の持ち主のコズロフは大変傷ついていた。
そして追撃してきたヒグイデと遭遇。間も経たない内に壬 二殊に救出される。

救出後、暫くは二殊らと行動を共にしていたが、コズロフと彼の育ての親である代理人の三人で、大陸留継索に仲良く飛行船で観戦していた。
一応、ニアルディが撒いた種を焼き消す程度の活躍はした。

その後は400年も経過して、尚且つドローン禍が大流行している真っ最中の第四区画に不時着。
生き残りの現地人に助けてもらい難を逃れる。

そこから更に12年が経過。無意味だが東亜印の信号を出し続け、ようやくフユがそれをキャッチ。フニペーロが示顕構成体にて接触を図った。

12年越しに自分等の状況を理解、把握。
それからコズロフと二人(???)と一頭の馬(?)による50年の長い年月をかけた旅をする。
所謂勇者とお姫様みたいなもんだが『熊とAI』なので間違っても間違った展開には発展しない。
最終決戦では空気。某空気なお方も納得するくらい空気。
決戦後はコズロフとイオンの感動の再会。
長らく付き添い、夫婦と言っても過言ではないが残念ながらコズロフとイオンは血縁関係のため、言うならば居候的な存在である。
何気なくこっそり密かに酷い。

ヒノト・タイラ

  • 東亜重工製AI

黒川博士(黒川真村)

  • ウィルデンシュタイン博士にいろいろされて死亡

黒川の娘

  • 識臣の中で合成人間たちの母親役をやった。N5SVに感染した。
  • N5SVに感染後、東亜重工本社の爆発で死亡

イオン・グリーン

コズロフ・л(レーフヴィチ)・グレブネフ

  • 多少は食い溜めが利く体らしい。
  • 右耳欠損、右手フック
  • ネタバレを含みます、それがお嫌いなお方は、丸いデバイスを拾って、電車に駆け込み乗車してからブラウザバックしてください



本名:コズロフ・レーフヴィチ・グレブネフと長いため、当たり前だがコズロフと呼ばれる。

9JO(人工島)にイオンと同棲している。初登場から既にインパクト溢れており、熊であるにも関わらず、手先はかなり器用。チャンネル使ったり、ライフル撃てたりと、ホントに熊なんか?

ストーリー序盤からチョイチョイ登場しているため、必ずどこかしらで姿を確認できる。まぁ町中で熊を見ようものなら、一発通報の即射殺ですが。

9JOでは、名無しの巡回査察員にスナイパーライフルで挑んだが、通常火器で死ぬのは、弐瓶シリーズだと一般人かヤラレ役くらいなので、当然返り討ちにあう。片手も切り落とされる始末。

造一に助けられた暫くは、9JOの海中施設に身を潜めた。その後にフックを取り付けたのだろうが、どうやって取り付けたのかは気にしない方が良い。弐瓶勉の世界は不思議で溢れているのだから。


熊の体であるため、N5SVには感染しないが、最初は警戒してガスマスクを着用してた。ヒグイデに強襲されたあとは着けていない。

フユから預かった東亜印の通信機にかけてきたタイラを、CEUよりも早くに回収している。

東亜重工も吹き飛び(自爆装置があるほうに問題があるが)、パートナーの五宇も殺され、泣き出すタイラを慰めるコズロフだったが、タイラの思慮に欠いた「それにしてもコズロフは良く喋るなぁ。『熊』なのに。」発言で、かなり傷ついていた…………五宇が死んだ原因てコイツじゃね?

ヒグイデに襲われてるとこで、助けに入った壬二銖の後ろに乗せて貰った。羨ましいぞ、そこ変われ。また不本意ながらも二銖の胸を触ったらしい。だが貧乳の、ん?なんだこの音は……?

無事にヒグイデを振り切ったが、今度は二銖に拘束され、初めてレーフと自分の関係を知ることとなる。熊であることのアドバンテージを全く活かせていない。これは周りが化け物だらけなせいである。決して彼(?)が弱いわけではない。


イジッツァ社領区に住んでいた、かつての育ての親であるレーフの代理人の元を二銖と共に訪れる。しかし、発見したのは老衰で息絶えた老人の姿が…………

だと思ったら死んでおらず、突然起き上がったもんだから、コズロフは悲鳴をあげ、代理人も目の前の熊に驚いて悲鳴をあげた。愛すべきバカ達の誕生である。「「あああああああ!!!」」

そこで可変戦闘機の襲撃を受け、方耳が溶けてなくなってしまった。二銖の奮闘で何とか助かるが、溶けた耳をフックで弄るのもなんだぞ?余計に駄目になるだけだぞ?

大陸留継索では、宇宙に上がれる飛行船にて参戦したが、特にやれることなんてあるわけがなく、代理人と仲良く飛行船で観戦していた。もう飛行船じゃなくねそれ?

そして遂に復物主が発芽。その時の異常にて、復物主の世界に転送された。



以下ネタバレです



転送先は第四区画、たがそこは既にドローン禍が発生して汚染されていた。幸い三人とも人間じゃないので感染はしなかった(熊にAIに合成人間)。

ドローンに襲われるも、生き残っていた現地女性に助けられ難を逃れた。だが次のページに進めば弐瓶マジックで12年も進んだ。まぁ前作に比べれば随分マシである。

ここで、タイラが東亜印の簡単な信号を発信していたようで、ようやくフユがキャッチ。直ぐに示現構成体を飛ばしてきたフニペーロと接触。12年かかってようやく復物主の世界の状況を把握できた。

しかし説明を聞いていくうちに、とんでもない事が発覚する。それは

「コズロフ、この世界は貴方の願いで創られたのよ」

なん…だと…?

フニペーロが、一体何を根拠にコズロフが創造主だと言ったのかは不明だが、思考はとても曖昧な物とフォローを入れた。

その後、子宝に恵まれた、一気にリア充になった代理人夫妻に別れを告げて、五十年かけて、タイラと共に第六区画にあるとある装置を目指す旅を始める。

因みに全長48億kmで、12区画あるうちの1区画。つまり1区画につき、4億kmもあるのだ。第四区画から第六区画まで合計8億km、これを50年かけて、この世界の馬で移動したのだ。
弐瓶勉の世界は真人間には厳しい世界しかない…………。

辿り着いた先には謎の家屋が一軒。フニペーロに導かれるまま家屋へ入ると、そこは9JOの彼の自室であった。最後の悪足掻きをするニアルディの抵抗虚しく、コズロフは装置と言う名のチャンネルをポチッとなする。そこに映し出されたのはなんと………

コズロフ以外誰も得しない、まさかの擬人化。しかもイケメン。更には序盤でイオンを拐っていった巡回査察員を仕返しと言わんばかりに、斬り捨てている。やだ、カッコ悪い……。

しかもイケメンであることを良いことに、イオンを助けて守る、白馬の王子様になっている。これは彼のイオンに対する過剰なまでの保護欲求が露になった。

この時、家屋に入る前に回想が入る。実はレーフとヴィエフ(イオン)の受精卵から造られたクローン体から、今のコズロフの体に脳だけが移植された。つまりイオンとは同族になる。相変わらず発想がブッ飛びすぎる。だがそこが良い。

ニアルディを倒した後は、無事にイオンと再会。二人の感動的な再会には心が暖まった。
しかしタイラは居ずらいんじゃないだろうか?

ヒロインの座を奪い取っただけじゃなく、話の重要な部分までもかっさらっていった。弐瓶勉先生は真っ当なヒロインを書くつもりはないようだ。


コズロフ「シン、この項目の編集はお前がやったのか?」

シン「いや、違う。駄目だったか?」

コズロフ「いや、良いんだ。ただ追記・修正がなぁ……。」

レーフ・グレゴリエヴィチ・グレブネフ

  • 734年前に設立されたマイクロボルト社創立メンバーの一人。現在も生きているという。

リルオード

  • 染色体異常

火星探査員

  • きのこ

DRF公衆衛生局

巡回査察員(金本

  • 公衆衛生局の巡回査察員。
N5SVの適応者である、イオン・グリーンの拿捕を目的としてグレブネフ邸を強襲した。
高度なサイボーグ化が施されており、東亜重工製の合成人間である造一をも圧倒し、イオンを拉致することに成功した。

その後、第七MSCFにて、イオンの護送中に追撃してきた造一と戦闘。
頭部を撃ち抜かれたが即死せず、擬似N5SVを使用して失われた生体部分を再生・変異させ、さらに造一の前に立ち塞がったが、腹部に貫き手を受けたのち頭部を切断され、行動不能になり間もなく死亡した。

背中に備え付けられた推進器による飛行が可能。
複眼式のセンサーを備え、広範囲を走査することができる。
右手には物体を切断する機能があり、攻撃やドアをこじ開けるのに使用された。
左手はパージすることが可能で、手首の部分から榴弾を発射し、高圧電流を流すこともできる。
左手をパージした後は、ウラニウム弾の使用が可能になり、肘からは麻酔弾を発射できる。
視覚的にも非常に特徴的な前掛けは、強力な耐弾性能を有する。
巡回査察員の中でもとりわけ充実した武装を誇り、工作活動に有効な装備を持つことが特徴的。

死亡する直前に『人類総改換計画』について言及しているが、DRF総主ニアルディの主張と食い違っている。おそらくこの時点でナレインが公衆衛生局独自の方針を採っていたためと思われる。
  • 造一により死亡

カーダル・スピンダル

  • 「大陸留継索に行くつもり?無駄に死ぬだけよ」

BIOMEGAに登場する女性でフルネームは、カーダル・スピンダル。

公衆衛生局のCEU所属の巡回査察員。

野郎ばかりのむさ苦しい公衆衛生局の面々の中における唯一の華である。むさ苦しい上に、仮面ライダーに出てきそうな怪人宜しくな連中ばっかなので、彼女も結構浮いてしまっている。

彼女の素顔が発覚するのは大陸留継索侵攻時。エレベーターで変身するので、あのグルグル巻きの女が彼女だと分かる。強力な念動力の持ち主で、弾体加速装置すら簡単に防いでしまう。

体に纏っている根っこのような繊維は投擲と、はだけた時のエロさ以外であまり活躍していない。投擲時は、鉄壁の堅牢さを誇る東亜印のライダースーツを、容易く貫通する鋭利な武器に出来た。もっとも、彼女の念動力で強化されているだけの可能性もある。

何のために纏っているかは不明で、場面によっては、はだけたままだったり、纏ったりしている。


しかしながら肩、二の腕、腋、鎖骨などを思う存分晒してくださった。更に単行本表紙では上記の部分を晒しつつ、ペタンと座り込み、腰にエプロン姿、止めに上目遣いで睨んでくださっている。

所謂ドMホイホイである。ただしピアス付けたヤクザはお断りだ。

初登場は9JOの巡回査察員と一緒に、潜水艦でMSCFを脱出するところ。隣にいた巡回査察員を撃ち抜いた造一を、念動力で足止めした。
そのまま、イオンをMSCFから大陸留継索へ移送した。一応喋るが、「閉めろ」だけ。

次は別のMSFCにて。ここだと不意を突く形で造一とフユにダメージを与え、フユを一時機能停止に追いやる。続いて応戦してきた造一を投擲にて沈黙させる。回避運動を取らせないほどの速さで投げている。単に避けないだけかもだが
結局、追い詰めることは出来たが取り逃がしてしまう。この時にちらっと方目だけ見れる。

大陸留継索に増援として送られてきたイケメン達にも顔(?)を見せるが、ヒグイデが喋る分、彼女は全く喋らず表情も読み取れないのでぶっちゃけ不気味極まりない。


しかしドレスタイプのエプロン姿が見れるので文句は言わないこと。

お次は、イケメン組の一人が一発退場させられた後。一般人を装い、ドローンにわざと襲われているところを造一に助けられる。
造一はカーダルを自分に抱きつかせていた。造一よ、そこ代われ。

造一に撃ち込まれた毒物の中和剤を撃ち込み、大陸留継索には行くなと忠告して逃走した。任務で来たのか、個人的私情で動いたか不明。どちらにしろ、態々忠告をしてくれるので意外と優しい人である。

大陸留継索では、巡回査察員の正装で登場。彼女もクールビューティーなのでスーツ姿が映えまくる。公衆衛生局で確保したN5SV適応者である人々に、丁重な態度と説明で我慢してもらっていた。

決戦間際に見せた物憂げな表情はグッとk、じゃなく、何かしらに対する不安かと思われる。

戦闘用の姿に切り替え、地上に出たときの見開きの格好良さは異常。また弐瓶勉の偏執的な建築物の描写により、かなりの迫力を誇る。ヒグイデの格好良さが異常なだけ

本部のCEUと交戦状態になると、外の守りはヒグイデに任せ、自身は内部に侵入してきたサイボーグを迎え撃った。


サイボーグや可変戦闘機に真っ向から戦える、公衆衛生局には必要不可欠な戦力である。因みにこのサイボーグ、良いとこが一つもない哀れな殺られ役。

しかし状況はドジな博士のせいで最初から防戦を強いられ、本部CEUのホール侵入も許してしまい、右腕も負傷していた。途中で死亡フラグを建てた覆面マスクから、イオンを預けられ、グレネードからイオンを庇った。
マスクは素晴らしい速さでフラグ回収してお亡くなりに。

動きまくるヒグイデと違い、待ちスタイルしか見せなかった彼女が、本部CEU部隊相手にスタイリッシュに動き回った。

部隊を振り切った直後の隙を突かれ、全刃サイボーグに頭を砕かれたかと思われたが、間一髪で念動力で止めており、イオンに手出しされる直前で吹き飛ばした。この時、青筋がかなり浮いていた。流石は弐瓶勉、女性でもお構い無しである。

追手も振り切ったかと思っていたが、クリソツの片割れ、左断士官が参上。

カーダルとの死闘を期待されたが、KYな造一の乱入により、左断士官はあっさりご退場願われた。


造一にイオンを渡すよう脅されるが、本来なら銃による脅しは効かない筈、しかし状況が状況なので大人しくイオンを手渡した。

そして基軸搭レーンより、一般人とCEUの生き残りと共に大陸留継索へと離脱するべくシャトルに搭乗。可変戦闘機の攻撃もなんのそのと弾き、逆に叩き落としている。

途中で変容していく地球から退避してきた造一から、イオンを預けられる。ご都合主義と言ってはいけない。ここら辺から出番を東亜重工組に殆どゴッソリ持っていかれてしまい、半分ほど空気にされてしまった。

発芽した復物主にシャトルを大陸留継索ごと弾き飛ばされ、その後の生死も行方も不明である。

しかし彼女も復物主の世界にて生存していたかと思われる。理由はイミグル族の女性と、御神体として崇められていたイオンの世話をしていた事。

カーダルの髪は一見ストレートに見えるが、後ろ髪はスピンダルしている。子孫には念動力は継がれなかったが特徴的な癖毛とエロさは確り受け継がれていたようである。


台詞からもカーダルの代から延々と世話を続けきたかと思われる。
蓄積していた花粉と大陸留継索の遺跡化を考えるに相当な年数が経過しており、律儀にイオンを守り続けてきたと推測する。


さて、問題はあのカーダルが一体何処の馬の骨とギシアンして孕んだのかである。作者が作者なので、イオンとの間に百合で出来た子の可能性も捨てきれない。おっと?お客さんだ、誰だろう?

ウィルデンシュタイン

  • 擬似N5SVにより復活するも
  • 右断吏官により死亡

ナレイン

  • 合成人間(擬似N5SV感染)になるも
  • ニアルディにより人格は死亡した模様
  • BIOMEGAの登場人物(人?)、公衆衛生局を統括するイカかタコ。


フルネームはナレイン・メグナード。部下達からは専ら将軍と呼ばれる。

外見は上記の通り、イカかタコで仮面ライダーにでも出てきそうな怪人そのものである。BIOMEGA自体が弐瓶勉版仮面ライダーではあるが、味方も敵っぽいので気にしたら負けである。

登場したときからインパクトは部下達に負けず劣らず。被害報告あたった覆面マスクの一人を、これでもかとグルグル巻きにして千切って見せしめにするなど冷酷な人物。


独断行動が目立ったため、ニアルディに指金を送られるが片腕を破壊し、対盤という形でヒグイデを使って処刑した。
死体の頭半分を嫌がらせと、意思表示としてババアことニアルディに送りつける。


ソレに対する仕返しのつもりか、ニアルディはイジッツァ社領区で逆相写像重合体を使用。使用後の映像を送りつけられ、決戦を決意。全戦力を以て迎え撃った。
しかし、自身の趣味に突っ走ったドジな博士のせいで戦局はハナから防戦一方、更に東亜重工残党狩りに力を入れていたこと、造一らによって戦力を削られていたことが重なり、状況悪化に拍車をかけた。

して当の本人は混乱を極めた真っ最中に、合成人間へ転移中。しかも博士主導と言うフラグを建てたがために、案の定失☆敗

失敗直後に、ニアルディに強制訪問され元人格は破壊され、昏睡状態の合成人間にも頭を壊される始末。
だが最後の最後で博士が疑似N5SVを投薬してくれたので、復活を遂げた。



が、しかし…………



何とか死なずには済んだが、肉体構成がグチャグチャな上に当人の人格も極めて不安定。おまけに「我は大永久生命大使ナレイン」を自称する。

確かに合成人間の肉体に疑似N5SVが注入されている為、ただでさえシブトイのが更に強化された。

さらに驚くことにドローンと化した者を、頭に掌かざすだけで元の人間に戻して見せた。
だが一度脳を破壊されたため、人格が極めて不安定になり自我が消滅寸前に陥るも、フユの尽力により消滅だけは免れる。
元々が強力な超能力者だった、それが特殊な脳周波を持つ合成人間に乗り換えたことで、真上か真下(自滅必須だが)にしか撃てないが地球も易々と貫通できる脳周波を持たせることに。

自我が固定されるとフユに説明して、彼は単身ニアルディを討ちに向かい…………

[中]見事……[中]



[中]上手に返り討ちにされました~[中]

おまけに胚種に半ば呑み込まれてる始末。

一応、フユとお茶会やっていたが良い雰囲気になったところで、ニアルディが荒らしに入ったため強制終了。
意識が戻り、仮面を砕いて昔話を回想する。

当時から思念束で猛威を振るっていたニアルディに脅されるなど、苦労は絶えなかった模様。流石にいくら常識的でも終始あの態度では反旗も翻したくもなる。

種を焼かれ、顔面に綺麗な風穴空けられたニアルディに乗っ取られるも、最後は造一の脳周波で意識を取り戻し、ニアルディを巻き沿いに

地球を仲良く貫通してしまった

彼の尊い犠牲により、復物種の世界はコズロフのお願いで生まれてしまう………。

一応、無駄死にではない…………筈………。

DRF本部

ニアルディ

  • BIOMEGAの登場人物にしてラスボス

先ずこのババア(ピリリッ、彼女を語る上で、どう頑張ってもネタバレせざるえないので、それが嫌な方はブラウザバックを推奨します。

初登場は単行本三巻。だがこの時は後ろ姿だけで、女性であることくらいしかわからなかった。

ん?イケメンかも知れなかっただと?
我らが弐瓶勉が、そんな生易しい事をするとでも?百合が標準装備なんだぞ?

本格的に出始めるのは大陸留継索侵攻時。この時だと仮面にフードを羽織って、どのような容姿か分からなくしている。

因みに顔文字で表現するとこうなる→(●▼●)<誰がババアだ

思念束と呼ばれる念動力の使い手でもあり、これで様々なものを意のままに出来る。壁を壊したり、容器壊したり、生物操ったり、人乗っ取ったりとやりたい放題。

たが思念束で直接的に人を殺害した描写がない。本人にその気がないだけかもしれない。もしくは殺傷能力が低いだけかも知れない。

脳髄転写手術直後のナレインとドジッた博士を強襲。元人格が納められた容器を破壊、身動きが取れないナレインは成す術なく体勢を崩され、脳もグチャグチャになり死亡した。

ここで人類総改竄計画に対する、二人の意見が述べられる。ナレインは全肯定、ニアルディは頭から否定している。「人類をより高次へ導くために逆相写像重合体を使う」と語った。

星が人で溢れる、醜い人造物及び増殖を止める、環境を作り替える、高次へ導くなどの発言から、これに出てくる彼とか、彼などのように新世界の神、あるいは創造主になろうとしてたのかも知れない。

まぁ良い歳こいたババアが、うわなにをするやめ(ry

大陸留継索より離脱しようと小型艦に乗り込むが、造一に撃ち落とされ墜落。
造一に、逆相写像重合体散布を止めるよう脅されるが、七千機の可変戦闘機が実行中で止めることは不可能と断言した。抜かり無さと言うか数任せの力業と言うか、呆れるしかない。


混乱の最中、大陸留継索へと離脱を図るシャトルに対しても、即座に「叩き落とせ」と命令。直後に変わり果てた姿のナレインが強襲を仕掛けた。

暫くはシャトルを守りながら、基軸搭をバイクで、シャトルと同じ速度で駆け抜けていた造一達を、胚珠にナレイン諸とも半ば取り込まれた形で急接近してくる。正直かなりキモイ。マジでキモイ。大事な(ry

フユと脳内会話で良い感じになっていた所を、ナレインを通じて乱入。ここでは黒い塊のような何か、素顔は決して見せようとしなかった。またAIが苦手の模様。まさかの機械音痴の可能性が出てきた。

荒らしが入ったためお茶会は強制終了。意識が現実に戻った三人(フユは並列処理、ニアルディは介入していただけ)は行動に出るが、胚珠に呑み込まれて沈黙していたナレインが覚醒し、ニアルディを締め上げた。

堂々のカラーページで遂に素顔が露に。外見はうら若い長髪の黒髪、んで前髪パッツン。因みにカラーページだと迫力満点だが、同時に胚珠もカラーなので生々しさが三割増しで、生理的嫌悪感を抱きかねない人肉色となっている。やはりキモイ。

昔の回想の頃から外見年齢は変わってないが、持ち得た能力の為か他者に断れない問答を強いり、選択肢の無い選択肢を叩きつける。ナレインにレーフの部屋を開けさせ、室内を物色する姿はまるでドラクエの勇者である。

その時に花粉一粒を持ち出しており、地球の全てを呑み込んだ胚珠に授精させようとするが、駆けつけたコズロフ達に焼かれて自身も風穴開けられて、「もう死んだ!?」「早っ!?」となるが、ナレインを思念束で乗っ取った。

乗っ取ったナレインで猛攻を仕掛け執拗にイオンの居るシャトルを狙う。更に脳集波をも自在に操って見せ、とうとうシャトルから花粉をばら蒔くことに成功する。
目的を果たすために造一に狙いを定めるが、造一の脳集波で意識を取り戻したナレインの自滅により、一緒に地球を貫通した。

今度こそ死んだかと思われたが、しぶとく生きており、復物主の世界でもDRFを組織して実質上の世界政府として君臨していた。
だが復物主が思い通りに発芽しなかったので、癇癪起こして復物主を支配しようとして大失敗。切り離しも出来ず、自我を吸収されていっている。婆さん歳(ry

打開策として現地の女性に、強制的に人工受精させて自分の子供をクパァさせてでも産ませちゃうと言う、論理的にも人道的にも道徳的にも、過激に大問題な行動に移す。
そんな、ババアのヒステリーとも取れる行動するもんだから、一応の娘であるフニペーロに見限られている。

だが復物主世界の住人達からは絶大な指示を受けており、カリスマは健在の模様。

最後に至っては人であることすら捨てており、フニペーロを取り込んで、もう一度復物主を発芽させようと目論んだが、コズロフの脳内妄想が炸裂。N5SVは一掃され、自身もどさくさ紛れに頭を撃ち抜かれ、遂に体が崩れ落ちれ死亡した。

何回かある回想シーンでは、幼い頃のナレインに腕をもがれながらも、思念束で無理矢理制御したり、レーフに触れて女々しく300年もリルオードの事を引き摺っていることも理解した。

その上でレーフが提唱した人類総改竄計画を頭から否定していた。曰く「先など考えていない。」

手段選ばず、何もかも意のままにしていたが、おそらくは能力を持ち得ていなければ普通の女性だったと思われる。

右断吏官

  • ヒグイデにより死亡

左断吏官

  • 造一により死亡

イケメンサイボーグ

  • ナレインに片腕をねじ切られた挙句
  • ヒグイデとの対盤で負け、死亡

車乗りサイボーグ

  • 造一を狙撃するがセカンドショットに移る前に
  • 造一に撃たれ死亡

用語

9JO

  • 800年前に太平洋上に建造された人工島
  • 八丈島近海に作られた「九丈島」なのか(八丈島を8JOと表記することは現実の八丈島関連サイトでもよく見られる)
  • 9JOから核ミサイルってブラックジョーク(分からない人は→こちら

DRF(DateRecoveryFoundation)=技術文化遺産復興財団


MSCF(Maxi-Security Containment Facility)=最厳重警備隔離施設

  • 要するに核シェルターのようなもの。
  • 対生物兵器防護機能もあるようで、ドローン渦の回避にも用いられた。

N5Sウイルス

  • 火星で発見された生物、に寄生していた微生物(厳密にはウイルスではない?)。
  • 逆相写像重合体の雌性配偶体(胚珠)を生み出す。
  • ドローン渦はこのウイルスが人間への感染性を獲得したためにおきたバイオハザードだった。

Public Health Service=公衆衛生局

  • DRFの直属組織。頭目はナレイン・メグナート将軍。
  • 人類総改換計画についてDRF本部と見解が対立していた。
  • 後にDRF本部との内紛に発展する。

CEU (Compulsory Execution Unit)=強制執行部隊

公衆衛生局に配備された下部組織。局の権限強化により生まれた。表向きはドローンの浄化。

カノエ

  • バイク女って像位置と苗字一緒だけど何かの付箋?:庚班のロゴや巻末の女ライダーの絵から察するに、東亜重工の所有する非常事態鎮圧用の特殊部隊(又はエージェント)の最小行動単位(合成人間一人とAI)であると思われる。

逆相写像重合体

  • ドローンを媒体としあらゆる物をコード化してしまう謎の液体。
  • ドローン化した生物が生み出すらしい?

合成人間

  • いわゆる人造人間。
  • 東亜重工製合成人間の場合、精神は識臣とよばれる仮想空間の中で大人になるまでの成長過程を疑似体験させて育成される。

重二輪

重二輪はHeavy Dual Coil、つまり動力が両輪それぞれに1基ずつついている2輪駆動機。合成人間か搭載AIの脳周波のみで制御可能。1G下(地球上)での移動速度は時速600km以上、走行時はタイヤ表面に特殊な空間を発祥させ、タイヤと接地面が瞬間的に結合する。この方式の採用により垂直の壁面、さらには大気圏外での走行も可能にしている。燃料は“重液”と呼ばれるもので詳細は不明である。
  • 東亜重工製合成人間一人につき一台配備されるバイク。
  • 合成人間と同じく識臣で育成されたAIが搭載されている。
  • 班によって仕様が異なる。

弾体加速装置

  • 造一たち合成人間の用いる拳銃形の武器。ヴン、という通電音や、携帯電話を思わせる電池の形をした電力ゲージからレールガンと思われる。
  • ふだんは無音、無反動で消費電力を抑えたマナーモードだが、解除することで出力最大で弾体を発射できる。その際消費電力制限も無視するため、一発で撃てなくなる模様。電力がなくなると充電モードに入る。充電は合成人間の特殊な脳から発せられる脳集波を用いる。
  • 「弾体を加速させる力を生み出していたのは脳だったのだ」というウィルデンシュタイン博士の発言から、加速にも脳集波が使われているらしく、ただのレールガンではない模様。
  • マガジン式。

東亜重工

  • おそらくは日本に存在する巨大企業。
  • BLAME!の東亜重工との関連性は不明。

4000XL

  • 弾体加速装置の大型版。カノエ・フユの重二輪にのみ搭載が確認されている。シート下に四分割されて格納されており、発射時には地上から衛星軌道上のミサイルすら撃ち落とすほどの初速を誇る。
  • 前部の銃身を取り付けずに短距離射撃用として運用することも可能。
  • 充電方法は弾体加速装置と同様脳集波だと思われるが、重二輪からも充電できる模様。











BLAME!の次に掲載、販売された弐瓶勉の漫画で全6巻。


あらすじ
七百年ぶりに火星への有人飛行を成功させた。そんな中で、水も空気も皆無な星で、一人の女性を飛行士達は発見するが…ーそれから半年後ー

登場人物及び所属勢力

●東亜重工

●庚造一(かのえぞういち)
高い身体能力と再生能力を持つ東亜重工製の合成人間な主人公。冷静な青年に見えるが、母親や一般市民を助けられなかった自分の無力さに憤る熱血漢。
脳集波という力を持ち、彼の主武装である弾体加速装置にはこの力が利用されている。


●カノエ・フユ
造一が駈る重二輪に搭載されている女性型AI。造一の無二のパートナーでもある。直情的な造一のストッパーだが止めれてない。
ちなみに重二輪はレーザー砲が2門ついてたり、造一の武器である折りたたみ式の斧や超長距離狙撃用弾体加速装置が収納されてたりするロマン溢れるバイク。

●壬二銖(みずのえにしゅ)
東亜重工製の女性型の合成人間。お色気担当その1クールビューティーな女性だが、意外と短気。左腕は義手、しかもとっつきが仕込まれている。
さすが、二瓶先生!!
どこぞの某黒い剣士じゃない。造一を「造一兄さん」と呼び慕う。単行本にて裸を披露してくれた。が見る限り貧乳(ry


●ミズノエ・シン
二銖が駈る重二輪に搭載されている男性型AI。二銖のパートナーで愚痴をこぼしたり、感情に任せやすい二銖のなだめ役。


●丁五宇(ひのとごう)
東亜重工製の男性型の合成人間だが、登場が単行本巻末で、少ししかなく、挙げ句にヒグイデに頭が腹に至るまでめり込まれて死亡する。
ぶっちゃけ空気。
殺される直前にタイラを奪取したある物と一緒に脱出させた。


●ヒノト・タイラ
五宇が駈る重二輪に搭載されている女性型AIだが、単行本巻末にて、いきなりバイクを真っ二つにされ、五宇にある物と一緒に無理矢理脱出させれた。その後は回収してくれたコズロフと行動を共にする。
▲公衆衛生局(PHS)

▲ナレイン将軍
公衆衛生局を統轄するイカともタコにも見える怪人。強力な念動力(脳集波)の持ち主で、念じた物をねじ切る事が出来る。脳髄転写手術で合成人間に乗り替える。人間だったときは色黒金髪なナイスイケメン。


▲カーダル・スピンダル
全身を植物の根のような物で身を包んだ女性。第二のお色気担当。強力な念動力を持っており、造一を何度も退けるほど。因みに着けてない。鎖骨や二の腕、腋を晒してくださった。
二瓶先生ごちそうさまでした。


▲ヒグイデ
公衆衛生局の強制執行部隊(CEU)所属の巡回査察員。渋さに定評がある。詳細は項目にて。

公衆衛生局が擁する強制執行部隊、通称CEUに所属する巡回査察員。

インパクト有りまくる不気味なマスクに、鉈のような刀剣に鎖を付けて、タワシに見える分銅のような物を三つと、誰が見ても悪役にしか見えない風貌。

がそんな外見とは裏腹に、寡黙で職人気質、意外と律儀な性格。ついでに空気も読める渋メン。

タイラを追って、彼女を回収したコズロフを追い詰める。この時のここで壬二銖の放った弾丸で遠くまで落とされている。

この時戦っていたのは、通常運転している電車の上。この世界の電車が何キロ出てるか分からないが、撃ち落とされておきながら、何事もないように帰ってきている

彼女が雑魚を一掃したタイミングで、屋根を切り裂きながら突進。車両の前についた途端、屋根をぶち抜いて再登場、この時の格好良さは異常。因みに、傷は不意打ちされたマスクの焦げ痕くらい、色々吹っ飛んでいる。

出てくるタイミングを見計らい、放たれた最大加速弾を、読んでいたかのようにあっさり回避。お返しに剣を投擲、重二輪の爪を持っていき二銖の頭を掠めた。
その後は車両を切り離され、列車ごと置き去りされた。相当頭にきたらしく、青筋が浮かんでいる。脳内出血しかねないくらいに。

単行本巻末では、東亜重工のエージェント、丁五宇を殺害。この時、既に五宇の片手足をへし折っており、時間稼ぎのために瓦礫の下敷きにされている。

瓦礫の下敷きにされても、豪快に瓦礫をどけて、何事もないかのように平然としていた。

またタイラを搭載した重二輪を真っ二つにしている。作中を通してみても、復物主の世界になるまで東亜重工の重二輪や、彼らのスーツを通り越して内部にダメージを与えたのは、カーダルとヒグイデ、名無しの巡回査察員の三人のみ。

左断士官?避けて殴っただけですよ彼は。

本部から送られたイケメン達には冷たく、出会い頭に帰れ発言。身内以外には結構冷たいようだ。

対盤の際には、同じように片腕を無くして挑む辺り、彼の律儀さが伺える。対盤の時だけ、彼の貴重なエプロン姿が見れる。こっそり衣装チェンジもしてたり。

結果的に対盤には勝つが、イケメンの超加速した斬撃に胸まで切り裂かれた。対して彼は投擲で足を持っていき、切り裂かれるタイミングで、イケメンの頭
を斬り落とした。

肉を斬らせて、骨を断つとは言うが、些か斬らせ過ぎです。

DRF本部侵攻の際には、鎖は付けず、普通の刀剣に持ち変えている。また装備も騎士甲冑を思わせる物になっている。

何気にちょいちょい衣装を変えているあたり、オシャレさんである。

公衆衛生局のCEUが、次々と駆逐されていく中、単騎で黙々と戦い続けていた。男は背中で語るものなのか、ただの後ろ姿だけでも、かなりの格好良さが感じられる。

その後、DRFの小型飛行艦から撃ち落とされたニアルディに銃を向ける造一に加担する。

右断士官に対して

お前の相手は俺だ

の一言のみ。空気を読めるか読めないかの違い一つで、人とはここまで格好良く、渋くなれることを身を張って教えてくれたのだ。

そのまま右断士官と死闘を繰り広げていたが、渾身の一撃で首から先を、愛刀ごと砕いた。

だが、逆相写像重合体によって、変容していく胚珠に呑み込まれてしまった。

出番は終了かと思われたが、再生利用に定評のある弐瓶勉が、それで終わらさなかった。

復物主の世界にて、転送と言う形で再登場を果たした。
イヤークに落っこちてイルンゴルヌルカ姫の元に運ばれた。

ここで、不気味なマスクの下が遂に晒されたわけだが、まさかの渋メン。まさしくオッサンホイホイである。

成り行きでイヤークに滞在することになった彼は、あれこれ疑問に思っていたが、右腕が不可視になる怪現象が起こる。

普通は、気味悪いと遠縁するものだ。だがイルンゴルヌルカ姫は

「不可視だが、感触はあるぞ」
と、不気味がることもなく寛容な心で、ヒグイデさんのハートをキャッチ。

ハイスピードバトルにも定評のある弐瓶勉だが、セクロスへもハイスピードだった。

セクロス後もあって、不意を突かれて奇襲を許し怪我を負い、イルンゴルヌルカ姫も連れ拐われてしまう。

姫が交渉で自分の身代わりになったことを知ると、早速救出へ。臣下から剣と盾を渡され、ますます救世主ぽくなる。

そして発狂レンズのレーザーよりも速く動いてみせる。盾は途中で投げ捨てました。やはり守ると言う言葉は、彼の辞書には無いようだ。

あっさりとチャイドドリンの根城へ侵入し、姫にナニかしようとしていたチャイドドリンを、重機ごと根城を破壊。
しぶとく生きていたが、頭を踏み砕いて終了した。

救世主の如く、無双して姫もイヤークも救ってしまったヒグイデだったが、歓喜の声を聞かぬまま、不可視現象が全身に行き渡り、再び何処かへ転送されてしまった。

以後、行方不明となる……。ヒドイデ、作者………。

▲ウェルデンシュタイン博士
公衆衛生局付きの科学者。ナレインと対等に話しているため、同等の地位にいると思われる。しかし、緊急事態にも関わらず、試し撃ちで失敗して部隊を混乱させたり、脳髄転写の手順を間違えたりなどドジッ子。


▲覆面マスク
公衆衛生局の中間管理職的な立場の人達。指がドリルだったり、ネジ切られたり、露骨な死亡フラグ建てたりと忙しい方々。


▲公衆衛生局のCEU(セウ)
公衆衛生局の戦闘員。あからさまなヤラレキャラ。
ロックマンに出てきそうなヘリに似た無人戦闘機や、空母と可変戦闘機などを有する。


◇技術文化遺産復興財団(DRF)

◇ニアルディ
黒髪パッツンのうら若い美女だが、中身は世界第二位のBBAである。常識的な考えを持つが、やり方に問題が有りすぎた。


◇右断・左断吏官
ニアルディに付き従う甲冑を着込んだソックリさん。見分け方は左断吏官は普通の言葉で話せないだけ。左断吏官は造一に、右断吏官はヒグイデに敗れ死亡する。
◇巡回査察員の四人
本部のCEUから、公衆衛生局への増援と言う形で送り込まれた。本来の目的は公衆衛生局の監視だったが、一人は造一と交戦するが一発退場(造一を狙撃するも言葉通り一発で大丈夫)、大きい男と左目が肥大化した女は名前どころか、何も活躍も無しに強制退場(さすが二瓶先生!)。残るイケメンはヒグイデとの対盤で頭半分を斬り落とされて死亡した。因みにヒグイデにマトモなダメージを与えられたのは作中において彼だけである。


◇本部のCEU(セry)
差別化のため、若干の衣装チェンジがなされてるが、結局ヤラレ役。ロマン溢れる大型の可変式戦闘機や全身が刃で構成されたサイボーグなど、公衆衛生局のCEUにはない兵器を有する。だがヤラレ役である。大事な(ry


■地球に住んでる人々

■コズロフ
愛すべきバカもとい、クマ。人語を話せる。まさかのヒロイン。詳細は項目にて。
プーさん
■レーフの代理人
第一世代の合成人間、二百歳近いジジイ。元々はDRFの技術局に居たが、何らかの理由で離れた。新生した世界で、現地の女性と結ばれ子宝にも恵まれた。対価として以後の登場権を放棄した。


■イオン・グリーン
不老不死者。中盤まで重要な人物だったが、後半以降は空気と化した。


■リルオード
元凶の一人だが、完全に空気。不老不死者。


■レーフ
元凶の一人。リルオードへの愛から300年生き長らえた挙げ句、自身も不老不死者となってリルオードと再会を果たす。


◎復物主の人々

◎フニペーロ
ニアルディと現地の人間の間に、人工受精によって生まれた子。つまり百合で生まれた子。ニアルディと同じく、思念束を使える。赤ん坊の時から二足歩行しており、食べ物も殻ごとと言う某轟竜も真っ青な顎を持つ。


◎ヤー
英国の了解と言う意味ではない。フニペーロの母親で、復物主の世界における人間に定義される生物。最初から死亡フラグ全開だった。最後はくぱぁされてしまう。
◎イルンゴルヌルカ
イヤークを治める女王様。片腕が杖のようになっており、右足が無い。イヤークに飛来したヒグイデを救世主と見た。更には彼とギシアンした。羨まし(ry
最後は謎の怪現象で転送されたヒグイデと離別してしまう。


◎チャイドドリン
醜悪な姿の不死の怪人と言われてたが、ヒグイデにあっさり殺された。


◎イミグル族の娘
地球の人間とほぼ同じ姿を持つイミグル族は遺伝子情報の多様性を保つため、外部から訪れた旅人の男性に同族の女性をあてがって交配させる風習を持っている…
黒髪着物姿エロすぎ…
ちなみにイミグル族はカーダルの子孫ではないかと推測出来る。


◆復物主世界のDRF

◆ゲロルゼロの大男
巡回査察員。見た目は優男だが、ニアルディの弟子なだけに復物主の生物を操れる。フニペーロの怒りに触れ、串刺しにされたあと、造一のライダーキックで止めを刺される。名前を略してはいけない。


◆復物主世界のCEU
過剰な改造が施されており、高火力に重装甲にブースターまである。ヤーを連れ去った輩は身動き取れないところを襲われ、ドタマかち割られた。


◆派遣員の二人
DRFの命令で大陸留継索まで派遣されたデブとノッポ。ノッポは現地の女性とギシアンしてしまい、掟破りとして処刑された。デブは造一にフルボッコにされて閉鎖空間に幽閉された。良い奴等だったのに。





※復物主とは、イオン、リルオードから出される花粉(雄性)で、胚珠(雌性)が受粉することで発芽する特殊な植物のこと。逆相写像重合体によって吸収された物は、一つに纏められ、宿主の望むものを実現させる。

最も意思の強い人物によって願いが叶うと言うもの。つまり

これさえ有れば、我々の理想の世界を創造できる

紳士諸兄達の、歪ながらも紳士な想像もとい、妄想を現実に出来る素晴らしい物である。

オマケに胚珠と逆相写像重合体とイオン、リルオードが居れば、何度でも世界をやり直すことが出来る。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|