警察庁の『漫画・アニメ・ゲーム表現規制法』検討会問題まとめ @Wik テンプレ(3)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

●2chVIP板でまとめられた論点・資料などのテンプレ集、その3です。

【まとめwikiサイト】(ケータイOKだから必ず読む事。特に研究会メンバーの実情、情報公開のやり方など。)
■警察庁の『漫画・アニメ・ゲーム表現規制法』検討会問題まとめ @Wik http://www11.atwiki.jp/stop_kisei/


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/05/04(木) 01:45:19.60 ID:RQqbnWFy0
●去年、最終的にアニメ・ゲームが原因だった事件はありましたか?
●警察が「君、アニメ見たりゲームしてたよね?それが影響したんじゃない?違うかな?」と聞いたら、容疑者は最初は「そうかも?!」と答える。
●『聞かれたら人は答えるもの。特に曖昧に取れる答え方「そうかも?!」と。』

●しかし、裁判が始まると検察から『本当は別の理由だった事が判明』する。

●『この繰り返し。』
 しかし、マスコミは最初の部分しか報道しない。何故ならその後を報道してもセンセーショナルじゃない為に視聴率取れないから。
●推薦図書の様に推薦アニメ・ゲームをした方が建設的。規制からは何も解決しないし税金のムダ。第一、活字は残虐でも犯罪小説でも規制されない。ただ規制しようと考える人・団体はアニメ・ゲームが理解不能だから、こういう建設的発想も出来ないのだろう。

● TVやゲームを買うお金を与えているのは子供ではなく親。親が時間がない為に、TV・ゲームに親との時間の代わりをさせている。

● 『規制しようとする大人は、最初から有害と判断するという目的がある為に、思い込みになり、どんな番組・ソフトでも粗=気に入らない部分が目に付き、=有害だと判断し易い。』
 『人の目的による思い込みとはそういうもの。理解しようという心構えがない。』


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/05/04(木) 01:45:35.51 ID:RQqbnWFy0
【人殺しなどはアニメ・ゲームではなく感情により起きる】
● 『メディアリテラシーや何かの情報に触れた時の対応の仕方を覚えた方が建設的。』
● インターネットでフィルターソフトを使用しても必ず有害情報には触れてしまう。しかし子供達は何度かやるうちに『免疫・経験』をつけ、『情報への対処の仕方やメディアリテラシーを自ら身に付ける。』
● 同様な事はアニメ・ゲームに対しても起きる。規制しようとする大人はアニメ・ゲームはやっていない為に理解不能だろうが。

● 忘れてはいけないが、『人殺しなどは感情・倫理の問題で、アニメ・ゲームではなく、感情により殺人などは起きる。
 感情・倫理は人間関係などで築かれる。そして感情が傷つくのもアニメ・ゲームではなく、現実世界の人間関係に起因するものだという事を。』
● 『子供の感情は幼少からの親のしつけにより育まれる。しつけにより我慢・忍耐などを子供なりに理解し感情を育んでいく。』
 今の親は包み込む=甘やかしが多くありませんか?『子供に嫌われたくないや、良い親でありたいなどという自己満足の理由で。』
【保護のあり方を間違えてる。重要なのはメディアリテラシーという名の鎧】
■『やはり免疫は必要で、それは隔離していたら得られない。有害なのもに接し、それが有害であることを判断し、自ら避けるべきものであることを身につけられなかったら成長してから本人が不幸だろう。』
 『子供に用意してやるものは、無菌室ではなくて有害なものを跳ね返す鎧・メディアリテラシー。』
 それが出来ないから無菌室に閉じ込めるのは、子供の為にではなく、『単に親の自分自身のエゴと怠慢にすぎない。』
■『物事の本質を見分ける目・メディアリテラシーを持て。そして親子の触れ合いで子供にそれを伝え持たせるべき。』
 なにより『TV番組が子供に悪影響があると騒ぐ前に、自分達が親としてそれ以上の影響を子供に与えられない事を恥じるべき。』
 TV番組の影響の方が、親の影響よりも強いんでしょうか?
 子供がくれしんの真似をするのは親にかまってもらいたいという『子供なりに親とコミュニケーションがとりたい現れ。』喜びを親子で共有し子供の精神的な成長を促す。
 反体制で左な番組の方がよっぽど子供に悪影響がある。


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/05/04(木) 01:45:51.88 ID:RQqbnWFy0
【保護のあり方を間違えてる。重要なのはメディアリテラシーという名の鎧】
■『やはり免疫は必要で、それは隔離していたら得られない。有害なのもに接し、それが有害であることを判断し、自ら避けるべきものであることを身につけられなかったら成長してから本人が不幸だろう。』
 『子供に用意してやるものは、無菌室ではなくて有害なものを跳ね返す鎧・メディアリテラシー。』
 それが出来ないから無菌室に閉じ込めるのは、子供の為にではなく、『単に親の自分自身のエゴと怠慢にすぎない。』
■『物事の本質を見分ける目・メディアリテラシーを持て。そして親子の触れ合いで子供にそれを伝え持たせるべき。』
 なにより『TV番組が子供に悪影響があると騒ぐ前に、自分達が親としてそれ以上の影響を子供に与えられない事を恥じるべき。』
 TV番組の影響の方が、親の影響よりも強いんでしょうか?
 子供がくれしんの真似をするのは親にかまってもらいたいという『子供なりに親とコミュニケーションがとりたい現れ。』喜びを親子で共有し子供の精神的な成長を促す。
■反体制で左な番組の方がよっぽど子供に悪影響がある。
■それなら昔の中高ドラマの影響が酷い。
 『中高になれば不良みたいな事しても良い、もしくはした方がカッコイイみたいなイメージを広め』、ある意味『免罪符を中高生に与えてしまった』。
■また、TVで現在進行形でタレ流している『一人をいじめてみんなで笑うタイプのバラエティ番組の影響』をはかるべき。というか放送を止めるべき。


見出しに戻る。