※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

525名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/18(火) 21:26:26.46 ID:RZC6cG2Q0
僕は一人でした。
いつも一人でした。

パパは赴任先で若い女と仲良くしてるってママが言ってました。
だからママもいつも家にいないらしいです。

学校でも誰も僕には話しかけません。
先生もです。
きっと僕は喋ってはいけないんだと思ったので自分から話しかけたり、授業で発言したりもしませんでした。
同じクラスに虐められてる子がいました。
不良にお金を取られたりしてました。
僕は、虐められてる子の事が少しだけ羨ましかったです。
いつも誰かから話しかけられて触れられて羨ましかったです。
きっとその子は虐められる事は辛かっただろうけど、寂しくはなかったと思います。
僕は誰とも喋らないのでいつも寂しかったです。



527名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/18(火) 21:26:52.31 ID:RZC6cG2Q0
ときどき、自分は幽霊なんじゃないかと思います。
皆は僕の事が見えないから話しかけないんじゃないかと思います。
家に誰もいないのも、本当は家族は皆引越していて僕は幽霊だから一緒に新しい家には行けずに一人でいるんじゃないかと思います。
でも僕は物に触れる事が出来るし、足もあるのて多分幽霊ではないと思います。

もし、リンカーネーションがあるなら僕は、次はペットショップで売られている子犬になりたいです。
優しい家庭に買われて、子供と遊んだり、優しく撫でられたりしたいです。

死にたいと思った事はありました。
だけど、死ぬのは生きているより怖いので止めました。
それに僕は背が低いのでロープを天井に結べないし、ロープがどこに売っているかも解りませんでした。
力も強くないのでロープを結ぶ事も出来ないと思います。
寂しいけど、死にたくないです。


797名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/19(水) 18:49:43.16 ID:9foym0OX0
いきなり行くぜー
 >>527の続き。


その日、虐められてる子は学校に来ませんでした。
不良の子達は怒っていましたが、すぐに別の事で楽しそうにしてました。

その子は虐められている間いつも辛そうな顔をしていました。
殴られたり、恥ずかしい事をさせられたり、お金を取られたりするのは辛いかも知れませんが、その子が虐められるとクラスの皆は笑うので僕は羨ましいと思っていました。
もし僕が虐められていたら、子犬のように大喜びするのに何で僕を虐めてくれないのか悔しかったです。


798名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/19(水) 18:50:08.47 ID:9foym0OX0
教室でその子を裸で立たせて、鋏でその子の髪の毛を切った時、先生は不良の子に「学校で髪を切ってはいけません」と言いました。
先生が教室を出て行った後、不良の子は「お前のせいで怒られた」とその子を殴って、掃除をさせました。
クラスの皆はとても楽しそうに笑っていました。
その子が裸にされた時、女の子は顔を赤くして笑っていました。
その時が一番羨ましかったです。
799名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/19(水) 18:50:33.81 ID:9foym0OX0
その子が学校に来なかった日、朝の会で先生は「○○君が昨日から帰っていないそうです。○○君のお父さんとお母さん、それと警察で○○君を探しています。昨日の放課後○○君を見た人が居たら先生に教えて下さい。」と言ってました。
僕はその子が何処に行ったか知っていたけど、喋っちゃいけないと思ったので先生には言いませんでした。

先生が教室を出て行った後、その子の次に虐められるのは誰にするかをクラス皆で決めていました。
やっぱり僕にはなりませんでしたし、誰にするかも聞かれませんでした。



881名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/19(水) 22:39:12.82 ID:eIjwxrau0
変なタイミングで悪いが、続きを書いてみた。
ので強引に投下w





次に虐められる事になったのは女の子でした。
その女の子は学級委員で、成績が良くて、綺麗な声をした子でした。
その子は、その日一日青い顔をして授業も上の空でした。
けれど、学校が終わる午後までは誰もその子を虐めませんでした。

放課後、不良の子の提案で帰りの会の後、皆で残りました。
僕は帰ろうと思ったのですが、教室の鍵を閉められてしまい「帰る」と言い出せない(そもそも僕は喋ってはいけないので)で終わるまで教室の端で見ていました。



882名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/19(水) 22:39:37.80 ID:eIjwxrau0
その子は服を全部脱がされて、不良の子のちんちんを咥えさせられたり、女の子に体を蹴られたりしました。
やっぱりその子も凄く辛そうな顔をしていて、何で僕を虐めてくれないのかと悲しい気分になりました。

皆、虐められるその子を見てとても楽しそうに笑っていました。
特に女の子は本当に嬉しそうでした。
皆に見られ触れられ笑顔を向けられるその子は確かにその時、その場所に居ました。けれど、誰からも見られず触れられず話しかけられない僕はその時、その場に居ない事と同じだと思いました。



883名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/19(水) 22:40:03.33 ID:eIjwxrau0
1時間程すると不良の子が「先生に見つかる前に帰る」と言って皆は帰りました。
なんとなく僕は最後に教室を出た方が良い気がしたので皆が出るのを待ちました。
虐められていた子は裸のまま床に座って帰ろうとしてくれません。
僕は、その子より先に帰るべきか待つべきか困りました。


その時でした
その子は
僕を
見たのです。

確かに僕の目を見たのです。


その時、僕はそこに確かに居ました。
もぉ1年以上も何処にも居なかった僕が、そこに居たのです。



884名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/19(水) 22:40:27.18 ID:eIjwxrau0
その子はとても怖い顔で僕を見ていましたが、僕は感動の余り言葉を失って、ただ立ち尽くしていました。
涙が溢れていました。
心の底から渇望していた物を得られた瞬間でした。


「・・あんたのせいだ・・・。

   ・・・あんたが・・・あんたが・・・・○○君を殺したせいだ!」


その子の言葉でした。
僕に向けられた言葉でした。
体中の力が抜けて、膝をついて声を出して泣きました。
もう二度と手に入れる事はないと思っていた、言葉をかけてもらえた。
僕の心はその子に満たされました。

やっぱり、僕のした事は間違えていなかった!



続くw


312名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/21(金) 00:52:19.01 ID:HfFDvkvt0
あの日から僕の世界は、これまでの世界とは全く違う物になりました。
世界が色や温度を帯びて、まるで世界が僕を賛美しているような気させしました。

世界はこんなにも美しい物だったのか!!ハレルヤ!!


あの日、僕に甘美な呪詛を唄った女の子、△△さんは僕を殴りも、それ以上罵りもせず静かに服を着、荷物をまとめました。
△△さんの服も荷物も汚れてしまっていましたが、僕はそんな△△さんをとても綺麗だと思いました。
そして△△さんは、泣き崩れたままの僕の手を引き立たせ、僕に言いました。



313名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/21(金) 00:52:45.66 ID:HfFDvkvt0
「○○君をあんたが殺した事をバラされたくなければ私に協力しなさい。」

僕は○○君の事をバラされてもいいと思いましたが、断りませんでした。断れませんでした。
△△さんは世界中で唯一人僕を見つけられる人です。
△△さんとの繋がりが無くなる事は、さっきまでの暗闇の中に戻る事。僕には出来ませんでした。

△△さんに手を引かれ学校を出ました。手を繋いで歩くのは少し恥ずかしかったけど、△△さんの手は暖かく、とても離す事など出来ませんでした。
校門を出た所で△△さんは言いました。

「これからあんたの家に行くわ。案内しなさい。」



314名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/21(金) 00:53:25.29 ID:HfFDvkvt0
僕に家までの道のりも△△さんは手を繋いだままでした。
家に着くと△△さんは僕に沢山の質問を浴びせました。

「へぇ・・大きいお家ね。あんたん家お金持ちなの?」

        (わかりません・・・・)

「ご両親は?共働きなのかしら?」

        (パパもママもほとんど家に帰りません・・・)

「何よコレ・・汚いわね。掃除してないの?」

        (リビングと台所と僕の部屋だけしか・・・)

「ちょっと。お茶ぐらいだしなさいよ。ノロマ。」

        (ごめんなさい・・・)

僕は久しぶりに喋ったので上手に喋れず、少しづつしか答えられませんでしたが、△△さんは別に気にしていないようでした。
△△さんの質問が終わり、僕は大人しく黙っていました。



315名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/21(金) 00:53:50.00 ID:HfFDvkvt0
すると△△さんはこう言ったんです。

「何であんた喋らないの?」

(え・・・・?)

「何に協力するのか?とか聞かないんだね。」

(あ・・え・・えっと・・・何に協力すればいいんですか?)

「はっ・・ほんとに愚図ね・・・あんたで大丈夫なのか不安になってきたわ。」

(・・あ・・・ぅ・・・ごめんなさい・・・・)

「いいわ。本題に入りましょう。」

(・・はい。)

△△さんの話は要約すると
 ・不良の子達に復讐したい。
 ・△△さんに投票(誰を虐めるか決めた時に)した女の子たちにも復讐したい。
 ・そもそも虐めを見て見ぬふりをしている先生も悪い。先生にも痛い目見せてやりたい。
といった事でした。



316名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/21(金) 00:54:21.97 ID:HfFDvkvt0
(で、でも・・僕・・・何もできません・・・)

「いいのよ。あんたは私の言う通りに動いていればそれでいい。」

(はい・・・)

「先ずはその暗い喋り方を何とかしてくれない?気分が悪いわ。」

(・・ごめんなさい・・・)

「だからそれが嫌だって言ってるのよ!!」

(・・・ごめんなさい・・・)

「言っても無駄みたいね。まぁいいわ。あんたの部屋は?」

(・・え?)

「あんたの部屋よ。案内しなさい。」

(あ・・は、はい・・・)

僕の部屋は机とベッドしかないので普段は寝る時しか使っていません。
△△さんが見ても面白い物なんて何もないので△△さんが部屋に行きたがるのが不思議でした。



317名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/21(金) 00:54:46.78 ID:HfFDvkvt0
(あ、あの・・・)

「ふーん。何もないわね。」

(・・はい・・・寝る時しか・・使ってません・・・)

「そう。○○君の死体でも隠してあると思ったんだけど・・・なさそうね。」

(・・はい・・・○○君は・・そのまま置いてきちゃって・・・)

「はぁ?見付かったらどうするの!全く・・本当に使えないわね。」

(・・・ごめんなさい・・でも・・・あの時は別に・・・見付かってもいいと思ってて・・・)

「ダメよ。見付かってあんたが捕まったら私が困るから。明日にでも処分しに行くわ。」

(はい・・・。)

その日、△△さんは家に帰りませんでした。
家に「■■ちゃんの家で夕飯をご馳走になった。そのまま泊まる。」と電話をし、僕とコンビニで買った弁当を食べ、僕と同じベッドで寝ました。




732名前: 13 ◆5GBapmFDjc 投稿日: 2006/04/21(金) 23:04:02.56 ID:ol5pTjeQ0
いっくぞー
内容がどーあれ何食わぬ顔して雑談つづけろよぉ?
レス止まると不安なんだwwww




朝、目が覚めると△△さんは居ませんでした。
昨日までの事は夢だったのかも知れません。
僕を見る人、僕に話しかける人、僕に触れる人、僕に手を差し伸べる人など、そもそも居るはずもなく絵空事でしかないとしても不思議ではないと思います。
僕はそうやって生きてきて、これからも生きて行くのが当たり前だと自然に思っていました。

「いつまでボーっとしてんのよ。さっさと支度しなさい。」

(・・え、あ・・学校・・・)

「何よ。行くわよ?学校。」

(でも・・・また・・・)

「あんなクズどもに負けるなんて絶対に嫌。はやく支度しなさいよ。」

(・・はい・・・)

夢ではありませんでした。



733名前: 13 ◆5GBapmFDjc 投稿日: 2006/04/21(金) 23:04:28.80 ID:ol5pTjeQ0
△△さんへの虐めは本格的な物になりました。
朝から不良の子達に囲まれて殴られていました。
虐められている間、△△さんは僕を睨み続けました。
でも、△△さんは、僕が○○君を殺した事を恨んではいないと思いました。
それよりも、僕が愚鈍なせいですぐに計画に移れない事を怒っているんだと思います。
それでも僕は視線を向けてもらえる事が幸せでした。
△△さんへの虐めがなくなってしまっては僕はまた誰からも目を向けてもらえない、誰からも話しかけられない、誰からも触れられない時へ戻らなくてはならないかと不安になりました。
でも、△△さんに協力しないと結局は同じです。
だから僕は、不良の子に虐めを止めさせずに△△さんに協力しなくてはならないんだと思います。
凄く難しいと思うけど、頑張ろうと思います。
こんなにも何かを頑張ろうと思ったのは始めてでした。
何かを頑張ろうと思うのは、凄く気持ちがいい事なんだと知りました。



734名前: 13 ◆5GBapmFDjc 投稿日: 2006/04/21(金) 23:04:53.42 ID:ol5pTjeQ0
この日の放課後も△△さんは沢山酷い事をされました。
不良の子は、裸にさせた△△さんの胸に鉛筆で自分の名前を彫りました。
血が出てて痛いだろうに我慢する△△さんはとても綺麗だと思いましたが、△△さんの体に不良の子の名前が刻まれた事に腹が立ちました。
それでも僕は教室の一番後ろで大人しく△△さんに睨まれていました。

また同じように不良の子の号令で皆は帰りました。
僕は皆が教室を出るのを待って△△さんに服を差し出しました。

「・・・あんた・・何、笑ってるのよ・・・」

(・・え・・ぼ、僕・・笑ってなんか・・・)

「気付いてないの?・・ふん。最低ね。」

(・・ごめんなさい・・・)

昨日より更に汚れた△△さんと、何も出来ない僕は手を繋いで僕の家へ帰りました。
怒っているはずの△△さんが何故僕と手を繋いでくれるのか不思議でしたが、△△さんの手はとても冷たく、震えていたので僕は聞けませんでした。




735名前: 13 ◆5GBapmFDjc 投稿日: 2006/04/21(金) 23:05:18.26 ID:ol5pTjeQ0
家に着くと△△さんはお風呂に入りました。
その間に僕は○○君を片付けに行く支度をしました。
何を持っていけば良いか解らなかったのでとりあえず懐中電灯とビニール袋を数枚リュックに詰め込みました。
お風呂から上がった△△さんはドライヤーで髪を乾かしながら僕にノコギリかナタ、それとロープとペンチとトンカチを用意しろと言いました。
僕は自分が失敗したら△△さんを失ってしまうと思い、必死で荷造りをしていました。


○○君を片付けた後、△△さんは家に帰りました。
僕はもっと△△さんと一緒に居たかったけど、帰ってやらなくてはならない事もあったし、△△さんへの虐めを止めさせない為にはどうしたら良いかを考えたかったので△△さんが「帰る」と言った事に少しだけ安堵しました。

△△さんとの事で気分が高揚していた僕は、久しぶりに料理をして一人でご飯を食べました。
とても美味しく出来たのでママの分も残しておきました。
僕が登校した後に少しだけ帰ってくる事があるので食べてもらえるかも知れません。
ひょっとしたら、美味しかったと褒めてもらえるかも知れません。
その時僕は、何をやっても上手くいくような気がしていました。


54名前: 13 ◆5GBapmFDjc 投稿日: 2006/04/22(土) 21:40:04.37 ID:PEaHJ9d60
いきなりいくぜー


目が覚めると一人でした。
△△さんとの事はきっと夢で、本当は相も変わらず僕の世界には僕以外の人間は居ないはずです。
僕はイケナイ子だから、△△さんと・・・他人と関わる事は許されないんです。

朝ご飯にシリアルを食べようとリビングへ降りると、テーブルの上にはお皿に乗った唐揚げが在りました。
どうやら昨日までの事は現実だったようです。
僕の気分は再び高揚し、僕の世界は色を取り戻しました。

昨日作った料理は、落ち着いて見てみれば形は変だし、爪が剥がし切れていないし、何だか変な匂いがするし・・・こんな物をママに見付かったらきっと叱られてしまうと思い捨てました。
また今度、ちゃんとした料理をママに作ろうと思いました。



55名前: 13 ◆5GBapmFDjc 投稿日: 2006/04/22(土) 21:40:29.94 ID:PEaHJ9d60
昨晩着ていた服はとても汚れてしまっていて、洗濯しても汚れは落ちそうになかったので捨てる事にしました。
パパやママが僕を見てくれない、一緒に居てくれないのは僕がこの洋服のように汚れてしまっているからなのかも知れないなと思いました。

きっと今日も△△さんは虐められるし、虐められている間△△さんの視線を浴びられると思うと学校への道程も苦じゃありませんでした。
唄いだしてしまいそうな程に高ぶった気持ちを抑えるのが大変だった程です。



この日も△△さんは沢山酷い事をされ、その分僕を睨んでくれました。
もう僕はこの為だけに生きているんだと核心しました。
△△さんとの繋がりを失ってしまったら僕は消えてしまうでしょう。
サラサラと消えてしまんです。



56名前: 13 ◆5GBapmFDjc 投稿日: 2006/04/22(土) 21:40:55.08 ID:PEaHJ9d60
放課後いつものように服を着、荷物をまとめた△△さんと手を繋ぎ歩いていると△△さんは言いました。

「今日は■■達を片付けるわ。」

(え・・も、もう?)

「何を言ってるの?遅いぐらいよ。」

(そう・・・このまま行くの?)

「一度あんたの家に行くわ。手ぶらじゃどうしようもないでしょ?」

(そうなの?)

「そうよ。○○君みたく置いておくわけにはいかないの。」

(そっか・・・)

家に着くと△△さんはテキパキと支度をしました。
持って行くのは昨晩とほとんど同じ物だったのですぐに済みました。



57名前: 13 ◆5GBapmFDjc 投稿日: 2006/04/22(土) 21:41:20.94 ID:PEaHJ9d60
「お茶を入れて頂戴。」

(あ・・・うん・・。)

「ふぅ・・今日、■■共は塾があるからその帰りを待ち伏せするわ。」

(待ち伏せてどうするの?)

「そんなの自分で考えなさいよ。」

(え・・・ぼ、僕がやるの?)

「当たり前でしょ?私はあんな汚い物に触りたくないもの。」

(そんな・・・)

「何か言った?」

(・・ごめんなさい・・・)

「そうねぇ・・・上手に出来たらご褒美を上げるわ。がんばんなさい。」

(・・ご褒美?)

「そう。ご褒美。」

△△さんはとても楽しそうでした。



58名前: 13 ◆5GBapmFDjc 投稿日: 2006/04/22(土) 21:41:45.28 ID:PEaHJ9d60
塾から出てきた■■さん達は、一人で歩く△△さんを呼び止めました。

「あら、△△さんじゃない。」

「あ・・・コンバンワ。」

「こんな所で一人で何をしてるの?」

「ママにお買い物を頼まれて・・・」

「そう。大変ね。」

そういうと■■さんは△△さんが持っているビニールの袋を奪い取り中身をぶち撒けました。

「何するの!?やめて!」

「アハハハハハハハ!やめてだってー!どうするぅ?」

「ひ、ひどい・・・」

「酷くなんてないわ。いつも済ましちゃって前から気に入らなかったのよ!」


59名前: 13 ◆5GBapmFDjc 投稿日: 2006/04/22(土) 21:42:09.14 ID:PEaHJ9d60
ぶち撒けられた中身を拾い集める△△さんを■■さんは蹴りました。
△△さんは蹴られながらも何とか中身をビニールの袋に戻し走りました。
案の定■■さん達は「待ちなさいよ!」と△△さんを追いかけました。


僕の待つ空家へ逃げ込んだ△△さんは「来るわよ」と僕に言い、その場にへたり込んでしまいました。
僕は△△さんに水の入ったペットボトルを渡し、■■さん達を待ち構えます。
○○君は僕に気付いていなかったので楽でしたが、今度は僕に気付いてしまうだろうし、一人じゃないので大変です。
それでも僕は、上手くやってご褒美をもらいたいので頑張りました。

■■さん達はすぐに来ました。

「ちょっと!△△!どこに行ったの!出てきなさい!!」

電気は着いていないので■■さん達は僕に気付いていないようです。
足音を立てないように注意しながら■■さん達に近づき、バットで■■さんを殴りました。
思い切り殴りました。
他の人は何が起こったのか解っていない風にキョトンとしていたので、僕はもう一人殴りました。
最後の一人がようやく気付いて「ヒッ」と短く鳴きましたが、何とか大声を出される前に殴れました。

60名前: 13 ◆5GBapmFDjc 投稿日: 2006/04/22(土) 21:42:33.86 ID:PEaHJ9d60
多分、気を失っているだけなので念入りに殴りました。
お腹の辺りを殴ると変な声を出して気持ち悪かったです。
その後は、○○君の時と同じように片付けをして△△さんと二人、手を繋いで僕の家へ帰りました。

「よく出来ました。後でご褒美をあげるわ。」

そう言って△△さんはお風呂に入りました。


431名前: たけし ◆5GBapmFDjc 投稿日: 2006/04/24(月) 00:16:40.87 ID:fiYbSopJ0
△△さんはお風呂から上がると、ドライヤーで髪を乾かしながら僕に言いました。

「何してるの?早くあんたもお風呂入っちゃいなさいよ。」

(え?お風呂?)

「そうよ。あーそれと、血は水で流してから入りなさいね。温めると落ちなくなるらしいわ。」

(あ・・う、うん。)

何が何だか解らないまま言われたとおりに血を落としてお風呂に入りました。
あんな事の後だったせいか、凄く気持ちよかったです。
お風呂から上がり、牛乳を飲みながらリビングへ戻ると△△さんはテレビを見ていました。


433名前: たけし ◆5GBapmFDjc 投稿日: 2006/04/24(月) 00:17:06.38 ID:fiYbSopJ0
「・・・あがったの?随分ゆっくりだったわね。」

(うん・・ごめんなさい・・。)

「いちいち謝らなくていいわ。」

(うん・・。)

「それじゃ、あんたの部屋に行きましょうか。」

(え?僕の部屋?)

「そうよ。いらないの?ご褒美。」

(いる・・。いります・・・。)

「ほら。さっさと行くわよ。」

(う、うん。)

何だか△△さんは楽しそうなんだけど、教室で見ていた「楽しそうな顔」とはどこか違うように感じました。
僕の部屋に入ると△△さんはベッドに座り言いました。

434名前: たけし ◆5GBapmFDjc 投稿日: 2006/04/24(月) 00:17:32.14 ID:fiYbSopJ0
「いらっしゃい。ここに立って。」

(・・ここ?)

「もぉ一歩前に出て頂戴。そう。それでいいわ。」

言うと△△さんは僕のパジャマのズボンをパンツごと引き落とし、僕のちんちんを咥えました。
これが△△さんの言うご褒美らしいのですが、僕はちっとも嬉しくなくて、がっかりしてしまいました。
教室で不良の子達にさせられていた事をそのまま僕にしてくれても嬉しくありません。
僕は、こんな事をされる為に頑張ったんじゃないんです。

(あ、あの・・・やめて・・もらえる?)

「プハ、何よ。嫌なの?」

(う、うん・・・。)

「××(不良の子)なんかは大喜びだったわよ?」

(ぼ、僕はあいつらとは違う!)

「何・・・怒ってるの?珍しいわね・・・。」

(あ・・・ご、ごめん・・・)

「ま、嫌だって言うなら無理にとは言わないわ。」

(うん・・ごめんね・・・)

435名前: たけし ◆5GBapmFDjc 投稿日: 2006/04/24(月) 00:17:57.63 ID:fiYbSopJ0
「で・・さ、■■なんかの見てたら私ちょっと興奮しちゃったみたい・・なのよね。」

(・・・え?)

「だからさ、私の・・・舐めてくれない?」

(・・え・・・で、でも・・・)

「はい。お願い。」

そう言って△△さんも下半身を顕にしてベッドに横になってしまいました。
何だか今日の△△さんは、僕が思っていた△△さんとは少し違っていて、僕は少しだけ怖くなってしまいましたが、△△さんが何かを望むなら僕はそれが何であっても応えたいと思っていたので従いました。
20分ほど△△さんに言われるままにしていると△△さんは突然ビクッとして、そのまま寝てしまいました。
結局、僕は△△さんから何も与えてもらえないままでした。
けど、△△さんに復讐以外で必要としてもらえた事は凄く嬉しくて、もしかしたら虐めが終わってしまっても一緒に居られるのかも知れないと馬鹿みたいな事を思ってしまいました。

僕はとても疲れていたので、△△さんを布団に入れてそのまま泥のように寝てしまいました。


626名前: たけし ◆5GBapmFDjc 投稿日: 2006/04/24(月) 18:46:47.62 ID:fiYbSopJ0
いくっすー



目が覚めると、△△さんが半裸(下半身が裸なので逆半裸とでも言いましょうか・・・)だったのでビックリしました。
朦朧とする頭で昨晩の事を何とか思い出し、△△さんを起こしました。

(△△さん・・遅刻しちゃうよ・・・)

「ん・・うぅ・・・。」

(・・・起きた?)

「私・・あぁ、そっか。昨晩は有難うね。」

(ううん。それより早くしないと・・・)

「そうね・・・。何だか面倒だけど・・・行くわ。学校。」

(・・・うん。)

途中まで手を繋いで登校し、途中で解散して、教室には時間差で入りました。
当たり前だけど■■さん達は来ません。
○○君のこともあってか、一部の子達は不安がっていました。



627名前: たけし ◆5GBapmFDjc 投稿日: 2006/04/24(月) 18:47:11.42 ID:fiYbSopJ0
朝の会で先生は「今度は■■さん達が帰っていないそうです。○○君もまだ見付かっていません。皆さん放課後はなるべく誰かと一緒に、一人にならないように直ぐに帰るようにして下さい。」と言っていました。
多分、近所の家の人達も警戒し始めているはずです。後は不良の子達と先生・・・。
僕は、最後までちゃんと上手く出来るか不安になってしまいました。
△△さんも不安になったようで、ちょっと怖い顔をして先生の話を聞いていました。

この日は■■さん達が居ないせいか、△△さんへの虐めは少しだけでした。
放課後も、先生の言い付けを守って△△さんを虐めないで皆帰りました。
△△さんが虐められる姿を見れなくて僕はスッキリしない気分になってしまいましたが、△△さんと喋ったり、触れ合ったり出来る時間が増えたので良しとします。



628名前: たけし ◆5GBapmFDjc 投稿日: 2006/04/24(月) 18:47:35.58 ID:fiYbSopJ0
いつも通り二人で手を繋ぎ、僕の家へ帰ると突然△△さんに殴られました。

(・・!・・・な、何するの・・?)

「うるさいわね!何でもいいでしょ!!?」

(・・ごめん・・・)

「あーもー!!これじゃぁ残りのヤツらに手を出せないじゃない!!」

(・・・うん・・そうだね・・・・。)

「そうだねじゃないわよ!!何か考えなさいよ愚図!!」

(ごめん・・・)

「・・・・はぁ・・・ちょっと、家に電話してくるわ・・・。」

(うん・・・)

そう言って△△さんはリビングを出ていきました。
僕は△△さんに殴られて、異様に興奮してしまっていました。
こんなにも直接的に、強烈に△△さんを感じられたのは初めてで、今ここに△△さんと僕が二人で居るという事がとにかく堪らなく興奮しました。



629名前: たけし ◆5GBapmFDjc 投稿日: 2006/04/24(月) 18:47:59.29 ID:fiYbSopJ0
「あーもぉ!!ほんと嫌になる!!!」

(どうしたの?)

「昨日黙って泊まったから怒られたわ。今日は帰らなくちゃいけないみたいね。」

(あ・・そう・・・。)

「・・何、寂しいの?」

(・・べ、別に・・・そんなんじゃ・・・)

「あ、そ。まぁあんたが寂しがろうが何だろうが今日は帰るわ。」

(うん・・・。)

「8時には帰るって言っておいたからまだ少し時間あるわね。」

(うん・・・ご飯でも食べる?)

「家で用意してると思うから遠慮するわ。それより・・・」

(な、何?)

「昨日の。またして頂戴。」

そう言うと△△さんはスカートの中の下着を脱ぎ捨てソファーに座りました。
僕は言われるままにまた、△△さんの足元に膝を着き、頭を抱えられながら△△さんの股を舐めました。



630名前: たけし ◆5GBapmFDjc 投稿日: 2006/04/24(月) 18:48:25.28 ID:fiYbSopJ0
また20分ほどしていると△△さんは満足気に「ありがと。」と言うとお風呂に入りました。
僕は口の中が嫌な感じだったのでうがいをして、二人分のお茶を用意して、テレビを見て△△さんを待ちました。
ニュースを見ていましたが、○○君や■■さん達の事はまだニュースにはなっていませんでした。

お風呂から上がった△△さんは「あんたのも舐める?」と聞いてきましたが、僕は断りました。
でも折角だったので一発殴ってもらいました。
△△さんは「あんた・・・本当に変態ね・・・。」と呆れてましたが、僕は凄く良い気分になりました。

△△さんは「じゃぁ、どうやるかちゃんと考えておくのよ?」と言い残し帰りました。

△△さんに殴られた所が、ちゃんと痣になって残るといいなぁ・・・。


6名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/25(火) 21:40:08.43 ID:rhijZz810
わーい
新スレ投下一番乗りぃーーー



「どうやるか考えた?」

学校が終わった後、僕の家での△△さんの一言目はこれでした。
しかし、案の定学校で対策を練り初めてしまい、登下校は集団で、しかも先生や近隣の住人が同伴する事になりました。
僕は、近所の住民達に気持ち悪がられているので声をかけられる事はありませんでしたが、△△さんは近所の住民達に声をかけられ「コンニチハ。」等と愛想良く挨拶していました。
きっと今回の事件で「なるべく子供に声をかけて下さい。」等と連絡があったのでしょう。

7名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/25(火) 21:40:32.30 ID:rhijZz810
不良の子をどうするかが問題でした。
先生は、きっと△△さんが呼べば一人で出てきます。
けれど、不良の子はそうはいかないと思います。
出て来てくれたとしても一人で来る事はないでしょう。
誰かしらと来て、△△さんを虐めようと考えるはずです・・・。
しかし、先に先生をと言うのは難しく思います。
ひょっとしたら、僕が先生に殺されてしまうかも知れません。
そうなったら不良の子を残したままになってしまうので、△△さんも納得しないでしょう。

8名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/25(火) 21:40:56.38 ID:rhijZz810
考えあぐねて僕が出した提案はこれでした。

(ちょっと・・待ってみない?)

「は?ちょっとどれぐらいよ?」

(騒ぎが収まるまで・・・。)

「何言ってるの?○○君や■■は片付けたと言っても見付からない保障はないのよ?見付かっちゃったらあんた捕まっちゃって残りのヤツらに何も出来なくなっちゃうじゃない。」

(あ・・・うん・・・。)

「ちゃんと考えてよ。」

(ごめん・・・。)

「まぁいいわ。焦っても仕方ないのも事実ね。」

(え?)

「この警戒の中で動くのは無理よ。だから少し待つわ。」

(え・・・で、でも・・・。)

「大丈夫よ。見付からない保障はないけど、そう簡単には見付からないわ。」

(うん・・。)

9名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/25(火) 21:41:20.16 ID:rhijZz810
△△さんはもっと焦っているかと思ったら意外と冷静でした。
ここ2日、目立った虐めがなくなったせいかも知れません。
それでも授業中に物を投げられたり、休み時間に水をかけられたりはしてましたが、放課後の虐めが無くなったので大きな虐めはなくなったんだと思います。

(ね、ねぇ・・・)

「ん?何?」

(しばらく待つんだよね?)

「そうよ。せめて大人の目が無くなるまでは待つわ。」

(じゃぁ・・・△△さん帰らないの?)

「私といるのが嫌なの?」

(そうじゃないけど・・・)

「けど何よ?」

(△△さんが僕と居るのは嫌かなって・・・)

「そんな事一言も言ってないじゃない。それに、私がどう思ってようが何をしようが私の勝手でしょ?」

10名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/25(火) 21:41:53.45 ID:e4GykqKc0
俺も降臨
11名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/25(火) 21:42:01.15 ID:rhijZz810
(うん・・・。)

「嫌じゃないわよ。別に。」

(え?)

「だから、あんたと居るの別に嫌じゃないわ。」

(な、何で?)

「何でって何よ。変な事聞くわね。」

(だって・・・皆僕と居るのは嫌なんだって思ってたから・・・。)

「何それ?自意識過剰ね。誰もそんな事は思ってないわ。」

(でも僕、暗いし喋らないし・・・。)

「そうね。少なくとも気持ち悪いとは思われてるでしょうね。」

(ほら・・やっぱり・・・。)

12名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/25(火) 21:42:25.37 ID:rhijZz810
「でも、それは結果よ。あんたが変な風に考えて喋らないからそうなったのよ。」

(でも僕は喋っちゃイケナイんだと思って・・・。)

「何よそれ。誰かにそう言われたの?あんたが勝手に喋らないだけじゃない。」

(言われた訳じゃないけど・・・。)

「ほんと馬鹿ね。じゃぁ喋ればいいじゃない。それに、私とは喋ってるじゃない。」

(う、うん。)

「あんたが何を思ってようと私の知った事じゃないけど、そんな下らない事は考えない事ね。」

(ごめん・・・。)

「いちいち謝らないでいいって何度言ったら解るのかしら?」

(ごめん・・・。)

「・・・・お仕置きが必要なようね。」

(え?)

△△さんは少し苛立ってるんだと思ったら、何だか嬉しそうに笑っていました。

13名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/25(火) 21:42:49.32 ID:rhijZz810
「服を脱ぎなさい。全部よ。」

(え・・・な、何で・・・。)

「話を聞いてなかったの?お仕置きよ。」

(あ・・う、うん・・・。)

「こっちに来なさい。そこに立って。」

(でも・・・僕、それ嫌だって・・・。)

「何言ってるの?お仕置きなんだから嫌がる事をするのよ。当たり前じゃない。」

(でも・・・。)

「口答えしないで。さっさとしなさい。」

(うん・・・。)

△△さんは僕のちんちんを咥えて、舐めて・・・僕は放課後の虐めの事を思い出して気持ちが悪くなってしまいました。

14名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/25(火) 21:43:29.91 ID:rhijZz810
「ん・・・プハ、嫌なの?何で嫌なの?」

(だって・・不良の子がさせてたから・・・。)

「だから嫌なの?気持ち良くないの?」

(うん・・あの子達と同じようにされたくない・・・。)

「ふーん・・・私がさせられてるのを見て喜んでたくせに・・ん・・・。」

(喜んでなんて・・・。)

「んっ・・ん・・・はぁ・・嘘よ。あの時あんたは笑ってたわ。私が酷い事されるのが嬉しくて仕方ないのよ。」

(違うよ!)

「じゃぁ何で笑ってたのよ?」

(△△さんは酷い事されると僕を睨んでくれるから・・・。)

「はぁ?睨まれるのが嬉しいの?本当にどうしようもなく変態ね。汚らしい。」

15名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/25(火) 21:43:54.02 ID:rhijZz810
僕は、△△さんに睨まれたり殴られたりする事が凄く嬉しかったのに、言葉で拒絶された事にとてもショックを受けました。
凄く凄く悲しくなって、死んでしまうんじゃないかと思う程に苦しくなって、涙が溢れてきました。

「何よ。また泣いてるの?・・・ん・・・んん。」

(だって・・・。)

「・・・・・・・・。」

(ねぇ・・やめてよ・・・。)

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

(やめてよ!△△さん!)

「・・・ダメよ。出すまで止めないわ。」

(何で僕に酷い事をするんだよ!やめてよ!!)

「うるさいわね。黙って。・・・・・・・・。」

16名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/25(火) 21:44:18.07 ID:rhijZz810
(う・・・酷いよ・・・やめてよ・・・・。)

「・・・・・・・・・・・・・・・・。」

「・・・・・・・・・・・。」

「・・・・・・・。」

それは本当に僕が出すまで続きました。
保健の授業で教わってはいましたが、僕は自慰をした事がなく出るかどうか解りませんでしたが、出ました。
△△さんは僕が出した物を飲み込むと「・・・変態。」と言い、「さ。今度はあんたが舐めるの。」と、また僕に股を舐めさせました。
僕は、涙と鼻水と涎と、△△さんから溢れ出てくる液で顔がぐちゃぐちゃで、凄く気持ち悪かったけど舐めました。

17名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/25(火) 21:44:45.23 ID:rhijZz810
「・・・んんっ!」

(・・・終わり?)

「・・・ふぅ・・・・。そうね。ありがと。」

(うん・・・。)

「何よあんたその顔。汚いわね。」

(ごめん・・・。)

「また謝った。」

(・・・ごめん・・・。)

「また。まぁいいわ。お風呂いきましょ。」

(え?)

「あんたも来るのよ。そんな顔いつまで私に見せる気?)

(あ・・う、うん・・・。)

二人で一緒にお風呂に入って、少しテレビを見て、△△さんは帰りました。
その後で僕は、少しだけ泣きました。


305名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/26(水) 23:07:18.27 ID:Iv2klAq30
その後暫くは、△△さんへの虐めは殆ど無くなりました。
そもそも■■さんによる、△△さんへの劣等感から始まったような虐めだったので■■さんが居なくなると、積極的に虐めるのは不良の子ぐらいのものでした。
不良の子も、周りの子達が乗り気じゃないと解るとだんだん虐めなくなり、僕としては△△さんが汚れ、傷付く姿を見れずに少し残念な気持ちでした。

△△さんは、虐めが殆ど無くなったのに、ほぼ毎日僕の家に来て、嫌がる僕のちんちんを舐めたり、僕に舐めさせたり、そんな事ばかりしていました。

○○君と■■さん達の事はテレビや新聞で報じられ、近年頻発する異常な誘拐事件と類似しているという線で捜査が進んでるようです。
マスコミや警察が学校周辺に押し寄せ、下校中の生徒がテレビでピースをして、主婦はここぞとばかりに「○×さんトコの坊ちゃん、引きこもりじゃない?怖いわぁー」などと噂をしていました。

306名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/26(水) 23:07:42.81 ID:Iv2klAq30
学校では、虐められていた△△さんが■■さんを殺したなんてズバリな噂もありましたが、△△さんは上手い事流していました。
僕は別に捕まっても今までの孤独な生活よりはマシだと思って暢気に△△さんの股を舐める日々でした。

僕としては△△さんさえ居てくれれば世界は光り輝き、動物達が賛美歌を歌い、おもちゃも踊りだすような気分だったので、このままなら其は其で素晴らしいと思っていました。
307名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/26(水) 23:08:06.66 ID:Iv2klAq30
そんな生活が続き、テレビで○○君と■■さん達の行方を超能力者が霊視する程に落ち着き始めると、△△さんが「今日はちょっと・・・」と僕の家に来なくなる日が目だって増え始めました。
僕は、ついに△△さんに見放されてしまったんではなかと嘔吐する程に不安になり、△△さんが僕の家に来ないと言ったある日、後をつけてみました。

△△さんは、友達と遊んだり、真っ直ぐ家に帰るのではなく、町外れの■■さん達を隠した空家へ行きました。

(こんな所で何を?)

(暗くて中が見えないや・・・)

(でも・・中に入って△△さんに見付かったら嫌われちゃうかな・・・)

等と思いながら空家の周りをコソコソと彷徨っていると空家の中から声が聞こえました。

308名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/26(水) 23:08:31.37 ID:Iv2klAq30
「・・・もぉやめて!!」

「うるせぇ!お前は黙って俺の言う事を聞け!」

最初の声が△△さんで、後から聞こえたのは××(不良の子)の声でした。
どうやら△△さんは学校が終わった後、××に呼び出されていたようです。

「さっさと咥えろよ雌豚!」

「・・・うっ・・んー!!んー!!!」

「ちゃんと舌使えってんだよ!」

そっと中を覗いて見ると、矢張り真っ暗で何も見えませんでした。
でも、これなら僕が入って行っても△△さんは怒らないだろうし、××をやっつけるチャンスなのかも知れません。
そう思い僕は空家の庭に転がっていたスコップを持ち、足音を殺して空家の中に入りました。



310名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/26(水) 23:08:55.90 ID:Iv2klAq30
(・・・やっぱり暗いや・・・ん?誰か居る・・・)

(いつも××と一緒に居る子だ・・・)

(どうしよう・・・見付かって大声出されたら失敗しちゃうし・・・)

(でも今日は片付ける道具持って来てないし・・・)

(・・・まぁいいや。後で片付けに来れば平気かな。)

僕は気付かれないように忍び寄り、思いっきり頭を殴りました。
その子は頭を抱えてしゃがみ込んだので、更に力を込めて殴りました。
スコップは思ったより軽くて、殴って何とかするのは難しいと思い、突きました。
沢山血が出てきたので、放っておいても平気だと思い、僕は奥へと進みました。

311名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/26(水) 23:09:19.67 ID:Iv2klAq30
「ハッ!最初からそうしてりゃぁ良かったんだよ。クソが。」

「・・・・・・。」

「そろそろ入れてやんよ。嬉しいだろ?なぁ雌豚。」

どうやら先程の事は気付かれて居ないらしく、××は△△さんに覆い被さろうとしていました。
ドアを思い切り開け、全速力で走り、××の背中にスコップを突き立てました。
スコップは骨に当たってしまい、弾かれてしまいました。
でも、××は悲鳴を上げてゴロゴロと転がってくれたので首の辺りを狙って更にスコップを振り落とします。
見事に狙い通りに首にスコップが当たって、血が沢山出ました。
××は暫くバタバタと暴れていましたが、次第に元気が無くなり、最後は喉からヒューヒューと音を立て大人しくなりました。
多分、××も放っておいて大丈夫。

312名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/26(水) 23:09:43.64 ID:Iv2klAq30
「・・・・遅いわよ・・・・。」

(だって・・・知らなかったし・・・。)

「私にも色々と考えがあったのよ・・・。」

(どうゆう事?)

「帰ったら説明するわ。服、取って頂戴。」

(あ、うん・・・。)

「そこのカスが大声出してたから一旦帰るわよ。人が来たら大変だわ。」

(うん。)

「そのスコップ、どこかに隠して置いて夜中取りに来なさい。」

(うん。わかった。)

僕は、△△さんが服を着ている間にスコップを隠そうと部屋を出ました。

「ちょっと、あんた血だらけなんだから目立たないようにしなさいね。まだ外には出ない方がいいわ。」

(え・・あ、うん。)

言われるまで気がつきませんでしたが、僕は血だらけになっていました。でも何処も痛くないので僕の血ではないようです。

313名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/26(水) 23:10:08.71 ID:Iv2klAq30
なかなか隠す所が見付からなくて、スコップを隠した頃には日が暮れていました。

「さ。そろそろ帰りましょうか。」

(うん。)

「うーん・・・やっぱりあんたその格好はまずいわね・・・。これ着てなさい。」

そう言って△△さんは上着を僕に貸してくれました。
上着は汚れてたし、何だか変な匂いもしたけど、△△さんの体温が残っていて僕は嬉しくなりました。

二人で手を繋ぎ、人通りのある道を避けて遠回りして僕の家に帰りました。
心なしか△△さんは楽しそうでした。

その日△△さんは家に電話をして、僕の家に泊まりました。


11名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/28(金) 00:00:52.29 ID:X2RPcp5y0
××君が行方不明になった事で、先生の様子が少し変わりました。
難しい顔をして考え事をしていたり、クラスの子が話しかけるのを疎ましそうにしてみたりと、何処かそわそわと苛立っているようでした。
きっと先生は知っています。
この行方不明騒動と、このクラスの虐めが無関係ではない事を。
そして、自分もターゲットに入っている可能性がある事を。


最初の被害者は春先から虐められていた○○君。
次の被害者は虐めとは無関係に見えた生徒■■さんら3名。
次の被害者は率先して虐め等の問題を起こす××と、××と特に親しくしていた生徒。


12名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/28(金) 00:01:17.38 ID:X2RPcp5y0
被害者は全員、同じクラスから出ている。
教師は知っていながらも、問題になる事を恐れ「私のクラスに虐めなんてあるはずがない。」と自ら思い込んでいた。
時には、血を見るような虐めもあったが「子供同士の喧嘩だ。私が子供の頃はもっと(ry」等と自らの認識を誤魔化した。
それでも、自分のクラスから計6人の行方不明者が出た事で上は黙っているはずもなく、責任を問われた。
校長や教頭は、この問題と虐めの関係を全くない物にしろと無茶を言う。


13名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/28(金) 00:01:42.60 ID:X2RPcp5y0
最初の被害者○○は虐められて死に至り、××が隠蔽したのだと思った。
それでもマスコミや警察は全く関係の無い所ばかりを捜査していたので、見付からなければ良いと思った。
次の被害者■■ら数名が出た事で、クラスであった虐めとの関係は遠のいたと思った。
次の被害者××ともう一人は犯人だと思っていたので、彼らが被害者になるはずはないと思っていた。
それでも××らは被害者になった。

14名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/28(金) 00:02:08.06 ID:X2RPcp5y0
一連の事件は同一犯という仮定で考えるなら外部の者の犯行という線が有力である。
しかし、一連の事件が同一犯ではないとすると厄介な事になる。
○○殺害が××らの手による物だとすると××らを殺めた犯人が誰なのか解らない。
○○の次に虐めの対象になった△△?
しかし、△△の細腕で××を殺せるとは考えられない。
ましてや××のようなズル賢いタイプを△△のような優等生タイプが陥れるのは無理だと思われる。
△△に協力者がいたならばどうだろう。
その協力者が高校生程度以上の男子だったとしたら、××殺害はいとも簡単に実現する。
△△の周辺を洗ってみる必要があるかも知れない。

しかしこのご時世、教師の立場にありながら女子生徒の後を付回す事や、プライベートで呼び出すのは周囲の目が煩い。
しかし学校では誰かに話を聞かれる可能性が高い。
余り目立った事は出来ない。

15名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/28(金) 00:02:33.43 ID:X2RPcp5y0
あの日の晩、僕たちは夜中また手を繋ぎ空家を訪れて、■■さんや○○君の時と同じように片付けをしました。
僕はようやく慣れてきて、以前より早く片付けを終える事が出来ました。

片付けをする僕を見る△△さんの目は湿ったように輝いていて、楽しそうに歪んでいました。

16名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/28(金) 00:02:57.81 ID:X2RPcp5y0
家に帰り、お風呂を済ませて寝支度を整え、リビングでお茶を飲みながら△△さんに聞きました。

(後は先生だけだよね?)

「そうね。他にも腹が立つヤツは居るけど、とりあえずはそれでいいわ。」

(でも・・・先生は無理じゃない?)

「無理って事はないわよ。」

(何か手があるの?)

「知らないわ。それはあんたが考えるの。」

(でも・・・。)

「ウルサイわねぇ。そんな事は明日考えればいいわ。それより・・・。」

17名前: たけし ◆mMTbQ7.1Vc 投稿日: 2006/04/28(金) 00:03:22.91 ID:X2RPcp5y0
案の定、僕に股を舐めさせ、△△さんはそのまま眠ってしまいました。
僕は、先生をどうするかを考えなくてはなりませんでしたが、とても疲れていたので吸い込まれるように眠ってしまいました。
  
添付ファイル