※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あれば良いなと思えるシナリオを
短い文章でまとめるための項目。
松野氏が出してそうなシナリオならば
文末に(松野氏ぽい?)とでも書いて置いて下さい。

目次
「世界から『戦争』を盗む」テーマの追加



「世界から『戦争』を盗む」テーマの追加

やっぱ空賊で居続けた理由は欲しいよなぁ。
っていうかそもそもヴァンにとって空賊って何なんだろう?
さすがに主人公という立場上、
飛空挺で略奪するようなやつらじゃないだろうから、
バルフレアみたいな義賊になりたかったんだよな?
「空賊になりたいといってごまかしてた」
っていう発言の後では、
空賊になりたいと思ってたんだろうか?
空賊になりたいといってごまかしてけど
本当はなりたくない、なの?なりたいの?
でもED結局空賊になったわけだし、
なんだかんだで最終的な目標だったんだよな。
だったら 
「空賊になって自分の飛空挺で世界中を飛び回る」
っていう台詞がある以上、それを生かして欲しかった。
この台詞を中心にして物語を作ってもいいぐらい
重要なものだと思うんだが・・・。

「世界から『戦争』を盗む」とか、
ちょっと言い過ぎかもしれないけど、
でもそれぐらいのテーマがあってもいいと思った。

あと、王女⇔空賊 という対比を
もっと利用するべきだったよなぁ。
空賊から自由を学ぶ予定だったんだよね?

一体アーシェは最終的に何をもって自由としたんだろう?
過去を捨てることが自由ならば、
EDでの「わたしたちは自由です」という台詞のわたし“たち”ってのがおかしいし。
みんながみんな復讐者というわけじゃないからね。

「わたしたちは自由です」って叫んだ瞬間は、
自由になった瞬間じゃなくて、
自由になるための条件がそろったって感じだよな。
戦争が終わったから、もう復讐もない。
そっから、一緒に過去を振り払おう=自由になろう
っていう展開が普通だと思う。

あとEDでアーシェが女王になったことで
身分の格差みたいなのが現れたじゃん?
あれはさ、
ここまでは空賊の仕事、あとは女王に任せるよ。
っていう意図がある(と俺は思う)
だからさ、それぞれの仕事を明確にして欲しかった。

ヴァンの仕事は、戦争と過去を盗むこと。
それでこそ、アーシェは『亡国の復讐者』ではなくて、
『救国の聖女』となり得たはず。
復讐心を盗まれてしまったってことね。

ヴァンの自由な心に影響を受ける
→ヴァンが自分を自由にしてくれた
→復讐心から脱却させてくれた
→ヴァンはアーシェから過去(復讐心)を盗んだ
      ∥
 ヴァンが空賊でいた理由 

このあたりの描写がやっぱり貧しいね。