※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

年齢 19歳
種族 ヒュム
CV 園崎未恵

アーシェ・バナルガン・ダルマスカ。
旧ダルマスカ王国唯一の王位継承者。

ナブラディアの皇子(ラスラ)と結婚したが
帝国との戦争でラスラは死に、未亡人となる。
2年前の戦争の折に死亡したとも伝えられていた。
が。戦乱のどさくさに紛れて身を隠し解放軍に参加していた。

帝国に対する復讐心と
平和と人々の安寧を祈る気持ちの間で揺れ続ける。


FF12ストーリーは
アーシェの葛藤がメインと言っても過言ではない。
言い方を変えればアーシェに振り回された旅とも言える。

アーシェには自身の力不足の自覚からなのか
周囲への依存心も見え隠れする。
解放軍ではウォースラに精神的に依存し
旅ではバルフレアやバッシュに依存しているようにも見える。
アーシェと平民の間に会話らしい会話は全くない。

旅の始まりまでは、夫ラスラを守れなかったという理由で
バッシュをめちゃくちゃ憎んでいたという裏設定が判明したが、
反面、ガリフの里に着く頃にはそれが氷解していた謎が残される。

アルティマニアによると、
リヴァイアサン脱出以降、ある男性に惹かれ始めるとあるが、
時期的にウォースラ・ヴァン・バルフレア・バッシュが該当する。
また展開的に、バルフレア・バッシュが更にこれにあてはまる為、
現在どちらかに惹かれていたという説が存在している。
バルフレア説の根拠は脚本に、
バッシュ説の根拠は演出映像にあることから、
どちらを重視したかで異なる見解が生まれたと分析されている。

スタッフはこれに対して、個人の感受性を尊重した
「俺的解釈」なる言い訳を用意したが、
上述のどちらが真実としても、描写不足であることは間違いない。



古い設定では、ラミナスの娘ではなく
養子か拾い子みたいであった模様。

ミストナック Lv1 北斗骨砕斬
        Lv2 聖光爆裂斬
        Lv3 天鼓雷音稲妻斬
ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=H7ODhx5Joic&search=FF%20XII%20