※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


トップ > リファレンス > データ管理:イベント制御 > NSLocking プロトコルリファレンス

NSLocking プロトコルリファレンス 翻訳元


このページの最終更新: 2010-02-10
ADCの最終更新:2007-01-22


準拠しているクラス NSConditionLock?
NSLock?
NSRecursiveLock?
フレームワーク /System/Library/Frameworks/Foundation.framework
使用可能な環境 Mac OS X v10.0以降
宣言ファイル NSLock.h
コンパニオンガイド Threading Programming Guide?

概観(Overview)


 NSLockingプロトコルはロックオブジェクトを定義するクラスが準拠する基本的なメソッドを宣言しています。ロックオブジェクトは一つのアプリケーションで実行されているマルチスレッド群の動作を調整するのに使われます。ロックオブジェクトを使うことで、分離したスレッドが一斉に実行していることから生じるコードの致命的な分断を防ぎ、共有データや共有リソースが破壊されてしまわないようにできます。

このクラスでできること(Tasks)


ロックすること(Working with Locks)

        - lock required method
        - unlock required method

インスタンスメソッド


lock

unlock




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|