※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


トップ > リファレンス > データ管理:データ型とコレクション > NSValue クラスリファレンス

NSValue クラスリファレンス 翻訳元


このページの最終更新: 2010-02-25
ADCの最終更新:2007-10-31


継承するクラス NSObject
準拠しているプロトコル NSCoding
NSCopying Protocol Reference
NSObject (NSObject)
フレームワーク /System/Library/Frameworks/Foundation.framework
使用可能な環境 Mac OS X v10.0 以降
コンパニオンガイド Number and Value Programming Topics for Cocoa?
宣言ファイル NSGeometry.h
NSRange.h
NSValue.h
サンプルコード LightTable?
QTAudioContextInsert?
QTAudioExtractionPanel?
Quartz Composer WWDC 2005 TextEdit?
Sketch+Accessibility?

概観(Overview)


 NSValueクラスのオブジェクトはCやObjective-Cの単独なデータの単純なコンテナです。このオブジェクトはint、float、charだけでなく、ポインタや構造体、オブジェクトのid型などのようなどんなスカラー型も持つことができます。このクラスはこのようなデータ型をNSArrayやNSSetのような要素がオブジェクトであることを要求するコレクションに入れられるようにする為に使います。NSValueオブジェクトは常に変更不能です。

採用しているプロトコル(Adopted Protocols)


NSCoding
        - encodeWithCoder:
        - initWithCoder:
NSCopying
        - copyWithZone:

このクラスでできること(Tasks)


NSValueオブジェクトの作成(Creating an NSValue)

        – initWithBytes:objCType:
        + valueWithBytes:objCType:
        + value:withObjCType:
        + valueWithNonretainedObject:
        + valueWithPointer:
        + valueWithPoint:
        + valueWithRange:
        + valueWithRect:
        + valueWithSize:

データへのアクセス(Accessing Data)

        – getValue:
        – nonretainedObjectValue
        – objCType
        – pointValue
        – pointerValue
        – rangeValue
        – rectValue
        – sizeValue

オブジェクトの比較(Comparing Objects)

        – isEqualToValue:

クラスメソッド


value:withObjCType:

valueWithBytes:objCType:

valueWithNonretainedObject:

valueWithPoint:

valueWithPointer:

valueWithRange:

valueWithRect:

valueWithSize:


インスタンスメソッド


getValue:

initWithBytes:objCType:

isEqualToValue:

nonretainedObjectValue

objCType

pointValue

pointerValue

rangeValue

rectValue

sizeValue




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|