cabal @Wiki フォースブレーダー
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フォースブレーダー


クリスタルの発明とフォースアーチャーの誕生はフォースシールダー誕生の予告だけではなかった。 フォースシールダーと近い時期に誕生したフォースブレーダーも彼らの影響を受けたと言える。
ネバレス初期から剣術で近接戦を支配して魔法で遠距離を掌握することができる戦闘スタイルを願っていた。 しかし希望とは違って、二つに熟練するためには倍以上の努力が必要だった。
そのためフォースアーチャーの登場前まではただの夢のようなバトルスタイルに過ぎなかった。 しかしフォースアーチャーの誕生とフォースシールダーの研究は彼ら、フォースブレーダーの研究にも拍車をかけさせた。

最初はフォースシールダーと一緒に片手には剣を、他の片手にはフォース制御機を着用することで研究が始まった。
フォースシールダーは防御中心の戦士であったが、彼らは攻撃を重視し、敏捷に重点をおいた。 そのためアーマースーツセットをあきらめてバトルスーツセットの着用を検討した。 フォース攻撃も制御力よりは破壊力に中心を置いて「クリスタル」ではない「オーブ」を選択したし、 結局ある程度研究の成果があって敏捷中心のフォースブレーダーが誕生したが、あまり満足ではなかった。 剣術の破壊力がブレーダーに及ばなかったし、魔法もウィザードやフォースアーチャーに及ばなかったためである。
フォースシールダーのような補助系魔法も扱いにくかったため、他の角度で剣術と魔法の威力を高める方法を捜さなければならなかった。

研究に研究を繰り返えしたあげくこれらは思考を転換、剣術と魔法がそれぞれ弱ければ剣術と魔法を一緒に使えば強まるはずだという考えで、 結局フォースブレーダーのための専用戦闘技術を作り上げた。結局いわゆる魔剣術が発明され、フォースブレーダーが誕生した。

フォースブレーダーは剣術と魔法両方を使いこなさなければならないため、均衡的な成長を誘導する訓練をする。 馬剣術の数が足りないが、彼らは共用剣術と共用魔法を使うことができるし、 熟練されたフォースブレーダーはあらゆる使用可能な魔法を剣術と融合することが可能だと言う。
またあるレベルまで至れば、より強力な魔法と剣術の融合技術を使うことができると言う。

コメントフォーム

名前:
コメント: