Burger Burger まとめ 食材
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バンズ

食材名称 コスト カロリー パワー 取得条件 備考
バンズ --- 40Kcal D 最初から プレーンな食材なので一部の例外(納豆など)を除いて、無難に組み合わせることができる。コストも一番安い。
セサミバンズ --- 41Kcal C ノウハウ
「バンズメーカーとの提携」
普通のバンズにゴマがトッピングされたもの。
焼かれたゴマの香りが食欲をそそり、見た目もよりおいしそうに見える。
とり胸肉と相性が良い。
ライスバンズ --- 46Kcal B ノウハウ
「ライスバーガーの製法」
ご飯を固めてバンズ状にしたもの。
納豆やきんぴら、すぶた、のりと好相性。
最短でも6個のノウハウを取得しなければ手に入れられないので、活躍は後半で。
マフィン --- 39Kcal C ノウハウ
「マフィンパンの製法」
イギリスの伝統的なパンで、表面にまぶしてあるコーンミールが
香ばしさを引き立てる。
ベーグル --- 50Kcal A ノウハウ
「専属バンズメーカーの確保」
生地を茹でてから焼く、元々はユダヤの人々のパン。
三大珍味(キャビア、フォアグラ、トリュフ)と相性が良い。


食材名称 コスト 調理法(カロリー) パワー 取得条件 備考
パティ40g --- --- C 最初から アスパラガス、ピクルスと相性が良い。
ベーシックなハンバーガーに。
パティ60g --- --- C 最初から コストとカロリーは高くなるが、人気も上がる。
やはりアスパラやピクルスと相性が良い。
また、肉類は総じてきのこ類、レタス、ほうれん草との相性も良い。
和牛サーロイン --- フライ(186Kcal)
グリル(156Kcal)
A 営業 和牛種の肉は遺伝的に脂肪が多く、味が濃厚な霜降りだ。
サーロインは背骨の腰に近い部分でステーキ向き。
和牛フィレ --- フライ(143Kcal) A 営業 フィレはテンダーロインとも呼ばれる、最も柔らかい赤みの部分。
脂肪は少なめで、あっさりとした味。
輸入牛サーロイン --- グリル(185Kcal) B 最初から 輸入牛は体重の増加が早く、和牛に比べて脂肪の割合が少ない赤み中心の肉だ。
輸入牛フィレ --- グリル(142Kcal) C 最初から 和牛フィレよりも脂肪が少なく、ボリュームの割にヘルシーなのが特徴。
分厚くなりやすいので薄幅の野菜と組み合わせよう。
牛もも肉 --- グリル(128Kcal) C 最初から 味噌やテリヤキで和風に、
ウースターやデミグラスで洋風にと、応用が利く食材だ。
タン --- てんぷら(72Kcal)
フライ(72Kcal)
から揚げ(72Kcal)
グリル(29Kcal)
煮る(27Kcal)
D 社員旅行(---) 牛の舌のこと。薄切り焼きなどに適す。
レバー --- ゆでる(33Kcal) D 営業 肝臓のこと。ニンニク、ピーマン、チーズと相性が良い。