※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SUBARU Impreza WRX STI IMPREZA-NET Version 組み立て手順


印刷

  • ペパクラビューワで印刷する。今回は全4ページで、3ページ目は付属のPDFで裏面を印刷する。
4ページは改造パーツなので印刷しなくても完成できる。

基本的にはGRBと一緒のため、本作品の追加変更部分を先に説明する。


底面



4本のフレームを三角柱に組む。

長い二本は、底面の反りを防ぐためにタテに底面上に貼り付けるがフロント側をのりしろの分、残しておく。

短い二本は、細いほうがフロントタイヤ、太いほうをリアタイヤの壁に貼り付ける。タイヤを貼る壁が直角になるように、タテのフレーム上または底面内側と貼り付ける。

リップスポイラー内側は先に底面に接着する。



フロントバンパー

オプションのラジエータグリルを使用する場合(使用しない場合は不要)


パーツの折り目は切り抜く目にあらかじめ、鉄筆を引いておくと良い。切り抜き後はパーツを傷めやすいため。


ラジエータを箱状に組む。


フロントバンパーは、ラジエータグリル部を切り抜む。


フロントバンパーに裏側からラジエータグリルを貼り付ける。

リップスポイラー


リップスポイラーの各パーツが、フロントバンパーにどのように接着されるのかを示すための断面図。


リップスポイラー上部(青色)に、スポイラーの表面パーツを接着する。


リップスポイラーパーツをフロントバンパー下部に接着するが、オプションのラジエータグリルを組み込む場合、正面左右のノリシロを外側4mm程度を残し、縦に切れ目を入れる。



ボンネット(オプションのアウトレットを使用する場合)


アウトレットのオプションを使用する場合は、ボンネットを工作するまえに貼り付けると良い。


リアウィング


リアウィングは9点のパーツで構成されている。

上のブレードを表裏を貼り合わせ、後ろ側をそり上げるように折る。

下のブレードは裏側(黒いほう)のボディ接触側を大きく谷折りにしたあと、貼りあわせ、後ろ側をそり上げるように折る。また両側面下は谷折りが連続する。

ウィング側面は黒い三角部分を裏側に折り返して貼り合わせる。
ナナメの段差の部分は上から山折、次に谷折り。

下のブレードに両側面を貼る。位置あわせをしっかり。

上のブレードを両側面の間に、挟みこみ左右対称になるよう形を整える。

スプリッタは、裏面オプションパーツを使う場合、先に張り合わせておく。
断面にノリをつけ、上のブレードに描かれた線上の垂直に載せる。

残り2枚をスプリッタも同様に接着する。

リアウィング完成。

フロント

基本的に普通のインプレッサと同様。

まずはエアインテイクを組み立て、切り抜いたボンネット中央にはめ込む。



ボンネット中央のパーツに周辺の3パーツを順次接着します。
一番外側のバンパー・フェンダーパーツはのりしろの角度が微妙に変化する。


バンパーをボンネットパーツの周囲に巻きつけるように接着する。

ボディ中央


両側のドアパーツはドアノブあたりのラインに沿って山折り。

ルーフとドアを接着するさい、Aピラーの先はまだ接着しない。


フロントボンネットとあわせる時に、位置調整しながら、先ほど接着しなかった部分もここで接着する。

リアウィンドウは、エンブレムのあるゲートと接着したあと、ボディと接着するが、ののりしろはまだ接着しない。

リアゲート周り


ここも普通のインプレッサと同じ。






サイドステップ


フェンダー&サイドステップは、フロントフェンダーとの接続部分に段差のついたやや複雑な形状となっている。

リアバンパー


mp2の場合、矢印の部分を谷折りにする。

(初期型の場合は、リアバンパーパーツ上、リアフェンダーにあたる部分が一部へこませる)


リアウィング


リアウィンドウ上のヒサシのようなパーツは、接着しなかったノリシロのスキマに差し込む。

位置合わせしたら、裏から接着する。

ウイングもウィンドウの両サイドに描かれた水色のガイドラインに合わせ差し込む。


同様に、位置あわせしたら、裏から接着する。

小物類


ルーフ上のインレットとラリモニは箱状に組む。

ルーフの白い四角がのりしろ。パーツの■ののりしろでルーフと接着する。

ミラーは複雑だが、がんばって綺麗に箱組みする。

Aピラー付け根付近の白いのりしろに接着する。

底面と本体の接着


底面を本体と貼り付けるが、フロントのリップスポイラーは入り組んだのりしろとの貼り付けとなる。


タイヤ


太い筒状のものに巻きつけながら作業するとやりやすい。

タイヤは接着位置や方向が決まっているので注意。

アンテナとナンバープレート


アンテナは太い部分の裏をのりしろにし、ルーフの黒い四角に貼り付ける。


ナンバプレートはオプションのラジエータグリルを使わない場合はそのまま貼り付けるだけだが、
ラジエータグリルを使った場合は、ナンパープレート上に余白を残し、のりしろとすると良い。

完成


お疲れ様でした。

-