睡眠と食欲



慢性的な睡眠不足が食べても食べても食欲が収まらないという事態を引き起こします。


睡眠不足が続くと自律神経バランスが乱れその影響で食欲中枢も乱れることになります。


すると本当におなかがすいていないのに空腹を感じてしまい、つい食べすぎてしまうことがあります。


睡眠とダイエットは繋がっているとこになります。ストレスをためないダイエットをするためにも睡眠から見直していくのもいいと思います。