※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

長期使用による性能低下

Intel X25-Mの事例


後述のように、X25-Mの事例には長期使用と関係のない現象が含まれていることが判明しています。
フォーマット等はSSDの寿命を縮めますので、安易に信用して回復法を実行しないことをお勧めします。

66 名前:Socket774 投稿日:2008/11/10(月) 19:39:39 ID:AWmSSobl
インテルSSDで1ヶ月ちょい、デフラグ等一切行っていない状態で30GB使用中
Vista/メモリ4GB
CrystalDiskMark 2.2

Sequential Read : 245.946 MB/s
Sequential Write : 40.617 MB/s
Random Read 512KB : 200.044 MB/s
Random Write 512KB : 40.551 MB/s
Random Read 4KB : 17.138 MB/s
Random Write 4KB : 30.266 MB/s
Test Size : 50 MB
Date : 2008/11/10 19:10:43

SequentialWriteが購入時の半分になってる。
ちなみにファイル足して40GB以上にしてみた結果は下記

Sequential Read : 259.615 MB/s
Sequential Write : 47.476 MB/s
Random Read 512KB : 208.741 MB/s
Random Write 512KB : 42.336 MB/s
Random Read 4KB : 17.689 MB/s
Random Write 4KB : 31.379 MB/s
Test Size : 50 MB
Date : 2008/11/10 19:15:20

72GB使用にしてみた。

Sequential Read : 253.075 MB/s
Sequential Write : 40.992 MB/s
Random Read 512KB : 203.624 MB/s
Random Write 512KB : 49.126 MB/s
Random Read 4KB : 18.802 MB/s
Random Write 4KB : 35.213 MB/s
Test Size : 50 MB
Date : 2008/11/10 19:36:15

.>>4の50%って性能には関係なくない?50%越えると途端に寿命短くなっちゃったりするの?

78 名前:Socket774 投稿日:2008/11/10(月) 20:59:54 ID:tnIsEjrI
【SSD】 X25-M単体
【M/B】 P5Q
【ATA】 オンボードIDEモード
【環境】 Vista Ultimate x64
【使用状況】 使用42.5GB/全体74.5GB
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo

Sequential Read : 50.198 MB/s
Sequential Write : 16.261 MB/s
Random Read 512KB : 50.279 MB/s
Random Write 512KB : 12.114 MB/s
Random Read 4KB : 4.813 MB/s
Random Write 4KB : 2.260 MB/s

Test Size : 1000 MB
Date : 2008/11/10 20:52:49

デフラグしたら妙なことになった…
すっげー遅いです。体感ではっきりわかります。

84 名前:Socket774 投稿日:2008/11/10(月) 21:37:15 ID:H3P9jETi
.>>78見て、焦ってベンチ

【SSD】 X25-M単体
【M/B】 GA-P35-DS3
【ATA】 オンボード AHCIモード
【環境】 WindowsXP SP3
【使用状況】 パーティション2分割
      Cドライブ(OS):使用 13.8GB 空き12.6GB
      Dドライブ(データ):使用 20.9GB 空き27GB

Cドライブを計測
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo

Sequential Read : 270.775 MB/s
Sequential Write : 77.500 MB/s
Random Read 512KB : 205.774 MB/s
Random Write 512KB : 78.135 MB/s
Random Read 4KB : 23.841 MB/s
Random Write 4KB : 49.338 MB/s

Test Size : 1000 MB
Date : 2008/11/10 21:23:59

Dドライブ
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo

Sequential Read : 247.598 MB/s
Sequential Write : 67.790 MB/s
Random Read 512KB : 209.575 MB/s
Random Write 512KB : 78.148 MB/s
Random Read 4KB : 21.109 MB/s
Random Write 4KB : 38.968 MB/s

Test Size : 1000 MB
Date : 2008/11/10 21:33:35

90 名前:78 投稿日:2008/11/10(月) 22:19:54 ID:tnIsEjrI
とりあえずRandom4kに関しては元に戻りました。
手順は拡張処理能力オンの状態から ディスクの書き込みキャッシュオフ→拡張処理能力オン です。
ただSeqentialは110MB/s程度までしか戻りません。
書き込みキャッシュをオフにするとSeqは250MB/sくらい出ます。

102 名前:78 投稿日:2008/11/10(月) 23:38:22 ID:tnIsEjrI
何回もすいません、あまり貼るとうざいと思うのでこれラストで。
4kがまたダメになった。もうわけがわからない

CrystalDiskMark 2.2
Test Size : 1000 MB

書き込みキャッシュオフ
Sequential Read : 240.609 MB/s
Sequential Write : 22.760 MB/s
Random Read 512KB : 169.936 MB/s
Random Write 512KB : 22.321 MB/s
Random Read 4KB : 16.938 MB/s
Random Write 4KB : 4.019 MB/s

書き込みキャッシュオン
Sequential Read : 72.226 MB/s
Sequential Write : 31.433 MB/s
Random Read 512KB : 57.672 MB/s
Random Write 512KB : 25.736 MB/s
Random Read 4KB : 5.308 MB/s
Random Write 4KB : 3.590 MB/s

拡張処理能力オン
Sequential Read : 83.452 MB/s
Sequential Write : 25.090 MB/s
Random Read 512KB : 54.613 MB/s
Random Write 512KB : 19.013 MB/s
Random Read 4KB : 5.555 MB/s
Random Write 4KB : 3.041 MB/s

何もしない状態が一番速いです。
チェックを入れるたびに遅くなっていきますww

40 名前:Socket774 投稿日:2009/01/02(金) 20:36:15 ID:mKToMehb
Intel X25-Mで、00hでFillした状態とFFhでFillした状態でCrystalDiskMarkを採取してみた。
それぞれFillにはdestroy.exe (ttp://www.vector.co.jp/soft/dos/util/se196626.html )を使用。

作業手順はDOSからブートして、destroyを実行、その後Windows Vista Complete PC復旧で
データを復旧した直後にO/S起動してベンチ採取。

00hでFill
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo

Sequential Read : 189.243 MB/s
Sequential Write : 63.129 MB/s
Random Read 512KB : 158.717 MB/s
Random Write 512KB : 53.288 MB/s
Random Read 4KB : 15.534 MB/s
Random Write 4KB : 30.652 MB/s


FFhでFill
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo

Sequential Read : 191.092 MB/s
Sequential Write : 54.692 MB/s
Random Read 512KB : 163.704 MB/s
Random Write 512KB : 51.233 MB/s
Random Read 4KB : 16.558 MB/s
Random Write 4KB : 29.457 MB/s

O/SはWindows Vista 32bit (SP1) ATAコントローラはICH10R、AHCIモードで計測。
結果として00hでFillしようが、FFhでFillしようがスコアは大した変わりない。

それよりも、Fillしてもフルの性能に戻らないのが問題。
前回のFillではsequential readで250MB/secは超えていた。 まじで劣化してきたのかもしれん。

100 名前:40 投稿日:2009/01/03(土) 01:46:21 ID:NeJ2VG53
.>>64
readが落ちるのはキャッシュの使い方(ポリシ? アルゴリズム?)が
初期化段階と使用が進んだ段階で変わるから、のような気がする。
管理する領域が少ない場合、キャッシュをより大きく使えたりするんじゃ
なかろうか。

いろいろやってみて、元の性能に戻すことができた?ので報告。
(途中、FFhでFillしたらO/Sがブートしなくなって時間かかった)

結局、内部がブラックボックスの中、X25-Mの性能低下に関して、
現段階で一番良いのは次の手順でデータを入れ直した時だった。

1. デフラグ (私はDefragglerを使用)
2. 綺麗な状態でComplete PC バックアップイメージを作成
3. DOSでブートしてdestroy.exeで00hでサニタイズ
4. Vista Complete PCバックアップイメージからデータ復旧

この作業後にCrystalDiskMarkを実行したのが、以下。

CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo

Sequential Read : 245.952 MB/s
Sequential Write : 79.114 MB/s
Random Read 512KB : 202.657 MB/s
Random Write 512KB : 80.257 MB/s
Random Read 4KB : 15.510 MB/s
Random Write 4KB : 42.729 MB/s

どうせ暫く使っていれば、readが100MB/s落ち、writeが20MB/s落ちになる
んだろうけど、精神衛生上これしかなさげ。

Intelに限らずSSDメーカはコントローラでデータと未使用領域、キャッシュの
管理方法をオープンにして欲しいな。 じゃないと最適化のポイントが見えない。
現状、そこが最大の差別化のポイントなんで難しいんだろうけど。

Cipherコマンド適用報告

理論的にCipherは空き領域全てをランダムデータで埋めるので逆効果のはず
【Flash】SSD Part42枚目【SLC/MLC】
27 名前:Socket774 投稿日:2009/01/10(土) 22:23:04 ID:TOAl+w1x
.>>15 Cipher /w:c:でやってみた
【SSD】 intel X25-M
【ATA】 ICH9R AHCI
【環境】 Vista Ultimate 64bit (システム)
【使用状況】 3ヶ月?くらい使用 空き18.5GB/全体74.5GB


異様に遅いのは動画を見てたせいもあるだろうけどよくわからん
実験開始から終了までずっと見続けてるので条件にひどい違いはないと思う
まあ参考程度に

使用前
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo

Sequential Read : 144.293 MB/s
Sequential Write : 46.354 MB/s
Random Read 512KB : 70.884 MB/s
Random Write 512KB : 39.883 MB/s
Random Read 4KB : 4.615 MB/s
Random Write 4KB : 6.052 MB/s

Test Size : 1000 MB
Date : 2009/01/10 21:51:12

使用後
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo

Sequential Read : 224.799 MB/s
Sequential Write : 45.910 MB/s
Random Read 512KB : 148.400 MB/s
Random Write 512KB : 40.840 MB/s
Random Read 4KB : 14.396 MB/s
Random Write 4KB : 25.970 MB/s

Test Size : 1000 MB
Date : 2009/01/10 22:19:16

Samsung MLC (MMDOE28G5MPP-0VA)の事例

初期状態


iometerにて全領域書き込み後