PHP環境をインストール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

インストールの種類


1.ApacheとPHPなどを個別でインストールする方法
2.XAMPPフリーソフトウェアで,お手軽にインストールする方法

ちなにみ私は,必要ないモノをインストールしたくなかったから,
個別にインストールしたよ~

まぁ,色々と設定すんの面倒だったけど…

※開発は自分のPC環境をベースに考えているから,ご注意を!


個別のインストール


誰が通常と決めたのかは知らないが,
まぁ,こっちが一般的なインストール方法でしょう~

Apacheダウンロード先:http://httpd.apache.org/download.cgi

Win32 Binary without crypto (no mod_ssl) (MSI Installer)をダウンロードした.
2009/05/06では,apache_2.2.11-win32-x86-no_ssl.msiが最新だった.

PHPダウンロード先:http://www.php.net/downloads.php

Windows BinariesのPHP zip packageをダウンロードした.
2009/05/06では,PHP 5.2.9-2 zip packageが最新だった.

ちなみに,PHP5.0以降はSQLiteというデータベースが使えるから,
SQLはインストールしなかったよ~面倒だしねwww

以下は私がやったことを順序にして書いてあるだけ

Apacheについて
1.
とりあえず,Nextボタンをクリック

2.
「I accept the terms in the license agreement」を選択
また,Nextボタンをクリック

3.
ここも,Nextボタンをクリックで~

4.
ここ面倒だよ.私は,Localでしか使わないので
それ以外の使用用途をする人は回れ右して他のサイトへ~
設定する名称 入力する文字
Network Domain LocalHost
Server Name LocalHost
Administrator's Email Address abc@abc.com(自分は,メインで使ってるメールアドレスを入れたけどね~)

上記の設定が終わったら次は,
「for All Users, on Port 80, as a Service -- Recommended」の方にチェックつけて~
Nextボタンをクリック!

5.
Typicalの方にチェックつけて,Nextボタンをクリック!

6.
デフォルトのCドライブのプログラムファイルが選択されているのを確認して
Nextボタンをクリック
インストール先を変えたい人はお好みに~w

7.
ではでは,やっとインストールの開始です!!
インストールボタンをポチッとなw

8.
PCが頑張ってインストしてくれてま~す
個人的にはインストール画面が割りと好きだったり…

9.
Finishボタンを押して終~了~

お疲れ様でした!!

PHPについて
1.
CドライブにPHPのzip packageを解凍するフォルダを作り,そのフォルダ内に解凍.
以降はPHPフォルダと言うことにします.

2.
PHPフォルダ内の「php5ts.dll」を
WINDOWSフォルダ内のsystem32フォルダ内にコピーする.

私の場合だと「C:\WINDOWS\system32」にあった.

3.
PHPフォルダ内の「php.ini-dist」を
WINDOWSフォルダ内にコピーする.

WINDOWSフォルダ内にコピーした
「php.ini-dist」の名前を「php.ini」に変更する.

php.ini-dist→php.ini

4.
ApacheにPHPを使えるように設定する.
Apacheをインストールしたフォルダ内のconfフォルダへ
その中の「httpd.conf」を開く(私はエディターにサクラを使っています)

正直,探すの面倒だと思うけど頑張って!!

LoadModuleに次の行を追加する.
「LoadModule php5_module c:/php/php5apache2_2.dll」

AddTypeの 最後に 次の行を追加する
「AddType application/x-httpd-php .php」

5.
(以前に名前を変更した「php.ini-dist→php.ini」があったはず)
WINDOWSフォルダのphp.iniを開く

変更前 doc_root = ""
変更後 doc_root = "C:/Program Files/Apache Software Foundation/Apache2.2/htdocs"
※C:/…Apache2.2で指定しているパスはApacheのインストール先

変更前 extension_dir = "./"
変更後 extension_dir = "C:/PHP/ext"
※C:/PHPで指定しているパスはPHPを解凍したフォルダ先

6.
Apacheを再起動する.

7.
PHPの動作確認
Apacheをインストールしたフォルダのhtdocsフォルダ内に
Test.phpを作成し参考ソースを記述する.

ブラウザからhttp://localhost/Test.phpへアクセス.

参考ソース(PHPのバージョン情報を出力してくれる)
<?php
	phpinfo();
?>
 

こんな結果がページが表示されればおk.(正直,横線で消す意味があるかは知らん)

XAMPPを使ったインストール


XAMPPは,すぐに開発環境が整うから,
PHPを始めようってプログラマによく利用されてるみたい.

あぁ,XAMPP(ざんぷ)はフリーになります.
詳しくは→http://ja.wikipedia.org/wiki/XAMPP

それと確か,XAMPPは,
X クロスプラットフォーム
A Apache
M MySQL
P PHP
P Perl
だったかな?確か…


以下インストール手順

1.
とりあえず,私は日本人なのでJapaneseを選択する.

2.
ウィザードの「次へ」を選択

3.
デフォルトのインストールフォルダのままで(嫌なら変更して)
インストールフォルダを指定したら,「次へ」を選択

4.
項目選択はデフォルトのままで(変更はお好きに,サービスを入れなくても動作できるけどね)
設定が完了したらインストールへ

5.
インストール項目がモリモリとスクロールしていきます.
こんな感じに項目というか文字がスクロールしていくの見るのは好きですw

6.
終了したら「完了ボタン」を押して終了する.

7.
XAMPPのコントロールパネルを表示するダイアログが出てくる.
どちらでもお好きに選択してください.

8.
インストール終了!!

独り言



有名(?)なLAMP

ちなみに,PHPの実行環境として有名な組み合わせにLAMPという環境があります.
L Linux
A Apache
M MySQL
P PHP
の頭文字を取ってLAMPと言います.

※全部,オープンソフトウェアなので「タダ」「無料」「お金いらない」です!!

localhostアクセスできなかった

localhostへアクセスするときにアクセスできない場合がある.

というか,私はアクセスできなかった!!

ipconfig,ping,tracert,netstat
などのコマンドを使って調べたけど分からんかったので,
ウィルスソフトとファイアーウォールを切ってやりましたよ!

そしたら………アクセスできてしまった(゜Д゜)ハァ?

まぁ,最終的にはウィルス対策ソフトのファイアーウォールが邪魔してたのだった.

そんなわけで,細かい設定の仕方を知らないから,
ウィルス対策ソフトのセキュリティレベル下げちゃったw

勉強不足というわけでしょうがない(´・ω・`)ショボーン


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。