※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私は唖然とした、確かにピクミンのはずだった。
しかし、私は信じられなかった、何だあれは…
そのピクミンは茶色い色をしていた、目が金色の輝いていた。
そのピクミンが爆風に吹き飛ばされた。
私ははっとしてふえ