※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Arthur Machen
1863年3月3日生まれ、1947年3月30日没
イギリス小説家

ウェールズモンマスシャーカーレオン・オン・アスク(現在のニューポート)にて牧師の子として生まれる。
最初の本格的な作品である『パンの大神』(The Great God Pan) 、『三人の詐欺師』(The Three Impostors)は「汚物文学」とすら呼ばれ、余り売れず、生活費を稼ぐ為に劇団に入って各地を巡業する日々を送った。
1915年1シリング文庫として刊行した「弓兵・戦争伝説」が大当たりして文学者として知られる様に為った。
が、次第に忘れ去られて行き、晩年には生活に困窮する様になったらしい。

エピソード

マッケンは、当時の心霊研究家、A・E・ウェイトと親しく、また一時期、魔術結社黄金の黎明団」に所属していた。

マッケンの作品が後世に与えた影響は大きく、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトは、マッケンの作品を異次元的怪異であるとし、「マッケンはコズミックホラーを最高の芸術にまで昇華した創作者であり、かれに並ぼうというのはほとんど無謀といっていい」("Of living creators of cosmic fear raised to its most artistic pitch, few can hope to equal the versatile Arthur Machen.")とまで言っている。又、小説家朝松健は自身のPNをマッケンからとっている。

マッケンが再評価され、幻想文学の第一人者の1人として認められるようになったのは、1960年代に入ってからだった。

代表作

パンの大神(1894年
内奥の光(1894年)
三人の詐欺師(『怪奇クラブ』)(1895年
白魔(1899年
夢の丘(1907年
秘めたる栄光(1922年
生活の欠片(1928年

タグ