※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Azathoth
万物の王。
無限の中核に棲む原初の混沌。
形なく、知られざるもの。
暗愚の実体。
盲目白痴たる神。

概要

宇宙の中心にて玉座に座し、従者たる異形の神々が呆けて踊る中、下劣な太鼓のくぐもった狂おしき連打とかぼそく単調なフルートの音色に合わせて身悶えを繰り返し、冒涜的な言葉を喚き散らしながら大笑いし、沸き立つ魔王。
あえてその名を口にした者は居らず、此の神はアザトースという名前に依って慈悲深くも隠されている。

宇宙の邪悪な面の中心。
宇宙の創世はアザトースに因って引き起こされた単なる現象に過ぎない。
即ち、此の世界はアザトースの見る夢に過ぎない。

アザトースの存在する空間に於いては、思考が直ちに現実になる。

邪神旧支配者)の総帥であり、宇宙の統治者である「旧神」によって知性を奪われ、時空を超越した窮極の混沌の中心に幽閉されたとされている。
併し、知性を奪われたのではなく、元々知性も魂も持たない盲目白痴の神であったとも、幽閉などされていないとも言われている。

アザトースの意向はナイアルラトホテップに拠って直ちに成される。

ハワード・フィリップス・ラヴクラフトによればアザトースは『這い寄る混沌』、『無名の霧』と『』を産みだし、無名の霧からヨグ・ソトースが、からシュブ・ニグラスが産まれた。
クラーク・アシュトン・スミスによれば、分裂によってクグサクスクルスを産んだ。
リン・カーターによれば、旧神たちによってウボ・サスラと共に生み出され、クグサクスクルスヨグ・ソトースナイアルラトホテップを産んだ。

魔導書に於ける記述

四元の火の窮極的な、消極的局面であり、占星術的には古くからある獅子宮に属し、地上では隠された南に属する。

信仰

地球上に於いてアザトースを信仰する宗教は無い。
又、信仰に対する見返りは無い。

シャガイの甲虫達が崇拝している。

エイボンの書にもアザトースに関する言及が見られる他、アザトースの娘としてオッココクアウラニイストゥーサの名が見られる。

召喚

若し万が一にでも召喚してしまった場合には、先ず直径数メートル程の沸騰する丸い物体として現われ、数十秒の内に数千メートルに迄膨張し、アザトースが飽きる迄破壊の限りを尽くすという。

登場する物語