第二章「目覚め」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 第2章「目覚め」

「んあー、今日も疲れたな。」
独り言だ。今は放課後、俺は家路に着き、夕暮れ時の学園前には、暇を持て余した部活無所属生徒と、部活に精を出す熱血かつ爽快な生徒とがいた。俺は前者だ。
キャベツは吹奏楽、海老は陸上部。皆、中等部らしく部活に励んでいるが、俺は特に優れた、または得意な種目がないので、無所属だ。何かやってもいいのだが、毎日練習する気にならない。
「・・・」
俺は一人で帰る。近くには例の幼なじみ達が住んでいるのだが、部活終了まで結構あるし、そこまで待っていたらとうに日が暮れてしまうから(というか早く家に帰りたいから)待たずに帰る。
毎日同じ道を通る。小等部の頃は寄り道もしたものだが、大して面白いことが無いと学習すると、寄り道することが無くなった。
今日は何故だろう。どうしてか寄り道したくなってしまったのだ。おそらく何か眼を惹くものがあったに違いない。
俺は、出会ってしまったのだ。出来れば出会いたくなかった奴に。奴等に。

眼を惹かれるもの。俺にとってそれは、日常には有り得ないものが中たる。今日の場合は人だった。夏時だって言うのに分厚いコートを羽織っている。
ストーキングの趣味はないが、つい追いかけてしまった。これも「奴」の能力だったのだろうか?
追いかけると、コートを羽織った奴(男か女かもわからない)が、郊外に建っていた雑居ビルに入っていくのが見えた。
「しまったな・・・」
流石にビルの中まで入っていくのは憚られ、諦めて帰ろうとした時だった。
「暁 騎士君だね・・・」
後方から声が聞こえた。低い声だった。
「はい?」
俺は、振返らず答えた。ばれたかと思ったが、せめてもシラを切る事にした。振返らなかったのは、顔を見られると色々と面倒だからだ。まあ、ばれたらばれたでいいんだが。
「騎士君だね・・・」
なおも繰り返す声。妙に低いその声は、夕暮れの喧噪にも関わらずはっきりと聞こえた。
「騎士君だね・・・」
無視しようかなと思ったが、流石に気味が悪かったので、俺は振返った。
「何ですか」
目の前にいたのは、妙に背の高い大柄な男だった。その眼はこちらを見つめ、口は閉じられていた。いくらか高圧的に話しかけ、主導を握ろうとする俺。かなり無駄だった。
「見れば見るほど力に溢れている・・・このままじゃ自分が喰われちゃうね・・・」
やはり狂気だったか、俺は逃げ出した。無駄だった。不思議なくらいに素早い動きだった。素早いって言うか早すぎる・・・これは瞬間移動だろうが!
「うわっ!」
首根っこをつかまれ、俺は文字通り拘束されてしまった。
「粗忽者だね・・・心配しなくても『能力』は僕たちが開花させてあげるよ・・・」
瀕死のこの時、何故かいつも夢に見る少女の事が思い出された。笑っていた。その笑顔は少し懐かしく、また新鮮だった。
少女の顔を想いながら、俺は「組織」に関わることになる一歩を踏み出すことになったのだった。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。