※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

訳だけのせるよ。 文責:るい

死者の日に出された警告。
イタリアではその事例の7%がこの行為を選択していてヨーロッパでもっとも低い率である。
火葬にされることはキリスト教にふさわしくない。
トレントの司教は教会の方針を認めない:土葬の方がよりよい

こっから本文
火葬はキリスト教の伝統では無い。以外の散布や家で保存することも同様である。キリスト教では元来墓地に土葬することを好んでいる。トレントの大司教であるルイージ・ブレッサンはヨーロッパに従って、イタリアで広がっている新しい社会的現象(正式に教会も同意する)に対して叱責する。彼がそれを言ったのは死者に捧げられた日である。強い断言とともに論争の口火を切ることを運命づけた。
このカッコ内はちょいと怪しい・・・[キリスト教とは古代ローマ人が用いた二つの死者の埋葬方から元来きっぱりと選んできた。古代のキリスト教とは大地に埋葬して、それを聖なるものとしたイエス・キリストのように土葬した。]
実際イタリアは火葬数においてヨーロッパでいまだにびりである。イタリアではほんの7%なのに対して、スウェーデン、イギリス、デンマークやスイスの地域では平均で70%を超え、オランダでは49%、フランスは23.5%である。
「しかし、ミラノではすでに火葬が土葬を超えている」とイタリアの葬儀会社のもっとも有名なもののひとつであるサンシーロの責任者であるアルチーデ・チェラートは確約する。町では51%だ、と。このことはイタリアの残りの部分でも同じではない。火葬はローマでは大体6%で南では下落し2,3%である。文化的多様性による選択である。しかし、家族の振る舞いは根本的に変わりつつある。(それを理解するには)あなたはスペッツァの企業は過ぎゆく時を刻む死者の灰を入れてリビングに置くために骨つぼを砂時計の形をしたガラス製のものにしたと考えるだけでよい。
ますます頻繁に市町村の行政は火葬に頼ることを好意的にみている。大きな都市の墓地の空間は大いに不足している。拡大のための費用も莫大である。また、家族は火葬に世話になる方がより実用的で経済的だと考える。ヴェネツィアでは11月10日にサンミケーレ島の見事な墓地で新しい形式の火葬が開会するだろう。「もしそうなればどうしていいかわからない」と市長のマッシモ・カッチャーリは打ち明ける。家族の死者の灰の入った壺を家に持って帰りたいという要求が大きくなっている。もしかしたら自分自身の親しい人の近くに少しでもいようとするために。灰を周囲に撒くために。または高すぎる墓地のスペースのためのお金を節約するために。

CACCIARIで始まる文
ヴェネツィア市長のマッシモ・カッチャーリは火葬に頼ることを好意的にみている。(per un problema di vera e propria convenienza ed economicita の部分が抜けてるけどまぁ多分、正真正銘の利益と経済性の問題のため、ぐらいだと。)「平凡なスペースの問題ですか?もちろん。死体を埋葬することはカトリックの伝統です。しかし、火葬を禁止する神学上の根拠は存在しない。墓地を拡張し、新しいスペースを探すのは神の怒りを買うほど高い。おそらくお金はこうした使い方の方が慈愛に満ちている。

il prione Bianchiから始まる文
修道院長ビアンキ「しかしそれではキリストの復活を否定する。」ボーゼの地域の修道院長のエンゾー・ビアンキはたとえ教会がそれをゆるしても断固として火葬に反対する。「死体を灰に変えてしまうことは永遠の命を否定するようなものだ。」火葬は復活を否定しているようなものですか?「はい。現実の死体の復活がある間は。私には遺灰を家に持っておくという考えは物神崇拝に思える。死者が課す現実の距離を受け入れていないのだ。」