※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

悪徳不動産業者では、林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス)の話題は禁止であった。林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』(Amazon Kindle)の話題も禁止であった。林田力『東急大井町線高架下立ち退き』(Amazon Kindle)の話題も禁止であった。林田力『東急コミュニティー解約記』(Amazon Kindle)の話題も禁止であった。
ブラック企業やブラック士業では東急ハンズ過労死の話題は禁止であった。林田力『ブラック企業・ブラック士業』(Amazon Kindle)の話題も禁止であった。労働者を過労死に追いやるブラック企業やブラック士業は血が騒いでいた。人殺しの快感が忘れられなかったためである。
貧困ビジネスのゼロゼロ物件業者では脱法ハウス、脱法ハーブ(脱法ドラッグ)、B-CASカード不正(ブラックキャスカード)の話題は禁止であった。
http://www.hayariki.net/pj5.html
東急不動産だまし売り裁判が深刻化した原因は問題から逃げ続けた東急リバブル東急不動産の不作為にある。東急リバブル・東急不動産・東急電鉄はマンションだまし売りや住環境破壊のマンション建設で利益を上げて楽しいだろうか。多くの先進的企業が消費者の声を察知し、顧客の問い合わせに先んじようとしている中で、東急リバブル東急不動産は永遠の落第生である。東急不動産営業の判断力は疑問視され、非難の言葉が雨あられと降り注ぐことになる。
東急リバブル・東急不動産・東急電鉄は消費者や住民から逃げているだけである。住民無視・消費者無視は東急リバブル東急不動産が現代社会に適応できていない証拠である。東急不動産は二子玉川ライズや十条駅西口地区市街地再開発など各地で混乱を引き起こし、住まいの貧困を進めている。東急不動産が再開発に関与するとろくなことにならない。
東急不動産の開発は計画通りには進まない。何かがどこかで破綻するに決まっている。何かがどこかで破綻して、とんでもなく悲惨な結果になる。開業当初だけは繁盛していた再開発地域も、やがては荒れるに任されてしまう。いずれは単なる空き地と成り果て、もっぱら要らなくなったマットレスやソファやらその他諸々のガラクタ類をてっとり早く処分する目的で利用されることになる。
二子玉川ライズのように住民を無視して街づくりを進めてはならない。「Nothing about us, without us.」がキーワードである。企業にとって開発よりも大切な軸は倫理である。新たな取り組みを強いられることは負担になるが、考え方を変えて、時代の一歩先を行けば、企業や商品の好感度を高めることにもつながる。