駆逐艦1

駆逐艦1


Lv:5/DP:5,600/Cost:2,000(+装備)
Rマウント    38*4 
Tマウント    19*1  
航空機積載   搭載不可
乗員         4+2

基本タイプ(DD1)詳細
Lv:5 価格2,006(2,000+装備分)
Rマウント:2席 前38*2 後38*2
Tマウント:1席 中19*1
補助席:2席 兵装積載:4 航空積載:0 同時発進:0
DP:5,600 基本防御:40 対空戦闘:133
甲板:263 舷側:108 バルジ:120 隔壁:113
基本:1,326 基準:1,700 満載:2,230 積載:904
FCS:25 機関:23 OH許容:85% 舵力:34
誰もが通るであろう駆逐艦の基礎。
どの駆逐艦もRマウントは前2基、後ろ2基の計4基。
DD1はTマウントが1基のみだが船体が小さく被弾し難い。
無国6単L(53口径 15.2cm Mark13)と呼ばれる長射程高威力の砲を使う事で、
国籍艦とも十分渡り合える性能を持つ。
満載速度37/51で舵力も良好。機動性も良いものを持っている。
銀Lv位までなら、運用次第でCL等の上位艦も単独撃破できるかもしれないが、
それ以上は兵能力で劣勢を強いられるようになってくる。
フリゲート同様3種類に改装可能。

DD1-1(火力強化・耐久低下型)
Lv:6 価格:2,506(DD1+500)
Rマウント:42 Tマウント:21 兵装積載:6 FCS:30 対空戦闘:160
DP:5,100 基本防御:32
マウントの容積が増えて無国籍最大値に。
無国6単L型で弾が2セット積め、連装砲でも弾数に余裕がでてくる。
Tマウントも魚雷は六式連装のままだが、国籍爆雷が使えるようになる。
FCSも高性能な二型が載せられるようになるので、攻撃力はかなり強化できる。
その代わりDPと基本防御が減るので、防御力が若干不安に。

DD1-2(耐久強化・速度低下型)
Lv:6 価格:2,606(DD1+600)
DP:6,200 基本防御:48
舵力:27 OH許容:58%
DPと基本防御が増えて防御力が若干強化。
代わりに満載速度は37/46となり舵力も低下。機動性は悪化する。

DD1-3(速度強化・火力低下型)
Lv:6 価格:2,706(DD1+700)
舵力:41 OH許容:113%
Rマウント:34 Tマウント:17 FCS:23 対空戦闘:106
満載速度は37/56が出せ、舵力もDD最高値と良好な機動力を発揮する。
ただ、砲は最大で無国6単D型までしか積めず、FCSもフリゲート二型と性能が悪化。
攻撃力は若干低下する。

更に、Tマウントを2基にした駆逐艦2と、その改装艦3種へと改装する事もできる。
が、被弾面積の増加・速度の低下などの
大きなデメリットがあるのに対し、その代償として得られるのが貧弱なTマウントが一つだけと
明らかに弱体化しているのでおすすめはできない。

FFXとの比較
DD1 R:無国6単L(1セット) T:連装 FCS:DD一型 満載速度:37/51 軽量速度:40/56
1-1 R:無国6単L(2セット) T:連装 FCS:DD二型 満載速度:37/51 軽量速度:39/54
FFX R:無国6単N(1セット) T:三連 FCS:FF一型 満載速度:42/48 軽量速度:47/54
(軽量速度:R砲4基+弾満載のみ。幽霊兵運用)
砲撃力は高性能なFCSが使え、より長射程で少し威力が強くなるL型が使えるDD1に分がある。
特にDD1-1型は2セット搭載できるので、被弾に注意さえすれば継戦能力も高い。
機動性はFFXの方が良く、被弾面積やTマウントの差等も踏まえた総合力だと、FFXが若干優勢。
だが、無国籍で砲撃を極めるなら万能なFFXではなくあえてこちらを選ぶのも一つの手である。





ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。