龍田

龍田【たつた】


必要レベル:25 / DP:7,000 / Cost:80,000
Rマウント  72*4(F2R2)
Tマウント  47*2(F1R1)
航空機積載  不可
乗員座席数  5+2 
(2010/06/21仕様対応)
魚雷ルート2番目の艦。吹雪の次に乗れる。DD2に分類。次艦は島風(Lv32)
NFがNEOになったときに実装されたので新DDと呼ばれることも。
史実の龍田はCLで、前部砲塔は艦橋を挟んで1基ずつの配置になっているが、
NFにおいてはDDとして扱われ、前Rは艦橋の前に2基の配置となっている。
  • 船体
DP7,000・構造27・対空65
DPはDD2としては低い。
元がCLだけあって船体は長158幅26と大きく、DDでは秋月改と並び最も全長が長い。
敵と平行になった時は被弾しやすくなるので、回避運動はしっかり行なおう。
機銃は吹雪に次いで低い。
  • 排水量 
基本1,452・基準1,715・満載3,550・積載2,098
積載は十分とはいえないが、他DDに比べれば多いので良好。
  • 装甲
甲板412・舷側188・バルジ168・隔壁209
積載は装備や水兵、もしくは軽量化に割くべき。舷側2枚で済ますのが妥当だろう。
  • Rマウント
容積72と秋月並みのものが前2後2の合計4基ある。
同等の装備と火力が得られるうえ、
射界は前320後320と範囲が広くなっており、使い勝手が向上している。
1多い容積の為、装弾数は微妙に変化。
「65口径 10cm 九八式 連装砲」(L2N4D6A22セット)
「50口径 12.7cm 三年式C 連装砲」(L5N6D8A10セット)
「45口径 12cm 10式 連装砲」(A17セット)
「40口径 12.7cm 八九式 連装砲」(A14セット)
「50口径 14cm 三年式 連装砲」(L2N4D5セット)
史実砲は14cm単装だが、強力な連装砲が使える以上、これを積む意味はあまり無い。
  • Tマウント
容積47と魚雷用としては最大のものが、前1後1の合計2基ある。
射界はいずれも両舷120ずつ。
武装搭載容積16を持つので、魚雷などの再装填が可能。予備魚雷換算だと13本。
九三式M3五連装までの全ての発射管を搭載可能。史実は三連2基。
他の魚雷ルート艦に比べ基数と予備魚雷が少ない為、総合的な雷撃力は低下しているものの、
九三式M3なら10本同時投射できる為、瞬間火力なら最も高い数値を出せる。(島風吹雪は9本まで)
1回の攻撃に全てを賭ける事の多いBBへの突撃には、1本の差が響くこともある。
  • 機動性
機関125・OH85%・旋回30
適性機関は駆逐艦三型重。満載速度は36/50(61)ノット。
旋回も高めで、良好な機動性を持つ。
  • FCS
駆逐艦型FCS二型まで搭載可能。
全魚艦など砲撃精度の必要ない艦なら、軽量化で潜水艦型FCS一型を載せると良い。
  • 総合
補助2・修理0(319)
強力な魚雷も使える冬月といった様相。
魚雷ルート艦にしては、砲撃・対空・雷撃・対潜と様々な用途に使え、汎用性の高さは秋月改を超える。
しかし、積載量があるとはいえ十分ではないので、重量配分には苦労するだろう。
T容積が十分に大きいので、全爆雷投射機といった面白かつ有効な装備も出来る。
RTと素早く切り替えて投射すれば一度に6基の投射が出来る為、強力な攻撃が可能となるだろう。

かつては全魚突撃DDとしては最大火力を誇っていた。

余談
実装当初に比べRマウント容積と積載量が強化され、大きく化けた艦。
それまではいらない子扱いだった。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。