IXD2型

IXD2型 【Type IXD2】

必要レベル:95 / DP:22,600 / Cost:2,856,000Cr
前部Rマウント 20*1(10.4センチ単装)
前部Tマウント 17*4
後部Tマウント 17*2
航空機搭載不能
乗員 4+5名

概要
ドイツ潜水艦ルート5番目のSS。
史実では小型のVII型よりも航続距離が長く、大西洋を駆け巡って通商破壊を行うための航洋型潜水艦。
ディーゼルと電動モーターの併用により水上速度が比較的速く、複殻式の船体構造で可潜深度も深い優秀艦であった。
1942年~1945年にかけて同型派生艦を含む29隻が竣工した。
NFではVIIC型の能力を全体的に向上させたような性能を持つ。
今までの白色が目立つVII型とは色が違い、黒く落ち着いた配色で目立ちにくくなった。

特徴
潜行時間は約215秒。
Rマウント席が2つから1つに減ったが、補助席が前級SS4U-FlakI型より2つ一気に増えたため、
操舵兵・推測兵を乗せても補助席3つの余裕があり、これまでの機関兵1名縛りを大きく脱することができる。
余剰排水量も大幅に増えており、高レベル兵も思う存分乗せられるようになった。

兵装
主兵装がT魚雷であることは変わらず、単装発射管「53.3cm G7e T4 S」(Lv95)を前4後2の配置。
引き続き磁気信管を利用した命中率の高さが魅力。
前部Tが相変わらず4門しかないことをHIT数でカバーしていくことになる。
後部Tは2門になったことで実用性が倍増。敵潜等との戦いで有効に活用しやすくなった。
魚雷は最大46本搭載可能。雷速の向上は微々たるものだがが、威力が10%・射程が5%程度UPした。
ただし装填速度がかなり遅くなっていることには注意。単位時間あたりの火力は前級に劣る。

備砲は単装1基で前級のような特徴はない。榴弾・AAを計2セット積載可能。

その他
速力は機関兵込みで巡航25/OH40。かなり切り詰めた軽量化を施しても27/40となる。
30/40も達成可能であった前級と比べると大幅に巡航速力が落ちており、舵力も21と2も低下しているため
対潜艦や敵潜との戦いではやや劣化した感は否めない。
とはいえ各国SS5の中では最も運動性が高い部類に入るので、大型化・鈍重化が進んだSS5の中では、
磁気信管とも併せて、水中戦に優れる艦である。
また高まった潜行時間や機関兵による長時間OHを用いて、多少は大型艦を狙いに行きやすい性能になっている。

DPが米SS5ガトー級に次いで高く、船体もSS5にしては小柄で被弾面積が少ないため生存性は高い。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。