リューリク

リューリク 【Rurik】


必要レベル:44 / DP:12,300 / Cost:550000
前部Rマウント	200*1
後部Rマウント	200*1
Tマウント	151*4
航空機搭載          0
乗員		5+4名
基本排水量:9467 基準排水量:13973 満載排水量:18000
基本防御力:54 対徹甲弾:819 対榴弾:353
対空機銃:177 FCS:80 機関:171 OH許容:50% 舵力:23

ソビエト旧型艦ルートのCL.パルラーダの次に乗れるCA1クラス。
次艦はCA.キーロフ(Lv48)又はCV.コムソモーレツ(Lv55)
史実では、ロシア帝国海軍バルト海艦隊旗艦として活躍した。

Rマウント
容量200と大きなものが前後に1つづつ。
史実装備は25.4cm連装砲×2。口径は他国CAに比べ抜きん出ているが
いかんせん門数が心もとない。
乗りたてならLv44「50口径 25.4cm 1891式」(8セット160射 基本10.48秒)、
砲手のレベルが上がったらLv52「50口径 25.4cm 1908式」(4セット80射 基本12.68秒)
どちらにせよ、使用可能レベルではまったく着弾が見えず、扱いが難しい。
レベルが低いうちはLv34の三連装「15.2㎝ B-38 MK-9 1938式」や、
Lv48の三連装「57口径 18㎝ B-1-P 1932式」等を乗せて
少ない手数をカバーするのもアリか。

Tマウント
こちらも容量151と割と大きめな物が片舷2基づつの4つ。
再装填はできず、マウント数も少ないので魚雷や対空には不向き。
史実装備は20.3cm連装砲を搭載するが、装填が基本8秒と遅めなので取り扱い注意。
15.2㎝三連砲を積んでの狙撃対空や、Rと併用して12門による射撃に使うのも良いか。

FCS
重巡洋艦型FCS二型まで搭載可能。

偵察機
旧型艦ルートは一貫して偵察機搭載不可。空いた席は補助兵に使うも善し、
次艦の為にパイロット育成するのもアリか。

速度
重巡二型(重)満載で23/33。露西亜のお約束か、やはり他国に比べ足が遅くなる。

実際は排水量約17000㌧の大型装甲巡洋艦なのだが、なぜだかNFでは
他国の豆PCLのような大きさに描かれている。
乗りたてレベルでは一発当てるのも一苦労だが、割と余裕のある排水量と小さな艦形を生かし、
高Lv兵で運用すれば相手にとって非常に厄介な存在になりうる。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。