キーロフ

キーロフ 【Kirov】


必要レベル:48 / DP:13,280 / Cost:650000
前部Rマウント	183*2
後部Rマウント	183*1
Tマウント	81*8
航空機搭載          170(同時発進数1)
乗員		5+4名

戦艦ルートCA2クラス。リューリクまたはクラースヌィイ・カフカースの次艦として登場。
BB1アンドレイ・ペルウォスワニ(Lv58)へと続く。
またLV54よりマクシム・ゴーリキーに改装可能。(改装費は250000Cr)

特徴
ロシア革命後の造船界ブランクを埋めるべく、イタリアより技術者を招聘
伊軽巡ライモンド・モンテクッコリ級の図面を受け、設計されたのが本級である。
史実では運用実績の良かった18cm砲を3連砲塔に収め、これを3基搭載した。
長射程10インチ砲が積めて被弾面積の小さいリューリクや、超速射のカフカースと比べると、
いまひとつ新鮮味に欠けてしまうものの、かなり優秀なNCAである。
ただ、やはり長射程10インチの積めるマクシム・ゴーリキーペトロパヴロフスクの方が単純に強いので、
Lvが到達したらすぐに乗り換えられる運命か。

Rマウント
史実砲は「57口径 18cm B-1-P 1932式」の3基9門、8セット133射。
射程、威力ともにまずまずの性能だが、同一砲架が災いしてか米英3連のような集弾は見られない。
ただ、8インチ以下級の中では上位の射程を持つうえ弾も多めに積めるので、L戦などの長期戦で活躍が期待できる装備。
短射程10インチ砲「50口径 25.4cm 1891式」(5セット100射)も搭載可能であるが、
長射程の1908式に比べるとやや期待外れの感が否めない。
但し威力は申し分ないので踏み込めばこちらのほうが良い結果を出せることもある。
尚、射程は「57口径 18cm B-1-P 1932式」>「50口径 25.4cm 1891式」となっている。

Tマウント
片舷4基が指向可能。射角の関係上正面及び真後ろには砲撃が行えない。
「50口径 9.9cm "Minizini"」や「45口径 13cm SD-2」により、それなりの防空が見込める。
砲配置は前Tが2基、後Tが6基と偏っているため、前Tには補助兵を置いてしまっても良いだろう。

速度
速度は満載で24/40(右数字はOH上限)
軽量化に努めれば27/45程度には出来る。また船体が細いため速度のわりには回避も優秀である。

偵察
偵察機は1次から順に6機、5機、4機、4機の搭載となる。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。