ボガトィーリ

ボガトィーリ【Bogatyr】

必要レベル:32 / DP:8,500 / Cost:159,500
前部Rマウント	125*1
後部Rマウント	125*1
Tマウント 70*8
航空機搭載 不可
乗員座席数 5+3名
基本排水量:2353 基準排水量:4323 満載排水量:6650
舵力:27 基本防御力:46 対榴弾:534 対徹甲弾:253
対空機銃:162 OH許容:60% FCS:60 機関:125 兵器積載量:30 

DD.レニングラード級又はDD.タシュケントの次に乗れる、旧艦ルートのCL1クラス。
新艦ルートスヴェトラーナとの選択。
次艦はパルラーダ(Lv38)

史実ではボガトィーリ級防護巡洋艦のタイプシップとして建造され、
バルト海艦隊に配属された。

Rマウント
容量125が前後に1つづつ。
史実装備はR・Tともに15.2cm単装砲だが、せっかくの大容積に単装砲はあまりにもったいない。
搭載候補
Lv34の三連「15.2㎝ B-38 MK-9 1938式」5セット84射分
2基6門装備できるので、Rマウントでの最大火力。弾数も十分ある主力装備。
対空弾も撃てる両用砲なので汎用性も高い。
Lv36の連装「57口径 15.2㎝ B-38 MK-17」11セット275射分
2基4門と門数が減るが射程が若干伸び、この艦での最長射程。
仰角が85度まで上がるので近接対空にも使えるようになるが、
連射が遅く門数も不足ぎみなので、おまけで出来る程度に考えた方が良いか。
Lv26の連装「45口径 15.2㎝ 1892式」
史実に合わせTマウントにも15.2㎝単装を積んだときの装備。
単装と性能が同じなので射程を揃える事ができ、RTと交互に撃つ事で8門による攻撃が可能となり、
この艦での最大火力を発揮できる。
砲が低仰角で当てやすく、交互に撃つ事で弾着修正がしやすいのもメリット。
ただ、射程は上記砲に比べ短く、装填の早い砲兵を積むようになると忙しい操作が必要になってくる。

他にも好みに合わせて幅広いセッティングが可能。ただ、マウント数が少ないことは考慮しておこう。

Tマウント
容量70のものが片舷4基づつある。
兵器積載量を生かして魚雷や爆雷を搭載するのもあるが
マウント間隔が狭く、集中した弾幕が出来るため小口径砲での対艦・対空も有効で、
Rマウントより使い勝手が良いかもしれない。

FCS
軽巡洋艦型FCS二型まで搭載可能。
旧型艦ルートの船はすべて1ランク上のFCSを搭載できる容量を持っている。

偵察機
旧型艦ルートはすべて偵察機搭載不可。

速度
軽巡二型(重)満載・機関兵無しで29/40。ロシアは他国に比べ足が遅いため注意。

かなり小さな船のためか、積載量の余裕はあまり無いので
兵Lvが上がってくると支障が出る場合も。
艦長Lvが38を超えたら早めにパルラーダに乗り換える方がお勧め。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。