グナイゼナウ(1943)

グナイゼナウ(1943)【Gneisenau(1943)】

必要レベル:70 / DP:23000 / Cost:(イベント配布艦)
前部Rマウント	379*2
後部Rマウント	379*1
Tマウント	93*4 / 62*4
航空機搭載容積	150
乗員		5+7名

概要
ドイツ史実戦艦ルートの2番目のBC、グナイゼナウのイベント配布版(EBB)。
SDE移管後のログインイベントでスタンプ14個にて配布(2010/8/19 - 2010/09/01)。
同イベント配布戦艦として、ミシシッピ榛名リゾリューションル・アーブルがある。
1942年2月に大破し、主砲塔を38cm連装に換装するためゴールデンハーフェンに回航されるが、
1943年に工事中止、廃艦が決定されたという経緯がある。

船体
DP23000・構造強度120・対空防御力136 - 公式HPのShipyardより。
見た目こそグナイゼナウであるものの、R&T容積、DPはBB3ビスマルクと同等である。
R基数こそ3だが、補助席がBB4同等の7、排水量+4300(グナイ比)、そして元々快速に定評のある艦のさらに強化版ともあって
他国EBBとは一線を画する能力となっている。

Rマウント
主砲はビスマルク標準装備の「52口径38cm SK C/34b L型」(ビス砲)。
ノーマルのグナイゼナウと比べてRマウント容積が大幅に拡大されており、偽ビス砲ではなく真ビス砲が搭載できるようになった。
弾数は4セット70射。BB3砲のL型を十分な弾数と共に搭載できるため、砲撃力は大きく向上している。
射程はシャルン砲にごく僅かに劣るものの、ほぼ同等と言えるまでに長く、
火力も軽榴弾で1329という英国艦に匹敵する数値を誇る。
重量においても偽ビス砲より遥かに軽いなど、大変な優秀砲となっている。
最大仰角は30度と低く扱いやすいため、同クラスの戦艦と戦う際にはその威力を遺憾なく発揮してくれるだろう。
ただし門数が6門と少ないので、インレンジで短時間に大量の弾を叩き込んで決着をつけるのはやや苦手。
火力に勝る相手には快速を駆使して巧みにDPを削っていくことや、味方上位BBと連携しての働きができるとより活躍の場が広がる。
もちろんこれまでも長く使ってきたシャルン砲も搭載可能。
ただしシャルン砲を使うと打撃力がノーマルグナイゼナウと変わらないため、あえて本艦で使うメリットは薄い。
20セットもの大量の弾薬を搭載できるため、長期戦に向けて利用するか、
高いDPや補助席を確保しつつ史実装備で楽しみたい人に使われる事がある。

Tマウント
変わらず安定感のある片舷4基8門。
容積増大により「61口径12.7cm KM40 A型」で統一しても弾切れを起こしにくくなり、より対空能力が高まったと言える。
容積の小さいマウントで10セットの弾を積める。
しかしG戦や大人数戦などでこれでも足りなくなる可能性がある場合は、
おなじみ「65口径 10.5センチ SkC/33 A型」との混載や「76口径8.8cm SK C/32 A型」(08砲)でも高い対空能力を発揮する。

その他
グナイゼナウを強化したというより、ビスマルクの砲門数を減らして快速にしたような艦。
一通り装備を施すと33/51、兵士を積んでバルジも相当貼って27/45前後、満載では24/40といったところ。
軽量化すれば30/51まで発揮可能で、速力においては他艦を全く寄せ付けない。
対空門数、補助席数などでもビスマルクより優れバランスが良い。
ゲーム内ではBB2の扱いだが、BB3または3.5くらいのポテンシャルを持っているのではなかろうか。
艦首及び艦尾甲板に施された紋様は、各国での事情を考慮してか史実のナチス党旗(ハーケンクロイツ)ではなく、
ドイツ国防軍の黒十字(バルケンクロイツ)である。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。