アルジェリー

アルジェリー【Algerie】


必要レベル:47 / DP:14,150 / Cost:680,000Cr
前部Rマウント  123*2
後部Rマウント  123*2
Tマウント 56*6(片舷3基)38*2(片舷1基)
航空機積載  180(同時発進基数1)
乗員座席数  5+5

多砲塔戦艦ルート、シュフランの次艦。
改シュフラン型フォッシュの次に建造されたクラスで、フランス重巡最後のクラス。同型艦は無い。
艦のコンセプトとしては、既に列強海軍で主流となっていた塔型艦橋や誘導煙突の採用、装甲化など。
装甲重量は2,600tにもおよび、そのおかげもあってか9,000t近く積載できる。
機関出力が上がっているため、速力は問題ない。
上記2つによりバイタルパートが縮小され、Rマウント間の距離が短くなり、照準を合わせやすくなっているのが改良点。
大きなDPと他国PCAと同等の補助席5は強力、しかも艦が大変細く、CLより被弾率が低い。

史実装備は新型の55口径8インチ1931型連装砲*4、45口径3.9インチ1933型連装砲*6、21.65インチ3連装魚雷*2。
ここまで重装備になっていてもなお史実装備に魚雷を持つため、再装填が出来る。これはまさしく脅威といえるだろう。
主砲はシュフラン同様に史実砲か6~6.1インチ3連装砲もしくは5.1インチ4連装砲。
4連装砲は合計16門の近接火力と強力な対空弾幕を貼れる。対空の射程ならば6~6.1インチ3連装砲がベター。
対水上艦ならば射程が55口径8インチ1931年型連装と55口径6.1インチ1926年型3連装砲はほぼ一緒なのでこの2択か。
Tマウントはシュフランに比べ1基減っているが容積がアップしている。AA、HH、魚雷と多彩な組み合わせを選べる。

次艦はBCクールベ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。