シレーヌ

シレーヌ【Sirene】


必要レベル:38 / DP:9,170 / Cost:372,000Cr
Rマウント  16*1
前部Tマウント  13*6
後部Tマウント 13*1
航空機積載  搭載不可
乗員座席数  4+2

フランスSS1。CLデュゲイ・トルーアンの次に乗れる。
第一次世界大戦後に建造された沿岸型潜水艦。フランスでは航洋型を一等潜水艦、沿岸型を二等潜水艦として分類している。
が、実際そのほとんどは二等潜水艦であった。
1927年に、ルカン型の成功を受けた海軍が竣工させた600t級潜水艦の一つで、
ロワール社に発注されたものをシレーヌ(ロワール・シモノ)型という。
第二次世界大戦では戦没もしくは自沈により参加した10隻すべて終戦まで生き残れなかった。
SS1の中では最高の性能を誇る。満載での巡航速度は20ノット。

  • 兵装
史実では21.65インチ魚雷発射管7門(艦首1、上構内6)、2.95インチ単装砲1門。
フランスの潜水艦の特徴に、艦首に魚雷発射管を出来るだけつけず、耐圧隔壁の外側の上部構造体
内に旋回式発射管を付ける、というヘンテコ設計がある(水中では撃ちにくかったようだ)。
もちろん、この艦もその通り。だがNFでは見事に無視されている。

NFでは21.65インチ魚雷発射管、艦首6、艦尾1とSS1中最多の発射管数を誇り、唯一艦尾発射管を持つ。
lv38以上の魚雷能力を持つ水兵がいれば魚雷発射可能。


次艦はルカン
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。