瑞鶴

瑞鶴 【ずいかく】


赤=船体幅(飛行甲板基準) 黄=上部構造物幅(艦橋・兵装デッキなど)
必要レベル:106 / DP:29,000 / Cost:200円/30回(売却時、残り使用回数毎500cr+250p)
Rマウント  85*8(F4R4)
Tマウント  ----
航空機積載  12,000(同時発進機数11)
乗員座席数  3+9
(2011/05/19仕様対応)
NF内通貨のCrではなく、現金で購入するプレミアムシップ。200円。
同プレミアムシップとして、夕張トンブリ浅間三笠B65プロジェクトがある。
ただ、この艦はB65と同様、30回の使用制限付きのレンタル艦である。
  • 航空機運用
航空機積載12,000・同時発進航空機数11・補助9
PCVだけはあり能力は十分高い。
ただ、11機という素数は運用する上では少々使い難い。
無駄なく使いこなすにはセンスが必要だろう。
補助席は9あるが、やはり運用できるパイロットは8名まで。
  • 船体
DP29,000・構造101・対空240
DPは信濃より多く、高い耐久性を誇る。
翔鶴の同型艦だが、長294幅40(45)と少し太ってしまっている。
赤と黒で塗り分けられた毒々しい迷彩と、頭でっかちな艦橋も太さを際立てている。
機銃は日艦としてはだいぶ強くなっている。
  • 排水量 
基本32,500・基準38,200・満載44,000・積載11,500
見た目のまましっかり太っており、満載は重い。
しかし積載の余裕が多いので、筋肉質なうえ着膨れしてるだけという話もある。
実際バルジを剥がしていくと、どんどん足が速くなる。
  • 装甲
甲板1,882・舷側743・バルジ313・隔壁2,180
装甲化するほど余裕は無いし利点もない。定番どおり舷側2枚にバルジを好みで追加。
バルジを張る余裕は十二分にあり、装備によっては150枚近く着込ます事が出来る。
  • Rマウント
容積85とCVとしては大きめのものが、前4後4の合計8基ある。
射界は片舷180で死角はなく、左右に4基ずつ指向する。
史実装備は12.7cm八九式。
配置は前寄りに4基、後寄りに4基と離れているので、弾を纏めるには手間が要る。
自衛用の装備が積め、補助兵の席としても使える。
特にS技術を使用すると両方の機能を同時に発揮できるので大変便利。
補助能力は落ちるが、修理保守を高めたS砲兵を使用することで、
自衛能力を強化する攻撃的な選択肢もある。
搭載候補は信濃参照。容積が5増えてるので弾数が増やせる。
  • 機動性
機関267・OH40%・旋回25
適性機関は空母五型重。満載速度は25/37(42)。
代替機関は空母三型重。満載速度は25/41(42)。
パイロットが8名までしか乗せられず、プレミアム艦なので艦長席にも機関兵が乗せられる事から、
機関兵の席が十分に用意でき、速度上限を達成させる事も容易。
積載量の余裕も大きいので、軽量化させてさらに速度を稼ぐ事もできる。
大鳳翔鶴同様、三型の方がOH速度は速いので、
機関兵より他の兵を優先して乗せたい時は有効か。
旋回は翔鶴と同じなので、回避はそこそこ見込める。
  • FCS
砲装備なら重巡洋艦型精密FCS一型、他のものなら駆逐艦型遠距離FCS二型を搭載するのが良いだろう。
通常の艦と違い、艦橋ではなく左舷の兵装デッキにFCSマウントと艦長席があるので、
艦長の配置に戸惑う事がある。
  • 総合
修理6,273
PCVだけあって性能は非常に高い。
全ての能力が既存CVを上回るうえ、翔鶴級の回避力も併せ持つので日最強CVの座を欲しいままにする。
ただ、その高性能ぶりは多少興醒め感を抱かせる。
その目立つ迷彩塗装で、流麗だった翔鶴の面影が無くなっているのも残念なところ。
化粧のセンスは姉とまったく違ったベクトルに及んでおり、マッシブでパンクな性格を覗かせる。
彼女の過去になにがあったのだろうか。
余談
翔鶴級の2番艦。翔鶴と共に数ある戦場を駆け回り、その間ただの一度も被弾が無かったため幸運艦として知られる。
翔鶴を失なったマリアナ沖海戦でついに被弾。しかし小破だけで生還するなど、幸運は続くかに思われた。
だが、レイテ沖海戦にて囮艦隊旗艦として参加、敵の機動部隊を引き付けるという無茶を行い、流石に運も尽きる。
立派に任務を果たすものの敵機の集中攻撃を受け、ついに海底へと没した。
なお、実艦も迷彩を施されていたが、その迷彩パターンは未だ明らかになっておらずいくつかの説がある。
最新の考証では、黄色+緑+黒の目の字模様とNFのものよりさらに過激になっているようである。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。