輸送機総括

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

輸送機総括

航続 米英日:約444秒 独:約389秒 仏:約538秒 蘇:約527秒
港争奪戦の上陸戦において、空輸兵系列の兵員を運ぶ為だけに存在する。
必要LVはバラバラだが、各国共爆撃機パイロットが作れるLvになっているだけなので
爆撃機パイロットさえいれば運用できる。(ソビエトのみ55と、パイロット転職の48より高い)
ドイツ以外の機体は全て、原型がアメリカ製DC-3を元にしたものなので外見が同じ。
(手抜きともいえるが、実際各国で使われていた優秀な機体だったので仕方ない。)
ただ、性能には若干のバラつきがある。
しかし、全て一次戦でも追いつける程の鈍重な機体なので、生存性の低さは明らか。
安全に使用するには敵の対空砲火や戦闘機を黙らせる必要があるので、
自艦隊が優勢でないと効果を発揮し難い。
優勢に進める為には、より多くの戦・爆・雷があった方が良いのに
その為の座席や容量を食い潰すという背反を抱えた贅沢な兵器。

港争奪戦における兵員の占領効率が、砲爆撃による破壊効率に比べて著しく劣る為
輸送艦以上にその存在意義を失いかけている他、
港争奪戦自体が下火になってしまっている為、使われる事は殆どなくなっている。

全航空機中最長の航続時間を持つが、鈍重なうえ視野は非常に狭い。
偵察機にして18~23機分の必要容積も相まって、とても偵察機の代わりは勤まらない。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。