ライオン

ライオンⅠ【Lion Ⅰ】

必要レベル:89 / DP:26,550 / Cost:2,500,000
前部Rマウント    644*2
後部Rマウント    644*1
  Tマウント    77*8
航空機搭載容積   120(同時発進機数2機) 
乗員             5+8名
(2010/08/18仕様対応 ライオン砲重量修正)
KGVネルソンフッドの各BB3がここで合流。本級かヴァンガードとの選択になる。
次艦はLv103ライオンⅡ
高い戦闘能力を誇る英国BB4。

主砲候補
「45口径 40.6cm Mk.IV 三連砲」
通称、真ライオン砲。L型で4セット47射分の弾薬が積める。射程は35ポイント程。
本艦の基本的装備で、英国16インチの極めて高い火力(最大射程の軽榴弾で一発4500ほど)を誇る。
しかしH39砲や大和アイオワ砲より射程で劣るため、いかにして踏み込むかが問われる。
艦自体が比較的優速である(対空砲やバルジ次第だが、限界まで軽量化して巡航26・OH44ノットも可能)こと、
BB4にしては小型の船体による低被弾率、満載排水量の小ささから被弾ダメージが少なめであるなど、
全体的に防御力が優秀で、踏み込みは得意な部類の艦であるため、
適切にタイミングを見て扱うことができれば、高い火力を大いに生かすことができる。
砲塔重量は弾込みで4630tと重いので、3基搭載すると多少無理をしても8インチ厚くらいの装甲しか貼れない。
厚い装甲を貼りたい場合は、前2基のみ搭載にすると10インチ厚程度となり、そこそこ信頼性の高い装甲が貼れるようになる。
「45口径 40.6cm Mk.I 三連砲」
通称、ネルソン砲。L型で32セットと膨大な弾数を装備できるうえ、射程は34ポイント程と1ポイント減で済む。
弾の威力は真ライオン砲に若干劣るものの、そのぶんは連射の早さでカバー、高い攻撃力を持つ。
砲重量は重く、弾も大量に積むとライオン砲と変わらなくなってくるので、軽量化・装甲化には向かない。
火力と継戦能力を重視した場合の候補。
「42口径 38.1cm Mk.III 連装砲」
L型HD砲を搭載。射程は34.5ポイント程と少し短くなるが6セット105射分の弾を積んだ状態で3005tと、継戦能力と軽量化を両立する。
主に装甲化する為に用いられ、前Rのみライオン砲と同じくらいの10インチ厚装甲を貼れるようになる。
フッドに搭載した場合より2門少なくなることや、QE砲ネルソンのように集中配置でないためBB4としては砲撃力不足な印象は残るが、
懐に踏み込んだ際に仰角が低く非常に当て易いため、超装甲を生かしつつ戦うことができる。
ちなみにHD砲の最大射程の軽榴弾で1発3500ほど。
「42口径 38.1cm Mk.IV 連装砲」
VG砲。HD砲に比べ重量が重いために装甲化には向かないが、G戦などの長期戦で射程と継戦能力を重視したいときに用いられる。
14セット245射分の弾を積んでも3880tとライオン砲より軽いので、
ある程度の装甲を施してCA砲程度なら弾くようにするのも効果的かと思われる。火力はHD砲とほぼ同じ。

Tマウントは片舷4基の計8基。
英国艦としては標準的であるが、BB4としては若干不足する感があるため爆撃には注意が必要。
だがそもそも英国対空砲は連射が遅い砲かポムポムしかなく、対空能力は4カ国中最弱なので、
完全に割り切って対空砲を積まないという選択肢もある。
その場合、TにはぜひS技術兵を乗せよう。優秀な英国補助能力を発揮してくれる上、ヘッジホッグを撃てる。
性能の低い英国対空砲を積むよりは、優秀な補助兵と対潜が有効となることもある。
敵偵察機を落とせなくなるため、視界の不利と潜水艦の脅威、どちらを取るかの選択である。

偵察機は3機搭載可能。

速度は満載で22/29と遅いが、軽量化すれば25ノット前後の巡航を発揮させる事もできる。
ただ、速度上限を達成させるためには他のBB4同様に高い機関兵能力が必要なので、
乗りたてLvの機関兵では士官を100越えさせない限り達成は無理だろう。

おまけ
【射程】
H39砲→35.9ポイント
大和砲→35.7ポイント
アイオワ砲→35.5ポイント
ライオン砲→35.2ポイント
シャルン砲→35.2ポイント
VG砲→34.8ポイント
長門砲→34.7ポイント
HD砲→34.5ポイント

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。