Pプロジェクト

Pプロジェクト 【P-project】

必要レベル:53 / DP:15600 / Cost:896,000
前部Rマウント	248*1
後部Rマウント	248*1
前部Tマウント	88*1 / 57*2
後部Tマウント	88*1 / 57*4
航空機搭載容積	200
乗員		5+4名

概要
ドイッチェラントの次に乗れるドイツCA2クラス。改装艦としてBC PプロジェクトⅡ(Lv59)がある。
次級はBC Oプロジェクト(Lv68)。
プレミアム艦としてPCA モルトケ(Lv58)、PBB ナッソー(Lv60)、 回数制PBB アンドレアドリア(Lv65)もある。
本級は史実では計画のみで、実物は存在しなかった。

特徴
ドイッチェラントをそのまま大型化したような性能を持つ艦である。
主砲は「52口径28cm SKC/28」(ドイッチェ砲)のL型を2基6門が標準装備。弾は4セット。
L型を装備できるようになったことで主砲の射程は若干向上し、NCAとしては非常に長い射程を誇るが、
射撃間隔はさらに長くなってしまうため、8インチ艦などと比べて外した時のロスが大きい。
一射一射をきっちり狙って当てていきたい。
弾数に不安がある場合は、今まで運用してきたN型を装備し7セットとするか、
「54.5口径 28cm SkC/34 D型」(シャルン砲D型)にて5セットとなる。
普段は対空・偵察に専念し、ここぞと言う時だけ砲撃を行うという場合には
弾は2セットのみとなるが「54.5口径 28cm SkC/34 N型」にて更なる長射程を得る手もある。

船体は非常に大きくなり一部BBをも越す勢いで、被弾率の上昇が著しい。
砲撃・爆撃などにより大被害にを被りやすいため、防御力には難が残る。
Tマウントでの対空は薄く広くの面対空が可能な配置となっており、AAが苦手でもある程度カバーできる。
ただし舷側マウントの射界が意外と狭く、艦前後方向への射界は得られにくいので、艦の向きも重要である。
敵機に腹を向けて対空することになるので、雷撃機にはそのまま雷撃されてしまわないように注意すること。

速力は見た目に似合わず良好で、比較的能力の低い機関兵でもOH上限を達成できる。
偵察機は5機と多い。
必然的に、同クラス以下の相手との射程差を生かした戦いや、
優秀な対空・偵察を生かして味方上位艦への支援を行う戦闘スタイルが中心となる。

武装例
「52口径28cm Sk C/28 L型」を装備した射程重視の標準型
「52口径28cm Sk C/28 N型」または「54.5口径 28cm SkC/34 D型」を装備した連射・弾数重視型
「54.5口径 28cm SkC/34 N型」を装備した長射程2セット型
など

その他
PCAモルトケの登場で最近はあまり見かけなくなった。
特にドイッチェ砲が標準装備となってからは、偵察機数以外に優れる点が無く、ほぼ下位互換。
過去には「54.5口径 28cm SkC/34 N型」通称シャルン砲が4セット搭載できており、イベント戦などでは
特別枠の艦として扱われていた。
現在では普段全く目にすることがないにもかかわらず、イベント戦ですらもトラウマからか
特別枠制限が維持されているため使用されないという、ドイツ国籍最強のNCAである。

通称「Pプロ」「P」等。

史実のPプロジェクトについて(史実装備、同型艦等の情報)


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。