プリンスオブウェールズ

プリンスオブウェールズ【Prince of Wales】

必要レベル:82 / DP:23500 / Cost:1,520,000+180,000
前部Rマウント    457*1 388*1
後部Rマウント    457*1
  Tマウント    97*8
航空機搭載容積   160
乗員             5+7名
(2010/09/01仕様対応)
高速戦艦ルートBB3キングジョージⅤ世の改装艦。次艦はLv89ヴァンガードもしくはLv89ライオン
東洋艦隊仕様なのかレパルス同様に迷彩が施され性能が向上。
十分な射程と攻撃力を持ち機動性も良好、補助席も7と英BB3として立派な能力を持つ。

主砲は「45口径 35.6cm Mk.III」四連及び「Mk.II」連装の史実装備でL型が搭載可能に。
弾数は53射分と変わらないが射程は34ポイント程に伸び、
ようやくBB3として見劣りしない射程と攻撃力を兼ね備える装備になった。
ただし珍集しなくなるので、N型のように圧倒的だった攻撃精度は発揮しにくくなる。
第二砲塔がKGVの第一・第三砲塔と同じ容積になっているので、
全砲塔に四連N型を積んで珍集特化な装備にするのも有りか。

KGVのように余剰排水量に余裕があるので、軽量化して速度を速くできる。
特にネルソン砲(16インチ三連MkIのL型)を第一、第三マウントに搭載すれば、
第二マウントを無駄にするものの8セット94射分の十分な弾数と16インチ弾6発の高い攻撃力が期待できる状態で、
巡航28ノット前後と機動力に特化させることもできる。
ただOH率が低下しているので、ある程度能力の高い機関兵が必要。
装甲化もできなくはないが、甲板面積が増加しているのでKGVのようにすることは難しい。

Tマウントは片舷4基と標準レベル。
相変わらず連射の遅い対空砲かポムポムしかないAA最弱の英国なので、積む積まないはご自由に。
積まない場合は優秀な英国補助兵を乗せることで撃たれ強くできる。
そのさいはぜひS技術兵を乗せたい。ヘッジホッグが撃てる。

偵察機は4機に増え使い易くなっている。

総評としてはもはやEBBリゾリューションに劣るものなど無く、
せいぜいQE砲を積んだときの瞬間火力ぐらいだが、高い機動性をもって十分以上に打ち消せる。
しかし英特有のAAの弱さと見た目よりやや大きめな当たり判定の両面から爆回避は難しく航空攻撃には注意が必要である。
大規模アップデート以降KGV同様補助席数が1つ減少しR容積が不揃いになってしまった為、
14in砲L型にこだわりが無い限り改装はほぼ好みといってよくなった。
あまり知られていないが実は英国籍船中もっとも機銃威力が高く、なんと米BB4アイオワを上回る。
マレー沖海戦の日本軍パイロットの証言にある激しい対空砲火を再現しているのだろうか?
なおEBB実装以前は数少ない迷彩柄をした艦であり、レパルス駆逐艦MPとともにその色から「カビ」と呼ばれた3隻の一つである。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。