PプロジェクトⅡ

PプロジェクトⅡ【P-projectⅡ】

必要レベル:59 / DP:18000 / Cost:354,000(改装費)
前部Rマウント	270*1 / 102*1
後部Rマウント	270*1 / 102*1
Tマウント	57*6
航空機搭載容積	200(同時発進機数2)
乗員		5+5名

概要
Pプロジェクトの改装艦で、ドイツ計画戦艦コース初の巡洋戦艦(BC)。
戦闘ルームではBBに分類される。

補助席は5席、火力は低く、弾数に不安もある。改装前より対空砲は減り、
CA並の船体に無理な装備が災いしてか、装甲はおろかバルジを貼る余裕すら少ない。
シャルンホルストの下位互換といえるだろう。
元はCAとして実装されていたが、その当時としては強力であったためBB扱いとなった経緯がある。
しかし当時ですら本級を見かけることはほとんど無かったのだが・・・

特徴
PプロジェクトではTマウントだった第1・第8対空砲塔の2基が、Rマウントに換装されたことで砲撃力が増加。
搭載砲は「54.5口径28cm SkC/34 N型」2基と、「54.5口径 28cm SkC/34-s N型」2基の計8門。
パッチによりシャルンLの容積が増加され装備不能になって以来、N型が標準装備となった。
唯一の利点であった射程を失い、現在は全くと言っていいほど改装する価値を持たない。
PCAモルトケの方が、CA扱いでありながら遥かに優秀という有様である。

巡洋戦艦扱いでOH許容が高く、巡航*1.7の限界への到達は早期に可能だが、基本速力は並で軽量化の余裕もないことから、
速力はそれほど高くない。全体的な使い勝手は悪くないのだが、いかんせんBBとしてスペック不足が否めない。

BB1~2限定の砲撃部屋などであれば、そこまで不利となる状況は少ないのだが、
改装費は354,000Crと高く、その価格をかける価値もないため、NF内では全くと言っていいほど見かけない。
しかしそのせいか、大艦隊戦などでは戦闘中にBBと認識されず、見過ごされることもある。

その他
略称「P2」
史実ではP-Projectの計画はあったが、P2の計画はなかった。
所謂、SDEの妄想艦。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。