サウスダコタ

サウスダコタ【South Dakota】

Lv:79 / cost:2,100,000 / DP:21,000
前部Rマウント:458×2
後部Rマウント:458×1 
Tマウント:71×8 
航空機積載:120(同時発進数2機) 乗員:5+6
基本排水量:15284 基準排水量:37970 満載排水量:46218 舵力:17
基本防御力:96 対徹甲弾:1642 対榴弾:665 対空機銃:381 OH許容:40% FCS:105 機関:255

米BB3クラス。新造艦ルートの最後に来るのがこのサウスダコタ。通称SD、ダコタ。
ニューメキシココロラドの次に乗れる艦。
次艦はアイオワ

かつてはBB3の中では評価が低く、特に適正Lvでは非常に厳しい性能であった。
仕様変更後は見違えるように速力が上がったために扱いやすくなっている。

標準装備は16inch三連装Mark3L(以下SD砲)。
射程が短く、BB3砲でありながら独シャルン砲や日14inch連装砲、英QEN砲といった下位BB砲にアウトレンジされてしまう。
独OⅡ砲と並んでBB3砲としては最も短い部類となる。
一方で攻撃火力はBB4にも引けをとらず、SD砲自体の集弾も若干改善されたため高い打撃力を誇る。
弾薬も5セットと余裕をもって搭載できるので、継戦能力には申し分ない。
速力が向上したことによってインレンジへ踏み込む力が格段に増えたため、機会を見極めればその大火力を存分に発揮できる。
仕様変更によりアイオワ砲を搭載することはできなくなった。

BB2の時と比べて大きく被弾面積が増えダメージコントロールしにくくなっているため、砲爆撃に対しては注意が必要になってくる。
高い速力を得たため積極的に大胆な回避行動を行うことができ、より操艦の腕が問われるようになったと言える。

対空砲は片舷4基8門とBB3としては多い部類に入り、容積にも十分な余裕があり良好。
ただし、後ろに指向できる砲が2基しか無いために後ろから接近された場合には苦労する事になる。

自慢の機銃能力はNF最高。低Lv雷撃機は当然ながら、熟成しきってなければ二次雷撃機ですら投下前に撃墜しうる。
また激しい高度変更を行う爆撃機に対しても抑止力となり、目立たない能力ではあるが役に立っている機会は多い。
しかし、高LvCVが増えた現状では本艦の頭上を最低高度で平然と飛び回る機も少なくない為、過信は禁物。

排水量には余裕がある為、巡航速度を維持しながら十分なバルジを施すことができる。
また、OHが40%まで引き上げられた為、標準装備で少しバルジ薄めであれば45ノット程度まで速力を上げることが可能。
空母機関を積む事で容易に上限を達成できる。但し、高い速力を長時間発揮できる兵を持つには、
アイオワモンタナに乗れるレベルが必須となる。


総じて、砲撃戦では状況次第で観察力を求められることになる。
敵が視界を失い本艦を見失った時や、爆・雷撃機の対応に追われている時や視界が切れた時などを狙い、
高速で一気に距離を詰める等、チャンスを物にする洞察力が必要であり、BB4・5クラスが多い現状では難易度は少し高い。
偵察をこまめに落とすなど、踏み込みやすい状況を作り出すことが重要。
モンタナに飽きた人の気分転換用としてはちょうどいい艦かもしれない。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。