※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MSM-07E ズゴックE(ハーディー・シュタイナー機)

相剋の軌跡 / エクステンションブースター / 猛き濁流

UNIT
U-141 緑 1-3-2 U

(自動A):このカードが、「」を持つユニットのみで編成された、ユニット2枚以上の部隊にいる場合、敵軍プレイヤーは、その部隊と同じ戦闘エリアに、「」を持たないユニットを出撃させられない。
地球 [3][1][3]

を持つユニットのみで出撃した場合を持たないユニットへの出撃制限を与えるユニット。

条件はユニット2枚以上の部隊が成立していればいい。このカードを入れる以上水ランデスといった主体のデッキになるので非常に緩い。
相手はユニットにしかブロックに出せないので交戦を避けるという点で一種の回避能力となる。。
シャア専用ズゴックとの相性が良いという事で緑のデッキには必ずといっていいほど採用された。

ただし制限するのはあくまでも出撃だけなことに注意。ガンダムエクシアガンダムF91(ハリソン機)など直接戦闘エリアに出るユニットには効果が無い。また、地球エリアということで大気圏突入も危険視しなければならない。
とはいってもこちらは全員持ちなので前述したユニットに一方的に負けるということは無い。

  • 条件さえ満たせれば、宇宙やリングでも出撃制限は有効になる。「」自体が有効である必要は無い。
  • 相剋の軌跡」に収録されていたものは、カード名称が「ズゴックE(シュタイナー・ハーディー機)」だった。オフィシャル設定の変更に従ってか、「エクステンションブースター」に収録されたもの以降は現在に表記になっている。
    ガンダムウォーにおいては、これらは同一名称・同一カードとして扱う。


戦慄の兵威

UNIT
U-282 緑 2-3-1 U
プリベント(3) 
チーム>〔サイクロプス隊〕(戦闘フェイズ):《(1)》このカードが戦闘エリアにいる場合、このカードを廃棄する。その場合、敵軍オペレーション1枚を破壊する】
地球 [3][1][3]

には珍しいオペ割り能力を持つユニット。
自分自身を廃棄する事で、敵軍オペレーションと1対1交換をする。

チーム効果であるので、他にサイクロプス隊ユニットがいれば、そちらに能力を使わせても良い。
その意味では三段構え白いモビルスーツの伝説などと同様に、1枚で複数のオペレーションに対処し得るカードなのだ。
オペ割りカードとしては、ノイエ・ジールSP》に並んで過去最高の性能を持つと言って良い。
またグラブロ&ズゴックを使用する事で何度も繰り返してオペ割りする事が可能。

敵軍ターン中に使える能力である点もポイント。
例えばこれを攻撃させずに立てておけば、敵軍配備フェイズの展開に即対処できる。
転向などに対しては、事実上の避雷針として機能する。


一方水ランデスに代表される緑のデッキにおいては、3国ユニットとしてはシャア専用ズゴック11th》やズゴックE(ハーディー・シュタイナー機)《9th/EB1》、オペ割りカードとしてはアカハナ11th》と、多くのライバルが存在する。
これらは全てデッキの基本パーツとも言える高性能カードであるため、それらを押しのけてこのカードが採用される事はあまり無い。