|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ゴスペルとは


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アメリカの黒人奴隷の時代に、奴隷商人によってアフリカからアメリカにつれてこられた人々が、辛く苦しい奴隷生活の中で、教会の外から聞こえてくる賛美の歌、聖書のことばを通して、いつしか彼らもイエス・キリストである神さまを見上げるようになり、やがて彼らのなかかの一人が口ずさむと、ほかの誰かもそれに答えるようにして歌が生まれていった。つまりゴスペルがコールandレスポンスと言われるのはそのためでしょう。こうして彼らの歌は、魂の叫びとなって世界中に「福音=良き知らせ」として広まって現代においても多くの人々に影響を与え続けている。