プロット(序章)

このページを編集する    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

41 名前:暫定[sage] 投稿日:2006/11/16(木) 19:54:56 ID:LQWq2smx0
 夕焼けに染まる、雲ひとつない美しい空の下。
 荒れ果てた丘の上に、一人の男がいた。
 地に跪いた男の体は、赤い血で濡れている。
 涙も枯れ果てたその眼差しは瞬き一つせずに、沈む夕日を見つめて。
 男は、体を深々と折り、額を大地に擦りつけ、呻くように呟いた。
 すまない、すまないと。
 男は、壊れたようにその言葉を繰り返す。
 光を失った幾百もの眼と、墓標のように突き立った鉄の箱だけが、その無価値な懺悔を聞いていた。
 やがて光は消え失せ、闇が世界を覆い尽すまで。

 禁断の地、ジュワン。
 その日、数百もの人々と、一人の日本人がこの地から姿を消した。
 一羽の鳥が歌う、目覚めの声と共に。

仮面ライダーGLOW序幕
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|