※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ブガクの言うとおりMyths And LegendsはDraskal Ratdenという学者が書いた旅行記らしい。

Volume 4
Myths and Legends by Draskal Ratden

Niben湾の景色の良いエリアを通って旅行している間、私はいつもBravilの水上ホテルのSilverhomeに泊まります。 オーナーのAltmer Gilgondorinの接客は最高です、そして、彼はいつも地方の素晴らしい醸造酒を提供してくれます。

Bravilで有名なGretched Aiaという乞食に呼び止められ施しを請われたのはそんなある日。
私はseptim金貨と1パイントのBravil's Finestを彼女に提供しました。
彼女は私に哀れな女性の不幸の痛ましい話で報いられました。
(私はここに従順に不運を記録します)。

The Bow: Orne's Folly

かつてImperial Legionで弓の名手と言われたAntonius Gammel Orneの妻だったころ、AiaはImperialCityのTaros PrazaでAiaは家庭生活のすべての現代の安らぎを楽しみました。
軍人の妻として、Aiaは気付くと彼女の夫のCyrodiil全体にわたる任務からの帰りをしばしば心配して待っていました。

運命的な日、Antoniusは彼の連隊がCyrodiilの西で実行した厳しい任務から戻りました。
肉体的に無傷であっても傷を負わずに帰還する軍人はいません。
Antoniusも例外ではありませんでした。

その任務は帝国史でも前例の無いものでした。
Legionはそれ帝国の都市の1つに進撃し、抵抗したすべてを虐殺し、地図から居住地を文字通り燃やしました。
不気味の奇怪な噂が長年Hackdirtの小さな村の周りを循環し続けていましたが、legionの幹部が失踪後多くの探偵が噂の調査のために派遣され、ChorolのValga伯爵は評議会のOcato首相に軍の派遣要求と彼らの気味の悪い目的を提示せざるを得ませんでした。

「賢者評議会(Elder council)はその村が帝国の安寧への深刻な脅威を表すと考えている」との説明のみを受けて、Orneの部隊はために守秘を誓った上でHackdirtに戦争のために派遣されました。

およそ30年前にHackdirtを完全に破壊したときの出来事は、今日わずかな秘密しか残っていません。
部隊の大部分は死亡し、生き残ったものも記憶を失ったかNiben南部のRenato島にある帝国の精神病院に入れられました。

彼が家に戻ったとき、Antoniusは戦利品として1振りの弓を手にしていました。
その弓は地区の途中ほどまで臭うほど強力な魚の腐ったようなの臭いのする厚くぬめった膜で覆われていました。
その不快な状態にもかかわらず、Antoniusはその影響を恐れているがごとく、また強迫観念のように彼の近くに弓を置き続けました。
さらに、Antoniusのふるまいは、日々より不規則になりました。

彼は帝都Waterfrontに下ってますます多くの時間を過ごし始め、そしてどこかの港の海賊や水夫とかかわりました。
彼はすぐに夜に眠ることができないことに気づきました。彼が村で見た光景やよく分からない何かの悪夢によって絶えず苦しみ続けました。
彼は、しばしば、亡霊に恐ろしい言葉で話している声について不満を言いました。
睡眠を奪われて、言語に絶する恐怖の幻覚で苦しんだAntoniusは夜に変な言語でつぶやきながら通りを歩き回りました。

彼のことは地区ですぐ軽蔑と疑惑の篭った話題となりました。

ある夜、Aiaは通りから妙な叫び声が上がるのを聞いて目がさめました。
Taros Plaza全体に響き渡っている声は"Ph'nglui mglw'nafh Cthulhu R'lyeh wgahnagl fhtagn!"と叫んでいるAntoniusの声だとなんとなくわかりました。

Aiaが彼らのImperial Cityのアパートから出ると、怒りに燃えた目をし彼が裸にHackdirtから持ってきた不可解な弓だけを持ち、彼自身の肉の中に深く刻まれる不可解な模様で覆われたAntoniusを見つけました。
その夜のうちにAntoniusとAiaはDaedra崇拝の疑いでImperial Cityから追放されました。

何日も、ヒステリックに悲鳴をあげながらAntoniusは脱出をリードし田園地方の向こうへやみくもに急ぎました。
彼らの追っ手がWeyeの周辺で途絶えてもAntoniusは彼の狂わんばかりのペースを決して下げませんでした。
彼らは街道や集落を避け日夜走り続け、Cyrodiil西部を進みHackdirtの遠い南を通り過ぎるために確認しました。
Abeceanの岸に到着しようとするころ、CyrodiilをHammerfellから切り離している壮大なブレーニャ川の河口の南のBeldaburoのAyleidの遺跡の近くで彼らは疲労によって倒れました。

Antoniusは彼女に同行するように頼みましたがAiaは拒絶しました。AiaはAntoniusに残っていた最後の人間らしさが失われるのを感じました。
弓の話だけをします、彼は彼女から背を向けて離ると空に"la Cthulhu F'htagn!"と絶叫し、急落された西の海底に向かってまっすぐに飛び込みました。
彼女は彼が見えなくなるほどの深さに泳ぐのを見て、彼が再び現れるのを期待ながら西の地平線を調べましたがアントニウスは、Abeceanの深みから決して戻りませんでした。
彼はBeldaburoから西に出発しAbeceanの深みに潜っていき、そして二度と見られませんでした。

何人かは、夜にBeldaburoの廃墟に乗り出すと淡くて不気味な光がOrneが最後に見られた場所の近くの海の底で動いているのを見られるかもしれないと言います。
しかし恐らく弓と使い手の最終的な運命はNirnの未知の深遠にあるのがベストなんだろうと思います。

The Sword of the Four

Chorrolの街のずっと北の山の頂上にある荒涼とした荒野に古代の悪魔の棲家があります。
その山頂の廃墟はTamrielで知られている最も恐ろしい怪物の住居です。

地方住民はそこで暮らす怪物のひどい名前を考えましたが、彼らの本当の名前はこれまでわかっていませんでした。
庶民は、戦争や飢饉、疫病そして死が怪物によってもたらされると考えています。

通常それらの中で最悪なものは死です。
彼は病的に色の薄い馬に乗っているといわれています。そして、もし不幸にも彼に会うならばすぐに彼の剣に気がつくでしょう。
お粗末なこのデーモンはその氷のような手で黒い金属に金色の奇妙な文様が掘り込まれた非常に恐ろしい剣をおさえます。

これらの夢のようなイメージは、Nirn自体の終わりを表すと言われています。
誰がそのような恐れ多い武器を鍛えて作ったかは分かりませんが、しかし、邪悪な力が宿っているに違いありません。

この見知らぬ場所に住んでいる人に関しては、何人かはDeathと彼の仲間を垣間見ることを言いますOblivion自体の空虚感をのぞき込みながらcurtlingしている血としてあります。
Horsemenの年齢はわかっていません、しかし、記録は物語が代々引き続いて通過されたことを示します、通常の人間がそのような長い年月を生き残ることができるわけがありません。

地元の人々はまだこの場所に近づくのを拒否します。そして、わずか数人が危険を犯して(巨大なイカの木の名前を見つける)の聖地への道に近づきます。
夜になると多くの妙な音が廃墟から聞こえてきます、また廃墟からChorrolに向かう影を見たという報告がいくつかがありますが、それがthe Four かそうでないかは分かりません。

著者のメモ:

私がこのエリアに最後に訪れたとき、ChorrolからChorrol郡に向かうほぼ真北の道を見つけ、そして周りの一般人に尋ねると何人かがその真北へ向かう道を指し示すことが出来ました。

彼らは、廃墟について尋ねることにわずかに驚いていました。しかし、彼らのうちの1人は、彼と彼の幼なじみで少しコースの上に旅行してみたと言いました。彼はいくつかの分かれ道が経路にあったけれど、常に丘と北の上で向かい続けたと主張しました。

私は山の上で場所の名前を記録することができませんでした、しかしそれが文字「L」から始まるAyleid遺跡だったことを忘れてはいません。

注意!これらはあんまり関係ありません。

Argoniansは、全くおそらくTamrielの中で最も小さい種族と言われています。
彼らの伝統と文化的な信条は多くの人にとって未だに神秘的です。彼ら自身を除いては。
より少ないものさえ彼らの伝説と神話について知りません、なぜならば彼らの祖先は彼らの親類すら信用していませんでしたので。

私は好奇心の強い学者であり続けたからこそ彼らの、そのような物語への執着や、ブラックマーシュの秘密の話や隠れた復讐心に燃えた情熱に触れることが出来ました。


学者の書いた本らしく読みにくい文でところどころ何が書いてあるかはわからなかった。
ただ、Chorolの北にある"L"で始まる名前のAyleidの遺跡にThe Fourなる何かが済んでいる事だけは読み取れた。

(Chorolの北のAyleidでLから始まるとすればLispsand Ternだな。)
骨休めをしてるはずなのにもう出かけることを考えてる。
俺ってやつはつくづく貧乏気質が抜けないらしい。
動いてないと損した気分になるんだよな。