|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

凶賊!ディロスラテム討伐(cβ)

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


アル・ケルト・モレッツァ

ダンジョン門衛
ここは本来新大陸最大の大聖堂になるところでしたが、
今は仇敵[ディロスラテム]により呪われたダンジョンになってしまいました。

どうか気をつけてください。貴家門―の武運を祈ります。
(ママ)



ナルテックス


アル・ケルト分遣隊(右・女性)
すでに幾度もディロスラテム討伐隊が派遣されましたが、全て敗北に終わりました。
あなたも注意してください。



アル・ケルト分遣隊(左・男性)
女王陛下の聖恩を背負っている事を利用し大聖堂の建設基金を着服する等、
数々な悪行を行った末に自決したディロスラテム!

やつは亡霊となって蘇り、我ら開拓民たちの将来に影を落としている。
やつを打ち倒し、我らの将来に光を取り戻すんだ!
(ママ)



●「リンドン」から伝達が来ました。●
「背徳な主教、ディロスラテム」の亡霊が新大陸の開拓を妨げている。
女王陛下の聖恩を背負って大聖堂建設基金を着服するなど、様々な悪行を続け結局自ら自決したディロスラテムが亡霊となって女王陛下と祖国の胸に秘愁を突き付けている!
そのため各家門に檄文を配布した。自分こそはと思う者はディロスラテムの討伐に参加するんだ!
[場所:アル・ケルト・モレッツァ3階奥]
(ママ)



ナルテックス
アル・ケルト分遣隊(司祭室前・男性)
2階にはディロスラテムの部下だった兵士が沢山いるので気を付けてください。

ディロスラテムの死後、
彼の率いていた兵士達は人間としての姿を失いモンスターとなりました。
今私達にできる事は、彼らを永遠の眠りにつかせる事だけです。




司祭室


アル・ケルト分遣隊(男性)
この前の部屋に置いてある聖箱を見ましたか?
聖堂の建築費を着服して兵端を組織する等、聖職者としてしてはいけない悪行をしていたディロスラテムは、
本国の追跡で追いつめられると自決して自らの霊魂をその箱に封印したのだそうです。

万民に神の心で帰依することを説いた聖職者が、
自身の死に直面した時、邪教徒が行うような方法でこの世界に留まることを求めたとは。
彼は何をしようとしたのでしょうか。

ところが、もっと分からないことは、そのような彼の霊魂を封印したあの箱が神聖な光を強く発しているということです。
まったく何がなんだか…



アル・ケルト分遣隊(三叉路・男性)
主教ディロスラテムは元々
聖者と呼ばれる程の人徳のある聖職者でした。
何が彼を変えてしまったのかは誰にも分かりません。
申し上げるのも恥ずかしいですが、
私が当時ここの建設関係者として働いていた時
銀の燭台を盗もうとした事がありました。
本来ならば死刑となっても仕方が無い程の重罪でした。

しかし証人として名乗りを上げた主教が
それは私にあげたのだとおっしゃられたおかげで
私は罪を免れる事ができました。
あの方が私を庇った事は
決して飾りや偽善によるものではありませんでした。

私は未だにあの方の暖かい言葉と
慈愛に満ちた深い瞳の色を忘れる事ができません。
あの方が何故…



アル・ケルト分遣隊(司祭室際奥・男性)
旧大陸では最高の聖者だと呼ばれた主教ディロスラテムが、
大聖堂の建設資金を着服して兵士を集めて自ら軍閥勢力を形成するなんて&。
本当に人の心はわからないものですね。

アーケード



警備兵(入り口右・男性)
ここに出没するディロスラテムの兵端を軍事組織にしたら、
本国に戦争をかけても十分通用しそうです。
まさか、ディロスラテムはそれを狙ったのでしょうか?



警備兵(入り口左・男性)
聖職者が一体なぜこのような軍勢を集めたのでしょうか。




アル・ケルト分遣隊?(最奥・男性)
ディロスラテムの討伐のためにここまでてきて下さったんですね!
どうか気をつけてください。あなた方の幸運を祈ります!
(ママ)

そして貴家門がディロスラテムの討伐に参加したことをリンドン本部長に連絡に連絡しておきます。
これからはカタリ滝の向こう、テトラ大遺跡方面への通行が可能になります!
(ママ)

それと、港の都市コインブラをあなたのウェイポイントリストに追加しておきます。
今後はウェイポイントを通じて、コインブラへ簡単に移動する事ができるようになります。

<「天使の果物」「バッファローホーン」「開拓領域拡張」発生>





☆openβ(1.0)
地域別
NPC名
クエスト・ミッション(1.0)

☆Granado Espada1.8









"Granado Espada" ©2003-2006 IMC Games Co.,Ltd./Published by Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.
All Design and specifications are subject to change without notice.