用語・あ行


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

用語辞典に戻る



陰解法

時間軸の変化をとらえるような動的な数値解析(例えば流体解析や,外力を受けたときの弾塑性解析など)を行う場合の時間的な差分の取り方の方法の一つ。少し未来の時間における値を仮定し、その仮定値が正しいかどうかを場の支配方程式を使って調べて、誤差がゼロになるように仮定値を収束させていくという方法。巨大な行列式(連立1次方程式)を解くという計算が必要になるので1つの時間ステップあたりの計算量は多くなるが,ステップ数は少なくできる。
関連:陽解法
参考ページ:http://www.jri.co.jp/pro-eng/struct/basic/in-yo/index.html




名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。