可視化


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

並列可視化ソフト

計算機でシミュレーションを行った際の計算結果は、人間が理解することのできる形にしなければ意味を持たない。
計算結果の可視化を行うことで人間が理解できる形にすることができ、観察・分析などが行えるようになる。
並列


RVSLIB(Real-time Visual Simulation Library)

  • NECが開発している。
  • RVSLIBサービスを動作させる計算機にJDK1.4.2以上とTomcat5.0が必要
  • 必要最低限条件
    • メモリ96MB以上(256MB以上推奨)
    • ハードディスク18MB以上(JDKや可視化を行うファイルなどを除く)
  • 特徴
    • リアルタイム可視化(シミュレーションの過程をモニタ可能)
    • ステアリング(シミュレーションのパラメータを動的に操作可能)
    • サーバはPCクラスタ,SXシリーズに対応
    • 分散メモリ並列(MPI),ベクトル化による高速な描画
    • 流体,気象,衝突解析等,様々な分野に適用可能
  • 製品ホームページ http://www.nec.co.jp/APSOFT/SX/rvslib
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。