※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゲームブックの作り方は非常に沢山ある。
どの方法が良いとは一概には言えない。

粗筋そのものの作り方については
大塚 英志著の物語の体操などが参考になるかと思われる。


ゲームブックという形態にするには、
ここではまだ抽象的なことしか述べられないが
机ほどの大きさの厚紙と大量の付箋を用意し
付箋に矢印、人名、地名、関係などを書いて
それを好きに組み合わせる。
人名や地名に修飾される分岐などの情報は
逐一追加情報を書いた付箋をその付箋に貼り付け
蓄積させていく。
加算ジャンプなどを使用する時のパラグラフ番号は
固定として確保しておく。

イベントや登場人物が多いと濃密なGBとして
認識されるかと思う。

最初に普通の小説を作り、適当な箇所に分岐点を追加させていく
方法も良いだろう。

全500パラグラフが大体キリがいいので目安とできる。
この各イベントをどう無駄なくリンクさせあうかによって
圧縮率が決まる。

選択肢の選択と文体

物語をどういう方向に持っていくのかによる。
「目的さえ達成すれば自分(主人公)以外の者はどうでもいい
(そして自分自身の命も軽い)」
という物語の傾向がGBには多く見られたが、現在もこれが
世に受け入れられるかどうかは不明である。