VIPPERでもわかるETの始め方


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

VIPPERでもわかる?Enemy Territoryのはじめかた


【流れ】

1.ゲームのインストール インストール方法

2.カスタムファイル導入、ほぼ自動DLです鯖に接続し待っていれば勝手に導入されます
  DL中、接続が切れても何度か接続を繰り返せば大丈夫です

3.ジョインして「 L 」キーを押しチーム、クラスを選び戦う

4.アナルにフリスク突っ込む(゚∀゚)!

動作環境

対応OS:Windows 98/Me/2000/XP(+DirectX 8.1以上)[Windows NT4.0は非推奨]
CPU:Pentium III/600MHzもしくはAMDの相当スペック品以上
メインメモリ:128MB以上
グラフィックボード
(GeForce 4 Ti 4600,GeForce 4 MX,GeForce 3,GeForce 2 Ultra,GeForce 256,Radeon 8500/64MB,Radeon 7200/64MB,Radeon 9700 Pro/128MB,Xabre 400は完全検証済み)
グラフィックスメモリ:32MB以上
HDD空き容量:771MB
ネットワークプレイ時は56kbps以上のインターネット接続環境(56kbpsで8名以上のプレイは非推奨)

基本


場合によっては、MODやMAPなどのファイルをダウンロードするため、ロード時間が結構かかったりしますが、Unreal Gamerにならずに気長に待ちましょう。

  • 読んでもわからない場合はリンク集から探すと幸せになれるぉ&br;まず「エネミーテリトリーファン」から見るのがお薦め&br;リンク集


発展

  • 事前DLでロード時間を短縮。&br;サーバーに接続する前にあらかじめ必要なファイルを揃えておくと、サーバーにスムーズに入れます。&br;必要なMODやMAPは、サーバーのHPなどに書かれている場合が多いので、サーバーのルールなどと一緒にチェキしておけば幸せになれるかもです。

  • 外部のゲームブラウザを導入してみる。&br;Enemy Territoryデフォルトのサーバー検索は非常に使い勝手が悪いため、ストレスがたまってそのうちハゲます。&br;だから他のソフトを使ってうはwwwおkkwwwwwなプレイを楽しもう&br;今までは、The All-Seeing Eye(通称ASE)が、使い勝手、対応ゲーム数の多さなどで、圧倒的に人気でした。&br;&br;ASEに代わるソフトとして、最近注目されつつあるのがHLSWです。ASEに比べて設定が多少面倒な点を除けば、ASEに負けないくらい良い仕事をしてくれます。&br;設定分からNEEEEEって人は、簡単な設定方法がNegitaku.orgに書かれていますので、参考にしてみてください。
      シオーン             ミオーン
  ヘ( ・3・)ノ                 ヽ(・ε・ )へ
   (┐ノ                     ヽ┌ ) 
  :。;/                          \ ;。:

             バロームクロース

          ヘ( ・3・)人(・ε・ )へ
            (┐ノ  ヽ┌ ) 
          :。;/       \ ;。:


  • とりあえず作ってみました。追加や修正してくれるエロい人がいると嬉しいです -- 名無しさん (2006-08-24 21:22:30)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル