会話;;;


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

閃光映夜祭 会話



チテ&エジエレキ(以下:エジ)(右から2番目のプレイヤーキャラ、右がチテ、左がエジエレキ)


一面 自然の刺客 新宿の森 ボス名 ハチコ(蜂物語から)

(エジ) 「今日は祭りの日だな。」
(チテ) 「ええ。」
(ハチコ)「何の祭り?」
(エジ) 「タイムラインを埋める祭り。」
(チテ) 「変な祭りね。」
(ハチコ)「楽しむのに、 タイムラインを埋める必要なんてあるの?」
(エジ) 「ひょっとして、 目の前にいるのが最初の犠牲者か?」
(チテ) 「よかったわね。 タイムラインに埋まるのは結構貴重な体験よ。」
(ハチコ)「慣れてるし。」


二面 御伽の巻き時計 獣道 ボス名 (から)

(エジ)「とりあえず、タイムラインを埋めるネタを探そう。 そしてついでに祭りに向かう。」
(チテ)「ネタなんてそこらに転がってるものなのかしら。」
()  「おーい!」
    「夜はよい子の寝る時間だよー!」
(エジ)「あいにく、そのスローガンで寝るべき人は ここにはいない。」
    「みんな悪い子だぜ。」
(チテ)「未成年者が帰らなくちゃいけないのは条例のせい。 私たちの意志とは関係ない。」
()  「でもさ、帰るなんてつまらないよ?」
(チテ)「……誰も帰らないじゃん。」
(エジ)「そうと決まれば話が早い。 ここにいる人を全員逮捕する。」
()  「補導の間違いじゃない?」


三面 地上の祭り 辺境の草原 ボス名 (から)

()  「ようこそ、祭りの会場へ。」
(エジ)「丁寧な接客だな。」
(チテ)「こんなへんぴな所で祭り?」
()  「ここがお前達の為に用意された祭りの場だ。」
    「お前達には、この場所で夜を明かしてもらう。」
(エジ)「で、本当の祭りの会場はどこだ?」
    「人っ子一人いないこの場所 祭りの会場であるはずがないぜ。」
()  「私は人扱いされないのか。」
(チテ)「他のみんなはどこ行ったの?」
()  「何かしでかしそうなお前達と隔離されているだけだ。 心配は要らない。」
(エジ)「隔離されていない者が2人だけいる。」
(チテ)「私と、」
()  「私?」
(エジ)「史上最も小さく、 もっとも派手な祭りになりそうな面子に見えるぜ。」


四面A 式の紡いだ夢 崩落都市 ボス名 麻生 エミ (から)

(エミ)「あらら、結局あんたらは隔離されなかったのね。」
(エジ)「私が動くと人が寄ってくるだけだ。」
(チテ)「まるで危険物扱いね。」
(エミ)「まあ、祭りが遅れるのも仕方がないわね。」
    「あんたらがあんなに暴れてたら、 影響も大きいわよ。」
(エジ)「お前に私達を止めることはできないぜ。」
(チテ)「私たちが祭りに近寄れない理由があるなら、 はっきり言って欲しいわね。」
(エミ)「どうせあちこちで騒動を起こしてきたんでしょう。」
    「ただ大人しく帰って許される限度は、 すっかり超えているわね。」
    「大人しくお仕置きを受けるのです!」


五面 演じる者たち 密室の大舞台 ボス名  (から)

()  「やっぱり来たのね。」
(エジ)「祭りだというから来てやったんだぜ?」
(チテ)「これは一体何なの? 人を集めるかと思ったら追い返すし。」
()  「祭りの参加者には、その取るべき役割がある。」
(チテ)「役割?」
()  「タイムラインを埋めて作品を持ち込む者と、 それを鑑賞する者。」
    「タイムラインを埋めずに 作品を持ち込もうとする人たち。」
    「これ以上のイレギュラーなんてないって。」
(エジ)「だが、祭りに乗らない理由はないぜ?」
    「?」
(6Aボス)「集まる運命、 と言えば分かりやすいでしょう。」
     「自然現象が、 目に見える形になって 現れているに過ぎない。」
     「荒々しい自然に立ち向かうのは あなたの仕事です。」
()  「かしこまりました。」


  さっきの話の続き   → 六面A へ
  新しいネタを探す   → 六面B へ


六面A 舞台を操る舵 袋小路の小部屋 ボス名  (から)

(エジ)「さあ、荒々しい自然、間違えた、 本日のメインイベントの到着だぜ。」
    「今までの酷い扱い、 倍返ししにここに参上。」
(チテ)「一つだけ分かっているのは、 目の前のあなたは悪いやつ。」
    「あなたを倒せば、このグダグダな祭りも、 きっと大きく動き出す。」
()  「随分と飲み込みが早いわね。」
    「今の貴方達は空気を吸うように 弾幕で語り合う。」
    「弾幕こそ新しいこの世の常識。」
    「私どもは貴方達を歓迎したい所だわ。」
(チテ)「とりあえず、 私たちの作品は受け取ってもらうわよ。」
(エジ)「欲しいのは何か? 作品か?弾幕か?」
()  「愚かにも、新しい常識に 染まりきっていないというのね。」
    「貴方達は、もっと深く 弾幕を知った方がいい。」
(エジ)「なんだ。 今までと同じようにやればいいのか。」
    「簡単なことだ。」
()  「ふふふ。 貴方達は私を倒す。」
    「しかし、私を倒した所で、 祭りは終わらない。ずっと続く。」
    「そしてなにより、私は貴方達に倒されない。」

    「祭りの力は我の手の内にあり!」

ボス戦終了後~

()  「貴方達には負けたわ。」
    「来年から、主催でも何でもやればいいわ。」
(エジ)「主催って言われてもな。」
    「作品作ってる方が性に合ってるし。」
(チテ)「楽しかったから良かったんじゃない?」
    「やれやれ、祭りとは関係なくいつものあなたなのね。」
    「あなたに何か考えはあるの?」
    「やみくもに進んでいるだけでは 後に続く人が困るわ。」
(エジ)「その時はその時だ。 今一番面白そうな事をやる。」
    「誰かに止められるくらいならな。」
(チテ)「まあ、あなたが正しいと思った事なら 私も止めはしないわ。」
    「頑張りなさい。」
(エジ)「うーん、このタイプの声援は 受けてて気分が複雑だぜ。」    ~End


六面B 時と無意識の渡し船 大いなる天井 ボス名  (から)

(エジ)「タイムラインを埋めたのに、 映すスクリーンがないとは、」
    「この祭りも随分と間抜けだな。」
(チテ)「そもそもここはどこなのかしら?」
()  「ようこそ、去年の映夜祭へ。」
    「私はここで、 今までの作品の思い出を見守ってきた。」
(チテ)「この中に私の思い出もある?」
(エジ)「お前はイベント違いだ。」
()  「ここに現役の製作者が来るのは めったにないことね。」
    「そもそも物理的に来られる空間じゃないし。」
(エジ)「そしてこの中に俺たちの新作も輝く。」
()  「!」
(チテ)「?」
()  「……最初から気付いていたの?」
(エジ)「楽しそうだったから、 敢えて祭りに乗ってみた。」
    「弾幕って面白いな。」
(チテ)「ちょっと、作品はどうするの?」
(エジ)「作品なんて誰に見せたって同じこと。」
()  「ってことは、あなたの目的は……」
(エジ)「正義の味方の目的は 目の前のラスボスを倒すことだぜ。」
()  「まあいいわ。とにかくやるわよ。」
    「今まで、何人もの人間が、 自らの作品を残した場所。」

    「貴方達は、人々の記憶に残れるかしら?」

ラストスペル前~

  • 5iVESTAR
      「なんて事!」
      「そう、この祭りの主人公は……」
      「貴方達だったのね。」
  • 4iVESTAR
      「貴方達が作り上げた今年の祭りの最後の作品は……」
  • 3iVESTAR
      「この私が全力で受け止め、祭りの一部分とする。」
  • 2iVESTAR
      「もうすぐ一晩の夢も幻になるはずよ。」
  • 1iVESTAR
      「どう? これで映夜の祭は終わり、幕は閉じる!」


ボス戦終了後~

(エジ)「とんでもない場所だな。」
(チテ)「ここは去年の映夜祭?」
    「去年の、というよりは、 過去の思い出が全部混ざっているように見えるわ。」
(エジ)「……昔似たような場所に来たことがある。」
    「あの時も、結構派手にやっちゃった結果、」
    「うっかり自分の名前の思い出を 手違いでぶっ壊した。」
    「それ以来、自分で自分の名前を 思い出せなくて困ってるぜ。」
    「今回も何か大事な物を失ってなければよいわけだが。」
(チテ)「ところで、私の名前を誰か覚えてないかしら。」
    「どうにも思い出せないの。」
(エジ)「……あ。」
(チテ)「……エジエヤマイ。 それは名前を忘れる病気。」
(エジ)「流行るのは初めて見たぜ。」              ~End


EXTRAステージ 記憶への回帰 電脳大図書館 中ボス名 (から),ボス名 ギコ (から)

中ボス~

(エジ) 「誰かこいつの名前知らない?」
(チテ) 「確かエレ……エジレ……」
()   「興味は無いの。」

※ここでラストスペル「連帯『Synergy V』」を取得するとPHANTASMステージへ行きます。

ボス~

(エジ) 「えーっと、名前、名前っと。」
(チテ) 「誰も覚えてないなんて事は無いよね。」
(エジ) 「君の名前を誰かに教えた事なんて あったっけ……」
     「忘れた!」
(ギコ) 「さっきからさわがしいと思ったら なにしてるんだ?」
(エジ) 「自分の名前を思い出しに来た。」
(チテ) 「そういうわけで、ちょっと散らかってる。」
(ギコ) 「こないだいろいろこわしてたのも おまえたちか!」
(エジ) 「ごめん。」
(ギコ) 「かえってくれ!」
     「思い出はまもるぞ、ゴルァ!」

ボス戦終了後~

(チテ) 「さて、どうでもいい戦いも終わったし、 探し物に戻らなくちゃ。」
(エジ) 「もう面倒だし、 『ギコ』ってのはどうだろう?」
(チテ) 「考えないで答えたでしょ。」
(エジ) 「『エジエレキ』とかは?」
(チテ) 「……ひょっとして、 自分の名前も忘れたの?」
(エジ) 「あ、……あぁ。 今思い出した。」
(チテ) 「そもそも、名前なんかが そんなに大事な事なの?」
     「例えば『Synergy V』を取るとか、 もっと重要な事を忘れてたりしない?」
(エジ) 「それは次回のお楽しみだ。」
     「出かける理由なんて本当はどうでもよかったんだ。」        ~End


PHANTASMステージ 源 電脳境界 中ボス名 (から),ボス名  (から)

中ボス~

(エジ) 「君の名前を探しにはるばると ここまで来たのはいいんだけど、」
(チテ) 「むしろ映夜祭から離れている……?」
(エジ) 「よく考えたら君の生まれ故郷は 映夜祭じゃなかったし。」
     「ま、遠回りの正解だな。」
(チテ) 「とするとここは?」
()   「祭りとその他の境界みたいなものよ。」
     「貴方達は、少々祭りから離れすぎた。」
     「言うなれば、弾幕を望んだ貴方達が 弾幕に祝福されたという事ね。」
(エジ) 「確かに、ゲームも作ろうと考えていた。」
(チテ) 「遠回りの不正解。」
()   「いずれにせよ、ここから先に進んだら もう戻れないかもしれないわ。」
     「忠告したわよ。」
(エジ) 「つまり、今度作るゲームに 君を出せばいいんだね。」
(チテ) 「まったく。 その場のノリで進むのは」
     「祭りでもそうじゃなくても 少しも変わらないじゃん。」

~中ボス撃破~

()   「この先に『ある』のは 傍観者。」
     「時代に立ち向かう事も 流される事もせず、ただ見守りし者。」
     「もしかしたらあなたたちの視野も 少しは広がるかもね。」
     「会うのは悪い事じゃないと思うわ。 あなたの本当の信念を思い出しなさい。」

ボス~
(会話なし。直ぐ始まります。)

ボス戦終了後~

(まっつん)「……というお話になるのか。」
      「確かに彼らはやりたい事をやって 今まで暮らしてきた。」
      「やりたい事の範囲が 広がりすぎるって事もあるのかな。」
(メテオ) 「僕の活動できる範囲で 活躍を追えないのは残念だけど、」
      「活躍するのは悪いことじゃないはず……」
(まっつん)「一種の誇張表現だよ。」
      「やりたい事をやるために どこまでも突き進む。」
      「祭りの運営としては 出来る限りそれをサポートする。」
(メテオ) 「ここで運営魂炸裂ときた……」
(まっつん)「今回の件で ちょっと自信なくしたけどね。」
      「祭りには来るかもしれない。 でもそれだけ。」
      「映夜祭という小さな舞台には 収まりきらない器なのかもな。」
(メテオ) 「そうなのか……」

                                              ~Fin.~


名前:
コメント: