会話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

閃光映夜祭 会話



まっつん&メテオ(一番右のプレイヤーキャラ、右がまっつん、左がメテオ)


一面 自然の刺客 新宿の森 ボス名 ハチコ(蜂物語から)

(メテオ) 「まっつんまっつん」
(まっつん)「何だ?」
(メテオ) 「映夜祭に参加しそうな人がいるよ」
(ハチコ) 「映夜祭?それって楽しいの?」
(メテオ) 「」
(まっつん)「ああ、楽しいさ。」
      「遅刻気味な私は、 ここらでラストスパートをかける。」
      「主催たる者、 時間通りにイベントを始めてなんぼでしょう。」
(ハチコ) 「主催……?」
(まっつん)「というわけで!」
      「うおおおおおおおおおお」
(メテオ) 「まっつんやめてぇ」
(ハチコ) 「ひぃぃ」


二面 御伽の巻き時計 獣道 ボス名 (から)

(まっつん)「ぅぉぉぉぉおおおおおお」
(メテオ) 「待ってぇぇええええ」
()    「(……弾幕を避けるようには避けられないようね!)」


三面 地上の祭り 辺境の草原 ボス名 (から)

(メテオ) 「まっつんまっつん」
(まっつん)「うおおおおおおおおおおお」
(メテオ) 「たぶん道違うよ」
()    「そこの暴走機関車は、 そんなに急ぐ前に私に道を聞くべきだ。」
      「ここは、本来の祭りの参加者が 来るような場所ではない。」
(メテオ) 「メテオと、」
(まっつん)「映夜祭主催のまっつんです。」
()    「……主催?」
      「私の聞いた主催とは違うようだが?」
(まっつん)「ななななななんだって?」
      「そうとなったら、ますます 会場に急がなくてはならんな。」
      「力づくでも通さないようだが、 それではこっちも力づくで通るしかないなあ。」
(メテオ) 「だからそっちじゃないと思うんだよー」


四面A 式の紡いだ夢 崩落都市 ボス名 麻生 エミ (から)

(メテオ) 「まっつんまっつん」
      「ここらへんで人に道を聞いた方がいいと思うんだよ。」
(まっつん)「それならメテオが道を聞けばよい。 私はその間に少しでも会場に近づく。」
(メテオ) 「むちゃくちゃな……」
(エミ)  「祭りの会場はあっちですよ。」
(メテオ) 「このタイミングで」
(エミ)  「それが、どうやら予定より遅れて 進行してるとかなんとか。」
(まっつん)「主催を差し置いて開始するとは。」
(エミ)  「主催を騙って会場に忍び込もうとする悪質な人が こっちに来ているって情報も手に入れているわ。」
(メテオ) 「だめじゃん」


五面 演じる者たち 密室の大舞台 ボス名  (から)

()    「こんばんは、ここに来ないべき誰か。」
(まっつん)「言いたいことは色々あるが、 最初の質問。」
      「主催はどこにいる?」
()    「主催は奥の部屋にいます。」
      「でも、個人的には主催に会うより、 舞台を見て楽しんだ方がいいと思うけどな。」
      「今年の祭りは今年1回こっきり。」
(まっつん)「それは分かる。」
      「次は本題。私は映夜祭の主催です。」
()    「何それ。主催が二人?」
      「予想を超えるイレギュラーの出現のようね。」
(6ボス) 「何を手間取ってるの?」
()    「主催が主催に会いたいそうです。」
(メテオ) 「省略しすぎ。」
(6ボス) 「そう、ちょうど私も あなたに会いたいと思っていた所だわ。」
      「でも、私も祭りが終わるまでの間は いろいろ忙しいから、」
      「手が空くまでの相手をお願い。」
()    「かしこまりました。」
(メテオ) 「相手って?」
(まっつん)「握手の間違いじゃない?」


  誠実に進む→ 六面A へ
  正直に進む→ 六面B へ


六面A 舞台を操る舵 袋小路の小部屋 ボス名  (から)

(まっつん)「いろいろ聞きたいことはあるがまず最初の質問。 あなたは映夜祭の主催ですか?」
()    「ええ。でも主催に何の意味があるのかしら。」
      「『映夜祭はみんなで作り上げるもの』 これは誰の言葉かしらね。」
(まっつん)「うううううう……」
      「ただ、違和感は残るよ。」
      「自分が知っている映夜祭はこんなものじゃなかった、 そんな記憶が頭の片隅から抜けないんです。」
      「弾幕とフラッシュは違う。」
()    「良いことを教えてあげる。」
      「この部屋で弾幕とフラッシュを区別できるのは、 あなた一人だけよ。」
      「そして、あなたにとってももはや 区別の必要性はない。」
      「祭りが終わるまで大人しく見ているのね。」
(まっつん)「では、観客としては この祭りを楽しむことにします。」
      「私は映夜祭の主催として、 あなたをこらしめなければなりません。」
(メテオ) 「(全然話聞いてないじゃん?)」
()    「ふふふ。 貴方達は私を倒す。」
      「しかし、私を倒したところで、 祭りは終わらない。ずっと続く。」
      「そして何より、私は貴方達に倒されない。」

      「祭りの力は我の手の内にあり!」

ボス戦終了後~

()    「貴方達には負けたわ。」
      「来年から、主催でも何でもやればいいわ。」
(メテオ) 「まっつんまっつん」
      「来年の主催はやるんでしょ?」
(まっつん)「来年の事はまだ分からね。」
      「とりあえずやるべきことは、今年の主催。」
      「今までの弾幕も全部なかった事にする。 新作を楽しみにしているという観客のためにもな。」
      「それが映夜祭主催たる者の責任なのだから!」
(メテオ) 「確かに、お客様は弾幕を観に 会場に来てるわけじゃないし、」
      「最初からやり直しということか。」
      「……ところで、会場はあと何時間ほど使える?」
(まっつん)「……もう夜も明けるよな。」
(メテオ) 「ざんねん! ことしの えいやっさは これで おわってしまった!」        ~End


六面B 時と無意識の渡し船 大いなる天井 ボス名  (から)

(メテオ) 「まっつんまっつん」
      「ここはどう考えても映夜祭じゃないよ。」
(まっつん)「建物から外に出た覚えは ないんだけどね。」
()    「ようこそ、去年の映夜祭へ。」
      「私はここで、 今までの作品の思い出を見守ってきた。」
(まっつん)「へー、こうなってるのか。」
      「これでこそ、去年まで主催を務めた 甲斐があったというものだ。」
(メテオ) 「この光は全て人々に残った思い出?」
()    「そう。でも今までの貴方は 作品を用意しなかった。」
      「これは人々の思い出に 貴方の作品を遺すチャンスじゃない?」
(メテオ) 「今まで拾ったキーフレームは、 ちゃんと集めてあるよ。」
(まっつん)「主催が新作を出すイベント。 面白いじゃないか」
()    「今まで、何人もの人間が 自らの作品を残した場所。」

      「貴方達は、人々の記憶に残れるかしら?」

ラストスペル前~

  • 5iVESTAR
      「なんて事!」
      「そう、この祭りの主人公は……」
      「貴方達だったのね。」
  • 4iVESTAR
      「貴方達が作り上げた今年の祭りの最後の作品は……」
  • 3iVESTAR
      「この私が全力で受け止め、祭りの一部分とする。」
  • 2iVESTAR
      「もうすぐ一晩の夢も幻になるはずよ。」
  • 1iVESTAR
      「どう? これで映夜の祭は終わり、幕は閉じる!」


ボス戦終了後~

(メテオ) 「まっつんまっつん」
      「どう考えてもここは 映夜祭の会場じゃないと思うんだ。」
      「今から帰ってもたぶん全部終わってる。」
(まっつん)「さっき、ここは去年の映夜祭だという 重要な情報を聞いた。」
      「そして、この空間にはありとあらゆる 映夜祭の思い出が詰まっている。」
      「つまり、今から会場に戻れないなら、 するべき事は一つ。」
(メテオ) 「ひょっとして……」
(まっつん)「今から今年の思い出を捏造する。」
      「映夜祭07の主催はまっつんだったことにする。」
(メテオ) 「タイムパトロールとかに逮捕されない?」           ~End


EXTRAステージ 記憶への回帰 電脳大図書館 中ボス名 (から),ボス名 ギコ (から)

中ボス~

(メテオ) 「こんにちは。」
(まっつん)「こんにちは。」
()    「……私の本気を見るつもりは無いの?」

※ここでラストスペル「連帯『Synergy V』」を取得するとPHANTASMステージへ行きます。

ボス~

(メテオ) 「……やっぱりまずいと思うよ?」
(まっつん)「いや、しかしだな、」
      「『今年の主催はまっつんだった』 そういう事にしておけば、」
      「来年の運営もスムーズに 進むだろうし。」
(ギコ)  「なにものだ?」
(メテオ) 「ごめーんギコ。 これでも止めたつもりなんだけど。」
      「まっつんだしさ、 通してやってくれないかな?」
(ギコ)  「ここはもうまっつん一人の 場所じゃない。」
      「もうまっつんのためじゃなくて、 みんなのためにここにいる。」
      「だから、メテオのたのみでも 聞くわけにはいかない。」
(まっつん)「……知り合いだったのか?」
(メテオ) 「どうしよう……」
(ギコ)  「なにものも通さない。」
      「思い出はまもるぞ、ゴルァ!」

ボス戦終了後~

(メテオ) 「……大変見苦しいところをお見せしました。」
(まっつん)「君の仲間もいろいろ大変なんだな。」
      「とりあえず、ここら辺にでっかく」
      「『来年の映夜祭の主催はまっつん』 とか書き込んでおけばいいんだな?」
      「来年が今年になった頃には すっかり既成事実化しているわけだ。」
(メテオ) 「ひとつだけ思ったことがあるとすれば、」
      「『Synergy V』を取れる主催は もっとエラいと思う。」
(まっつん)「どういう意味だ?」
(メテオ) 「カリスマ。」
      「新作出すのとどっちが効果的かな?」
(まっつん)「またの機会までには 選んでおくよ。」        ~End


PHANTASMステージ 源 電脳境界 中ボス名 (から),ボス名  (から)

中ボス~

(メテオ) 「変な空気の場所に着いたよ。」
      「運命でも変えたの?」
(まっつん)「こっちが聞きたい。」
      「そもそも、ここから帰れるのか?」
()    「祭りとその他の境界みたいなものよ。」
      「貴方達は、少々祭りから離れすぎた。」
      「言うなれば、弾幕を望んだ貴方達が 弾幕に祝福されたという事ね。」
(まっつん)「毎年恒例の祭りこそ 私が望んでいるものだったはずだけれど?」
      「こいつに心当たりはある、メテオ?」
(メテオ) 「心当たりないよ。」
()    「いずれにせよ、ここから先に進んだら もう戻れないかもしれないわ。」
      「忠告したわよ。」
(まっつん)「確かに戻るべきかもしれないが、」
      「戻るだけじゃ時代の流れには ついていけないよ。」

~中ボス撃破~

()    「この先に『ある』のは 傍観者。」
      「時代に立ち向かう事も 流される事もせず、ただ見守りし者。」
      「もしかしたらあなたたちの視野も 少しは広がるかもね。」
      「会うのは悪い事じゃないと思うわ。 あなたの本当の信念を思い出しなさい。」

ボス~
(会話なし。直ぐ始まります。)

ボス戦終了後~

(チテ) 「……と、これでお話は終わるのかな。」
     「なんかすっきりしないなあ。」
(エジ) 「とりあえず一つだけ言える事。」
     「来年も祭りはある。」
     「例えまっつんが祭りを起こさなくても、 誰かが起こす。」
(チテ) 「祭りを起こしたとしても、 私たちには関係ない話でしょ?」
     「まっつんの目には、 私たちは映ってないから。」
(エジ) 「別にいんじゃね?」
     「まっつんは過去の思い出も 大好きな人。」
     「それに、映ってないのが嫌なら 映ればいい。」
     「自分たちのやるべき事をやって、 また来年。」
(チテ) 「気が長いね。」
     「本当に来年なの、それ?」
(エジ) 「再来年かもね。」

                                              ~Fin.~


名前:
コメント: