ドロシー・オルブライト攻略wiki

通常技


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

5A 発生 4 F 持続 1 F



 スティックで相手を叩く。すっごいから 2F-3F に相殺判定が付くようになり、持続が短くなった。

2A: 発生 3 F 持続 4 F 下段判定



しゃがみキック。コンボの起点。リーチ極短

JA:発生 3 F 持続 12 F 中段判定


上方向に向かって蹴り。リーチは短いがそこそこに強く、空対空に使えないこともない

5B:発生 7 F 持続 2 F×4


頭上でスティックグルグル。多段で相殺満載なので対空に重宝 すっごいから硬直が減少した。

6B:発生 8 F 持続 2 F×4


立ったまま足元でスティックグルグル。固めに使ったり、発生の早さで相殺を狙うのも良し 
すっごいから硬直が減少し、5Bへのコンボルートが追加された。

2B:発生 9 F 持続 2 F×4


少し前進しつつしゃがんでスティックグルグル。距離によっては対空に使え、GC4Dへの刺込みに使える。

JB:発生 8 F 持続 2 F×4

下方向にスティックグルグル。先に出しておけばかなり勝てる

J2B:発生 6 F 持続「 着地まで 」 中段判定  相殺不能


スティックでホッピング。相手に当たると少し跳ねる。即キャンセルでそのまま落ちる
相手が空中喰らいかつ高度が低いと、ヒット後に相手が地面をバウンドする特徴がある

5C:発生 11 F 持続 8 F 飛び道具判定


カードを横になぎ払う。リーチが長いので牽制に使える。すっごいから硬直減少し、確反が少なくなった。


2C:発生 7 F 持続 6 F 下段判定 飛び道具判定


地面をカードで薙ぎ払う。発生が結構早く、ガードさせて 完全五分 ・判定が前方の後に後方に出るという特徴がある。
キャンセルポイントは相手に当てて、ドロシーが後ろを向いたあたり

3C:発生 8 F 持続 6 F 下段判定→飛び道具判定


ステッキを地面から上に振り上げ、カードを斜め上に浮かせる。最初が下段判定となっている。
全てのコンボの要的存在であり、すっごいから硬直が減少し、確反が非常に少なくなった。

JC:発生 25 F 持続 2 F 飛び道具判定


空中にカードを置いて一瞬後に攻撃判定が出る。空かし下段や、置いてひっかける等
様々な用途で使う事ができる。

5E:発生 33 F 持続 2 F 空中ガード不能


帽子からライオンさんが出て攻撃する。リーチ短く、発生が遅いので使い所が難しい

2E:発生 25 F 持続 6 F 空中ガード不能 下段判定


プリキュア。帽子からブリキさんが出て攻撃する。

JE:発生 12 F 持続 2 F


かかしさん。エリアルの締めなどに