蒸気技師

交易系職業
Age of Revolution Chapter3にて実装。全技術優遇に加え鋳造に適したスキルを持つ。

専門スキル



優遇スキル



転職条件

冒険Lv10以上、交易LV48以上、戦闘Lv10以上、LV総計80以上
一級蒸気技師認定状で転職(500,000D)
転職クエストはケープの『鋳造作業場管理人の困り事』(航行技術3、管理技術5、兵器技術3、マンチェスター発見が前提)
クロム鉱石200個をマンチェスターへ納入。クロム鉱石はケープに8.5M投資で交易所に出現。
クエストを受けたときにもう一度依頼人に話しかける必要あり。

考察

遂に出てしまった全技術優遇職。
OPスキル蒸気機関が航行技術12・管理技術12を要求するので、その条件を最も手軽に満たせる職業でもある。
とにかく各技術の成長がハンパなく早い。管理技術上げはこの職で鋳造が主流になるだろう。
鋳造修行をする際に重要な3つの取引も揃っており至れり尽くせりと言ったところ。
交易職だが兵器技術だけを上げる際も有効だし、罠や商品知識など陸戦テクニックを揃えてあげることもできる。
転職費用が非常に高いがそれに見合うだけの利便性のある職業である。


余談

ケープで転職クエが出るので、新規キャラクターはケープ到達の時点で全技術が覚えられる!
…と思ってしまいそうだが、技術系スキル3つのうち2つで条件を満たしていないとクエストが提示されない。
紹介をうけずに自力でクエストを出してこの職になるためには南米勅命をこなし各種技術の習得が必要。
他キャラに紹介を受けることができればその必要はないが、マンチェスター発見も意外と忘れがちなので注意。

クラーモント副官船使用時の速度低下は、管理技術+航行技術の合計R30で解消する。(合計R20で15%低下と報告あり)
実際のところ合計R30にするのは、航行技術が優遇の大冒険家、管理技術が優遇の大富豪、二つとも優遇の蒸気技師になるが、
移動に関しては、どれも操帆操舵漕船)が無く物足りない。




  • 蒸気技師の技術1(蒸気船乗船時の航行速度10%アップ)があるから、乗船と副官船が両方クラーモントなら、この職が優先かな -- 名無しさん (2018-06-01 08:16:30)
  • 他キャラからの紹介で転職必要レベルがあるキャラでも文化貢献度が足らないと言われ紹介出来ませんでした。 -- 名無しさん (2018-06-14 23:26:04)
  • ↑「文化貢献度が足らない」ってことは、紹介を受けようとしたキャラが別のクエを既に請けてて、2つ目のクエとして重ね請けしようとしてたんだろうね。既に請けてるクエを廃棄するか、達成済みなら報告してしまえば紹介を受けられたはず。 -- 名無しさん (2018-06-15 01:36:25)
名前:
コメント: